揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩上がらず…
ナックルボーラーの特徴といえば?となれば
連投がきく
肩の負担が軽く選手寿命が長い
とかあると思うが、試合の翌日である今日は思いっきり肩が痛い(笑)
ものすごい筋肉痛でボールすら投げられず…

ストレートのように全力投球する必要はないが
それなりに速く投げようとしているわけだ。
ただ投げ方がキャッチボールのようだから、キャッチボール程度しか負担が無いというのは違うような気がする…

ナックルでこれ以上速い球を投げられないと測定したら85キロ付近
普通に思いっきり投げると110キロ付近
何が違うのかというと手首から先。特に指先の最後の押し込みというか
そういう力が加わらないから30キロくらい違いが出てくるものと思われる。
肩の振りとか、腕の振りはほぼ同じ。
まぁ、無回転が目的なので目一杯投げることはないが、キャッチボールのような負担というのは違う。
キャッチボールで80キロくらいだとするとナックルでは50キロくらいの速度と同様の負荷だと思われる。
さすがに50キロのナックルだと多投してもほとんど疲れないはず

もっと言えばナックルで70キロ付近の速度を投げていれば
ストレートの100キロあたりを投げ込んでいると言うことと同様の負担だと思う。


まぁ、これは今現在僕自身が感じてることなので
もっともっと上達すればまた違った感じ方を得るかもしれない。
まだまだナックルについては分かっていないことが多い。


ちなみに昨日はキャッチボールとかすべて含めて400球くらい投げてるかもしれない。
それがいけなかったのかもしれないな。
普通に1試合だけ消化しただけなら今日は肩も軽かったのかもしれない。


あ、そうだ。夢の5割だけど
昨日の試合終了時で110打数55安打でぴったり5割。
来週の最終戦で結果が出ます。



明日は投げられるかな~


今日の一言
ズボンの下にはく下着。パッチというのかな。
もうあれ無しでは寒くてどうにもならない…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。