揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球速の意味
昨日のブログを書いてて、書きながら思った。

以前からナックルにはある程度の球速が必要だと言ってきたが
それは変化量が多くなるからという意味だった。
60キロくらいでも変化はするが80キロになるともっと変化をする。

変化量を上げるために球速を上げるという事は
間違ってはいないが正しくもないと言うことかもしれない。

いきなり結論になるのだがバッターの手前3mくらいから初めて変化し始めるナックルが一番打ちにくいと思う。
その位置までは全くのノー変化で来て、3m手前からカクッと曲がる。
バッターにはボールが消えたように思うだろうね。

その為には時速100キロくらいが良いのかもしれない。
80キロでも十分変化するが、変化し始める位置が早すぎる。

といっても草野球ではここまで要求はされない。
上に書いたのはあくまでも理想であって、僕には全く現実味がない(笑)
80キロのナックルが投げられれば草野球では十分通用すると思う。
問題はコントロールということかな。


そうそう、
最近投げてて親指の使い方にいろいろ苦戦してる。
干渉しすぎるとボールが反時計回りに回ってしまう。
考えながら投げていると1つのことに気が付いた。
親指でボールを支えるんだけど、問題はその支え方。
親指の指紋部分だけでグッと握るのと親指全体+親指の付け根付近まで使って支えるのとの違い。
後者の方がボールを握る力を分散できてボールの回転に影響を及ぼす力が少ないようだ。


今日の一言
そろそろレンタルビデオを借り溜めしないといけない時期になってきた
年末年始、特に年始のTVはつまらないしなぁ~
今日の高校駅伝女子は岡山が2位になった。良かった良かった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。