揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突きだけに意識
さっそく昨日の新しい握りを試すべく意気揚々とボールを握った。
期待半分、失敗ししそうな予感半分。

投げた瞬間悟ったね。
「だめだこりゃ…」
理想は昨日の握りのような気がするが、やっぱり僕は手が小さい。
指が届かないのに無理してあの握りをするとダメだった。
薬指と小指に力が入りすぎてボールがスライダーの回転をして飛んでいく
コントロールもさっぱり定まらない。

やっぱりいつもの握りに戻そう…
といつものように練習再開

この前コメントをいただいた中に
「押し出すように投げるといいのでは」という趣旨のアドバイスをいただいた
善は急げ押し出すように投げる練習をする
それと一昨日見たウェイクフィールドのスロー動画を思い出す
彼のリリースの瞬間は本当に簡単に見える
ボールと手の接地面は二本指だけとなっている
手のひらには触れていないようだ

となればもう二本指のみに集中して、ボールの中心部分を押すということだけにした
さらに最初から二本指でボールの中心を押している新しい握りを作った。

この握りをすることで二本指はボールの中心へ力が加わっているので
親指が今までの位置だとボールが前に押し出されてしまう。
それを阻止するために反対側から親指で止める必要が出てくる。
この形はだいぶ前にも試したことがあったが、その時にはうまくいったりいかなかったりと安定さに欠けていた。
しかし今回は違う感じ。とても握った感じが良い感じ

実際に投げてみてもすこぶる調子が良い。
ものすごい変化をしてくれる。
ボールの変化が大きすぎてホームベースの大きさが小さすぎると感じる。
本当にどこへ変化するか分からないのでストライクを取るのが難しいほどだ。
仕事が終わってすぐにマッスルにとってもらったが
「明らかに今までとは違う」という事だった。
暗かったから捕りづらかっただけかもしれないけど(笑)
スピードの方も80キロには届いてないが75~79キロ付近
この変化量ならこれ以上の球速はいらない。
ストレートとの緩急も欲しいし。

絶不調から突然絶好調に変わる。
ナックルの練習をしていればよくあること。
そして明日は全くダメという可能性もあるから安心は出来ない…


こんな時は興奮せず、先走らず、空回りせず
じっくりと落ち着いて明日に望もう。
20061203c.jpg

熱いお茶でも飲みながら(笑)


今日の一言
帰宅途中、坂道で倒れているおじいさんがいるという。狭い道なので車の通行止めを救急車が来るまで近所の主婦たちがしていた。
僕が到着したのはまさにそんな時。
これは行かねば!!!
走って駆け寄りおじいさんに声をかける
「痛いところはありますか?」「大丈夫ですか?」「お名前は言えますか?」と
意識もあり、名前も言える。
聞けば自転車に乗って転んだらしい。
脳梗塞か何かで倒れたのかと思って焦っていたが、この様子だと打撲だろう。
今となっては寒い中倒れたままになっているおじいさんにもっといろんな事をしてあげられたと思うが、その場にいるとなかなか頭が回らない。修行が足りないな…_| ̄|○


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。