揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年を振り返って
ナックルの練習をし始めて2年が過ぎた。
少しずつ上達してきたような気がする。
目標であった「試合で投げること」を達成できた。
途中爪が割れたりスランプに陥ったりといろいろあったが、
その度に上達してきたと思う。

なまった体をたたき直そうと肉体改造にも取り組んできた。
加圧トレーニングを取り入れ、筋力UPに励んだ。
また、ランニングも積極的に取り入れ、体力向上にも取り組んだ。
10年前の体には戻ることはできないが、できるだけ近づきたい。

来年はもっと技術の向上、体力の向上を目指す。

具体的な目標は立てない。
しかし毎日の積み重ね。練習は欠かさず続ける。
継続は力なり。
努力無くして成功無し。


今日の一言
年末対策に借りたレンタルDVD
「24 シーズン5」が死ぬほど面白くて寝不足だ…
スポンサーサイト
打ちっ放し
20061229b.jpg20061229a.jpg

先日行ってきました!
雪が舞うほど寒い中打ちまくってきた!
で、あんまりハッスルしすぎて帰ってきてもうすぐ寝てしまった(笑)

左がマッスル、右がハマオ
マッスルの写真はハマオの携帯で撮った。
ハマオの写真はマッスルのデジカメで撮った。
どうでも良いけど2人とも似たような服を着てるな…偶然らしいけど

しかし止まってるボールなのにはなかなか当たらない。
ハマオは何とか当たるが全く飛ばない。
右斜め方向に40ヤードほど(笑)
マッスルは当たれば200ヤードくらい飛ぶが
ほとんどが目の前5mくらいに転がってる…
他の客は「パシーン!」っていい音がするのに対し
僕らの所は「ボコ!」って言う音ばかり。
しかもせっかくただで譲ってもらったゴルフクラブを3本も折ってしまったし…

しかしこれは良い運動になるし、ストレス解消にもなる。
バッティングのひねりに通じるものがあるんじゃないのか?(笑)
ちなみに今日の昼休みハマオとバッティング練習をしたのだが
ハマオのスイングが格段に良くなっていたのは気のせいなのか練習の効果なのか・・・

来年1月からは打ち放題(300球1400円)というのが出来るらしいから、また今度行こうと思ってる。
素振り300回はなかなか出来ないけど、これなら楽しく300回振れるし

なによりボールを正確に打つという技術が身に付きそうで楽しみだ。


ナックルの練習もしているのだけど
なんかここのところ良くわかんなくなってきた。
しばらく休むのがいいのか、やけくそでも投げまくる方が良いのか。
多分指先の感覚が寒さでおかしくなってるんだとは思うけど。
さすがに今日なんかは寒くて体も震えてたし。


今日の一言
ハマオに聞いてみた。
僕「ハマオは失敗とかあるとそういうのを引きずるタイプか?」
ハ「かなり引きずります」
僕「へぇ~見かけによらないなぁ~(笑) 」
ハ「寝たらすぐに忘れるみたいですけど」

思いっきり引きずってねーじゃねーか!!!

スランプが来た!
とうとうやってきました。
もう来ないかもしれないな~とも思っていたんだけど。
何をどうやっても比較的投げられていた無回転。
試合でもまあまあ結果も出ていたナックル。
それが今日突然投げられなくなった!

いやぁ~久々だね。この不安感は(笑)
しかし落ち込んでばかりもいられない。
こうやって投げられたり投げられなくなったりを繰り返して
新しい感覚を身につけたり、新しい発見を会得しながら上達してきた。

昨日は雨で投げられなかったというのもあるのかもしれないが
今日投げてみて何がどうなってボールが回転してるのかが全く分からない。
回転方向は反時計回り。(ジャイロ気味)
親指が影響しているような感じ。

いつものようにいつものように…
と思いながら投げても全くダメ。
遅い球でも速い球でも無情にボールは回転する。

結局こういう時は自分ではいつもと同じように投げてるつもりでも
どこかが違う。だからボールが回転している。
握りもいつも通り、リリースの感覚もいつも通り
何もかもいつも通りなハズなのにボールは回転。気持ちは焦る。

昼休みに全くダメで、午後からの仕事中もナックルのことが頭から離れない。
5分くらい時間が空いたらすぐボールを持って壁にぶつける。
いつもとは違う握りを試したり、手首の角度を変えたり
ありとあらゆる事をして見るも全く効果はない。
おかしいなぁ。何がダメなんだろう。
なぜこんなにボールが激しく回転するのだろう…

そして手の中でのボールの位置を変えてみたら、それとなく無回転に近づいた。
ボールの位置を親指側から小指側へ平行に少しだけ移動させてみた。

そこでふと気が付いた。
ここ最近親指のことを意識しすぎていたのかもしれない。
親指の球離れ、親指の力のいれ具合、力の入れる方向、入れる箇所。
親指…親指…親指…と思っていた中で
自然とボールが親指の方へ移動していっていたのかもしれない。
ほぼ3本指で投げていたような感じで
いくら2本指で中心を押しても、親指が引っかかってボールが回転している。

今日考えついた解決方法。
グローブの中にボールをセットし、そこへナックルの握りでグッと押し当てる。
特に薬指にボールがしっかりフィットするように。
5本の指全部を使ってしっかりホールドするように心がける。
片側だけに力が偏らないようにして。

また明日投げ込んでみよう。
仕事が終わった後の時刻では暗すぎてボールの回転が確認できなかったからね
スランプもたまには刺激があっていいもんだ。
まぁ、こんな一瞬投げられなくなったような状態をスランプと呼ぶのもいかがなものかと思うけど(笑)


今日の一言
MRIの検査結果は明日分かるようだ。
相変わらず左手に違和感があるらしい。



左手のしびれ
うちの年配従業員(62歳)が左手のしびれを訴えたのが昨日の朝。
もしかしたら脳梗塞の前触れでは?と心配して
仕事場まで息子(病院に勤務)を呼び出し、急遽病院へ。
CTスキャンを撮ったのだが異常は見られなかった。
しかしMRIでの再検査を申しつけられ、今日の夕方近くの大きな病院へ向かった。

うーむ。心配だ。
日頃から血圧がかなり高いにもかかわらず
「薬には頼らない!」と言い続けていた。(多分上は200くらいあると思う)
うぅ~大事に至らないことを祈るのみ。

そして今日は鍋を食べた。
キムチ鍋が意外にも美味しくなかった。
スープがダメだったな~。表紙にある写真が無茶苦茶美味そうだったのに(笑)
それでも話ながら食べる鍋は良いもんですな。
野菜もたっぷりたべられるし。

そこで今度マッスルとハマオとの3人でゴルフの打ちっ放しに行くことにした。
打って打って打ちまくることでなにかバッティングにプラスになるものがあるのではないかと。
止まってるボールを正確に打ち抜く技術がバットコントロールの向上に繋がったり、スイングをすることで体のキレが増したり。


今日は雨だったのでほとんど練習が出来なかった。
そのかわり懸垂を死ぬほどやった。
何か体を動かさないと落ち着かない…


今日の一言
携帯の充電が本格的に出来なくなってきた。
もう買い換えないと起動すら出来なくなりそうだ…

目標は何?
さて…

試合も当分無い
気候は寒い
日も短い

いったいこの時期何をすればいいのか。
体を動かせるのはほぼ昼休みのみ
当然休み時間なので各自何をしようが自由なわけで
ここで無理矢理キャッチボールに誘うのは忍びない。
壁にボールをぶつけようにも肩がなかなか暖まらない。
異常に飛びにくい縄跳びがある。
ロープに変な癖が付いてるので(長期間結びっぱなしになってたから)すぐに引っかかってしまう。テンションも下がる(笑)
バットも振りまくるが所詮素振り。今以上の技術UPには繋がりそうにない(笑)

なにか1つコレだ!というようなテーマを決めて、それに向かって全力で努力するという方が自分には向いているようだ。

コントロール向上?
球速向上?

さぁどっちだ!
コントロール向上ならただひたすら投げるのみ?
球速向上ならばナックルの握りで出来るだけ思いっきり投げる
それプラス根本的な球速の向上?インナーマッスルトレーニング?

うーむ。なにをどうしていいのかわからん…

とりあえず明確な目標が立つまではナックルを壁に毎日1球でも多くぶつけることかな。
投げて投げて投げまくる。
とにかく投げる。
コントロールがどうのこいうの言うよりまずは完全な失投の削除。
すっぽ抜けなどの暴投の確率を下げなくちゃいけないな。


今日の一言
明日は鍋をする予定。海鮮キムチ鍋だ!

球速の意味
昨日のブログを書いてて、書きながら思った。

以前からナックルにはある程度の球速が必要だと言ってきたが
それは変化量が多くなるからという意味だった。
60キロくらいでも変化はするが80キロになるともっと変化をする。

変化量を上げるために球速を上げるという事は
間違ってはいないが正しくもないと言うことかもしれない。

いきなり結論になるのだがバッターの手前3mくらいから初めて変化し始めるナックルが一番打ちにくいと思う。
その位置までは全くのノー変化で来て、3m手前からカクッと曲がる。
バッターにはボールが消えたように思うだろうね。

その為には時速100キロくらいが良いのかもしれない。
80キロでも十分変化するが、変化し始める位置が早すぎる。

といっても草野球ではここまで要求はされない。
上に書いたのはあくまでも理想であって、僕には全く現実味がない(笑)
80キロのナックルが投げられれば草野球では十分通用すると思う。
問題はコントロールということかな。


そうそう、
最近投げてて親指の使い方にいろいろ苦戦してる。
干渉しすぎるとボールが反時計回りに回ってしまう。
考えながら投げていると1つのことに気が付いた。
親指でボールを支えるんだけど、問題はその支え方。
親指の指紋部分だけでグッと握るのと親指全体+親指の付け根付近まで使って支えるのとの違い。
後者の方がボールを握る力を分散できてボールの回転に影響を及ぼす力が少ないようだ。


今日の一言
そろそろレンタルビデオを借り溜めしないといけない時期になってきた
年末年始、特に年始のTVはつまらないしなぁ~
今日の高校駅伝女子は岡山が2位になった。良かった良かった。

ナックルの変化とは
昨日途中まで書いたナックルの変化について。

ナックルがなぜ打てないのか、どうしてキャッチャーが捕れないのか。
いくら鋭いカーブやスライダー、フォーク等でもキャッチャーは捕れる。
それはキャッチャーは何を投げてくるのか分かるから。
ボールの軌道がこうなるであろうという予測の元ミットを出せるからだ。

ナックルの場合来ると分かっていても捕れないことがある。
それはどう変化するか予測できないからだが、理由はそれだけではない。
仮にシュートとカーブをランダムに投げてもキャッチャーは受けることは出来る。それはなぜかどこが違うのか。

まず通常の変化球というものは一定の変化をする。
ボールが曲がり始めるとその曲線は乱れない。
だからボールを目で追い、その先を予測し、ミットを出すことが可能。
打者も同様でボールが曲がり始めたのを確認すると
バットに当たるミートポイントの瞬間は「ココ」に来るであろうと予測を立てられる。
鋭く曲がるスライダーといってもその変化はやはり曲線でしかない
ひらがなの「へ」みたいにカクッとは曲がらない。

また人間というのは動く物体に対して「点」でとらえている。
人の目には動いているように見えるが実際はパラパラ漫画のように
点でとらえたものの連続写真でしかない。
動体視力が良いというのはこの点が多いと言われている。
ピッチャーから投げられたボールは人の目には5つくらいの点でとらえられていると言うが、イチローくらいになると10くらいの点で見えているのかもしれない(憶測だけど)

少し話がそれたが、ここでナックルの話に戻そう。
ナックルの変化は他の球種にないほど異常だ。
真っ直ぐ来たボールが直前でサイドにずれたり
緩やかに変化してきたボールがさらに鋭く曲がったり、変化をやめそこから真っ直ぐきたり
右にいったん変化したボールが今度は左へ変化したりする
点でとらえてきた軌道が直前で予測不能な変化をしボールがどこに来るのか捕捉できない。
だから人間の目ではナックルボールを捕ったり打ったりすることが難しくなる。

極論を言えばナックルの変化はボール1個分で良い。
ピッチャーが投げてきたボールをバッターが目で捕捉&予測し、
バットを振ろうとした瞬間ボール1個分変化すれば、バットを振った時ミートポイントにあるはずのボールはそこにはない。
よって確実に打ち取ることが可能となる。

だからナックルというのは大きな変化は必要ではない。
バッターの寸前でいきなり鋭く変化する方がいい。
要するにバッターの予測範囲外の動きをすればいいので
変化の幅はさほど問題ではない。
といっても大きな変化をすれば投げた本人も気持ちが良いのは確かだけど(笑)

ウェイクフィールドが成功している1つの要因は
バッターがボールを捕捉した瞬間の微妙な位置から変化するナックルを投げられるからだと思う。


ちょっと今日は書いてて自分が訳が分からなくなってきた…_| ̄|○


今日の一言
明日は久々に野球も何もない休日(世間はクリスマスイブだが)
いったい何をして過ごせばいいのか…

グラブの中で作る感覚
いやぁ~朝から筋肉痛だ。
でも久々に味わうこの感覚。いいねー
これからも週2回くらい(中2日がいいな)のペースで続けていこう。

昼休み今日は久々に車の洗車をした。
ここ最近おろそかになっていたので、終わった頃にはピカピカ!
それから昼飯を食べたらもう昼休みは終わっていた…

それでも仕事の合間を見て密かに壁にボールを投げる。
いてぇな。体中がギシギシ言う感じで思うように動かない。
それでも投げるうちに次第に動くようになってきて、50球くらい投げ込んで終わり。

最近1つのことを意識して投げている。
投球前の動作で、セットポジションでもワンエンドアップでも
同じ事なのだが、グラブの中にボールを握った形がある。
この握った時にボールの向こう正面がキャッチャーに向いている形を作る。
この位置を手に覚えさせ、リリースの瞬間に同じ形が出来るようにする
ワンエンドアップ時はグラブがトップの位置に来た一瞬でしかないが
セットポジションの時はかなり長い間手の位置を確認する時間が出来る。
セットポジションの時のグラブの位置は体の中心よりやや右よりにするのがコツ。ウェイクフィールドもやや右にある。

そして腕の振り。
ボールの向きを体で確認して、それから右腕を動かすわけだが
動きが少なすぎると球速が出ないし、不自然な動きになるので無回転がうまく作り出せない。
動きが大きすぎると、ブレも生じるし、ボールの向きの感覚も鈍るのでダメ。
ちょうど良い腕の振り方を最近しぼりつつある。
球速も残しつつ、感覚も残しつつという腕の振り方があるはずだ。

まぁこうして書いても、結局は感覚的なものなので文章で伝えるのは難しいが、もしかしたら役に立つかもしれないしね。

このブログの1つの目的というかテーマというのに
ナックルを投げたい人のために何か役に立てれば。というのがある。
ただのナックル日記で
投げられた投げられたと一人で騒いでるだけでは何にもならないしね。
どうしたら投げられたのか?という過程を大切にしている。
また投げられなくなった時も「どうして投げられなくなったのか」ということも。

ちょっと前のデイリースポーツに渡辺亮投手の記事があった。
カメラでナックルの変化を撮ろうとしたという内容。
しかし変化が大きすぎて画面に収まりきれなかったという。
が、記事の写真をよく見るとカメラ位置が右打者のバッターボックスから撮っているではないか!!!!

そりゃ切れるよ!画面から切れて無くなるよ!(笑)
キャッチャーの背後から撮らなくちゃ!!
撮ってみると分かるけどズームを使わないとダメだよ。

それでもバッターボックス付近を通る球が写っていたが
あの位置は正直びっくりした。
キャッチャーのミットへワンバウンドせずに普通に捕ったとしたら
球速は100キロを軽く超えてると思う。


それと1つ誤解してるかもしれないけど
ナックルの変化は大きければ良いというものではない。
それはまた明日にしようか。あまり書くと毎日の大切なネタがなくなっちゃうから(笑)


今日の一言
子供のおやつに買ってある「カリッこいわし」というお菓子がある。
一正蒲鉾株式会社から出ている。
これが異常にうまい(笑) すごい歯ごたえで大人も十分ハマる


久々にウェイトトレーニング
ここ最近ずっと試合があったので思いきったウェイトトレーニングが出来なかった。筋肉痛が怖かった(笑)
変なところに筋肉痛が来てピッチングに支障を来してはいけない!
と勝手に思っていて、それがウェイトトレから遠のいてしまっていた。
いったん休んでしまえば、再開した時の筋肉痛が余計にひどくなりそうなので、ますます行けなくなる状態だった。
そしてオフシーズン到来(相手さえ見つかればいつでも試合をするのだが)

ここは思い切ってトレーニングに励む。
今から2ヶ月半くらいみっちりトレーニングを行う予定。

明日は筋肉痛かな。それとも1日遅れてくるのか?(笑)


通算打率5割を達成したわけだが
もともと打率は高い方だった。
自慢できるものと言えば打率くらいしかない(笑)

ここで少しだけ自慢話を(笑)
高校時代は「玉野光南高校」で硬式野球部に所属していた。
何とかレギュラーになれて、高校通算打率は4割7分8厘だった
90打数43安打だったと思う。
毎年打率上位5名は地元の新聞に載ることになっている。
県大会出場校と50打席以上が条件で。
例年なら1位確実という打率だったので
先生から「記者にインタビューされるかもしれないから何か考えておけ」
と言われたから必死になって考えていたのに、結局何も無し。
結果は4位。この年は5割を超えた人もいたりして激戦だった…うーん残念
あと4つのアウトが4本のヒットに変わっていたら1位だったのに~
とまぁそんなことを言ってもしょうがないんだけどね。
野球で自慢できるものといえばこのくらい。


今日も昼休みナックルの練習をした。
ここのところ思うようになったのは
ナックルを投げるというのは結局握りとリリースの時の手の位置ですべて決まるように思う。
体重移動だとか、ステップ幅だとかもうそんなの関係ないような(笑)
ただ毎回完全に同じ動作をしなければ行けないので
出来るだけ遊びがなく、ブレも起きにくい投げ方になるというだけで。

それと握りなんだけど、命は2本指。
この2本の指がいかにボールの中心を押すことが出来るか。
後の指は2本指の邪魔をしないように、リリ-スの時にボールへ変な力が加わらないようにするだけ。
キッチリ2本指で押すための補助でしかない。

もちろんナックルには人それぞれ投げ方が違って当だし
何が不正解で何が正解というものはない。

投げ方はもう分かった。
無回転になる理屈も分かった。
あとは安定させるためにどの握りが一番2本指に干渉せず、しっかりボールが握れるか。これだけを探す。

と最近思っているのでさほど悩まなくて済んでる。
比較的無回転も投げられてる状態だし。
あとは投げ込んでもっと正確なコントロールをつけないとね。

ナックルばっかり投げてると指が疲れてくるので
今日は気分を変えて牽制球の練習をたっぷりした。
壁を背にして一人セットポジションか急に振り返って投げる姿は異様に見えるだろうけど(笑)


今日の一言
子供らにクリスマスプレゼントを買わないといけないのだが
「何が欲しい?」と聞けば、聞く度に答えが変わる…
いったい何を買えばいいのやら…

祝1周年
ようやくブログ開始から1年が経ちました。

草野球でナックルを投げるということを目標に
毎日苦戦しながら必死に練習してきた。
何とか試合で投げられるほど上達してきたがまだまだ発展途上。


チーム自体も公式戦初勝利を上げるなどチームの実力も向上してきた。
ナイターの公式戦ではベスト4になるという奇跡までも。


元々僕らのチームは職場の人間が中心のチーム。
岡山の一番南にある海のそば。
小さな和菓子屋である。職人さんのチームだ。
去年は年配の職人さんも試合に出ていたが、ここ最近は体力的にきつくなり引退を表明したのが2人。
それでも最年長で64歳の丸さんは未だに試合に出ている。
会社の人間だけでは足りないので取引先の人とかをメンバーに入れている。

来シーズンにはもっともっとチーム力を上げていきたい。
でもあんまり上がらない方が良いのかな(笑)
3部のままでいたいし。2部にはちょっと…キツイし

今後はマッスルとハマオが野球初心者からどこまでうまくなるのかが楽しみ。
2人ともまじめで一生懸命で、試合中はいつも全力なのは好感が持てる。


あ、そうそう今日久々にスピードガンで球速を測定したら新記録。
117km/h達成!
この調子なら来シーズンには120km/hはいけそうだぞ!!


今日の一言
亀田の試合を見てました。今回は文句なしに勝ったように思いますが
言葉遣いが気に入らないね~。もっと低姿勢だったらずっと好感が持てたのに。それとあの髪型はどう見てもウド鈴木だろ…

試合結果
12月17日の日曜日
今シーズン最後の試合があった。
気温も下がり少し辛い状況ではあったが何とか試合ができた。

しかし!!
先攻で迎えた初回。
いきなりライトオーバーの3塁打。
すぐさまレフトフライからのタッチアップ。
良い感じで先制点がとれたものの、いきなり走りまくったせいで持病である背中の筋肉を痛めてしまった…
座っても立っても息が出来ない…うぅぅ

とてもじゃないがまともなピッチングが出来る状態ではなかったが
そこはなんとかごまかしごまかし凌ぐ。
ナックルも良い感じ。背筋痛のせいで思ったようには投げられなかったのが悔やまれるが、まぁ仕方ない。
無四球3安打3失点という内容は上出来かな。

ただこの前の試合とあわせて3試合で7失点しているわけだが
その7失点全部マッスルのミスというのが痛い(笑)

三盗を阻止しようと三塁へ暴投が1つ
満塁から本塁ホースアウト時にボールを弾くが3つ(セカンドランナーまで帰ってきたのが2つ)
弾いたボールを本塁ベースカバーに入ったピッチャーに暴投が1つ
合計7点

本人も相当悔しいようだが、なぜそこまでボールを弾くのか…
全く不可解で仕方がない(笑)
本人に聞いてみると「焦ってしまった」と。
となるとやはりコレを克服するためには「場数」しかないのか。

正規のキャッチャーのポジションは「ぺーた」が守っている。
しかし彼は来年転勤になる可能性があるという。
これはピンチだ。
転勤にならなければ公式戦などはぺーたがキャッチャーを守れるが
転勤になるとマッスルしかいない。
それまで何とかするんだ!マッスル頼むぞ!(笑)

ちなみに
1打席目3塁打
2打席目ピーゴロ

ここまでぴったり5割をキープしている。
残りの回を考えても第3打席が今シーズン最終打席になるだろう。

5割を超えるか5割を切るかこの打席にかかってくると言うことだ。
ならば今シーズン最初の打席で使ったこのバット
20060119d.jpg

朽ち果てた木製バットに勝手にナイキのマークをマジックで書いたやつ
チーム最年長のMさん(丸さん)が
「うちにあったバットなんだけどよかったら使って」
と好意で持ってきてくれたバット。
これを使わずして何を使う!!

そして運命の最終打席は…




四球(笑)


何とか5割をキープできたよ!
112打数56安打
もう今年で一生分打っちゃったような気がする…
でもやっぱりトレーニングの効果だと信じたい(笑)



今日の一言
明日でついにブログ1周年だ。

爪の強化
今日のスポーツ新聞に渡辺亮投手の記事があった。
爪の補強にマニキュアからジェルに変えたとかあった。
渡辺投手もいろいろと工夫しているのだなぁ~と思った反面少し不安になった。

僕もまだナックルを投げ始めた頃、良く爪を気にしていた。
爪にかかる負担をいかに減らせるかとか、補強のためにはどうすればいいのか?とか試行錯誤を一時期していた。
そして今年の3月頃ついに爪に致命的なヒビが入ってしまった。
そのヒビの補修のためにティッシュとアロンアルファを使ってみたりして無理矢理投げていた。
それから爪自体の強度が下がったみたいで何かあると爪にヒビが入ってしまっていた。

その時期から投げ方もおかしくなり、爪への負担がよりいっそう増して
もう投げるに投げられないという状態まで落ち込んでしまった。

それから何ヶ月か経った時、握りを思い切って変えてみた。
そしたら今までのナックルを投げていたのとは全く別の感覚があり
爪をほとんど使わずに投げることが出来た。

爪を使うと言うことは回転を相殺することで無回転を生み出している投げ方で、爪を使わない指先だけで押し出す投げ方は相殺とは全く違う投げ方となる。

だから昔は爪を心配しつつ投げていたナックルも今では全く気にせずに投げることが出来る。
もちろん投げるに適した長さというものはキッチリ決まっているので長さだけには気をつけている。

僕が投げているのは軟式ボールをだからなのかもしれないが、渡辺投手が硬式ボールを投げる上時爪を気にしていたようではキッチリ1シーズン投げきれるのかどうかが心配。
もっと深く言えば
「爪(の強度)を気にしているようではナックルは長く投げられない」

もちろん記事が本当だとしたらという前提だけど。

メジャーのナックルボーラーで誰だったか忘れたけど
爪に保険をかけてるという話があった。
もちろん爪が割れることがあるかもしれない。
普通に投げるよりも割れる可能性は幾分かは上がるだろうし。

それに固くなればいいというものではなく、
たとえて言うならガラスのような固い爪よりも
固い素材のゴムのような割れない爪の方が向いてると思う。
個人差でどこまで爪に差があるのかは分からないけど。


しかし普通に投げても140キロくらい出せるプロ野球選手が
ナックルに挑戦したらあの握りでも軽く100キロは出せるんだろうな~
と考えてしまう。正直うらやましいね~
自分はいくら投げても115キロくらいが限度。
ストレートの70%くらいしか投げられない。
これが80%くらいになってくると90キロを超えることが出来る。
もしくはマックスの速度を130キロとか……うぅんこれは無理だな(笑)

ちなみにウェイクフィールドはストレート125キロでナックル105キロくらいで投げてる。ストレートの実に84%で投げてる…すげー

あ、ホントは昨日の試合の内容を書こうと思っていたのに
新聞をネタに更新してしまったよ(笑)


今日の一言
鍋には鴨肉団子があうね~
かもネギとはよく言ったものでこれまたネギがあう~


風向き
ナックルボーラーにとって風向きは気になる要因の一つ。

ではどういう風向きが適しているのかということになる。
最も変化が期待できるのは向かい風
変化が小さくなるのは追い風

ナックルを覚え立ての頃は向かい風が良かった。
速度が遅くても変化を得られるから。
ただある程度速度を出すことが出来て変化も期待できるようになれば特に向かい風は必要ないと思う。
打ち取ることが目的であればものすごい変化は必要ない。
キャッチャーが捕れなくなる方が問題だ。
さらに制球にも苦しむし、バッターにとって打球が追い風にさえなる。

追い風は変化が小さくなるので意味が無くなるし
横風はコントロールに苦しむのは明らか。

よって今現在僕のレベルで思えるのは
風向きは「無風」がベストだということ。

まぁこれがプロレベルになってくるとどうなってくるのかは分からない。
今度広島で投げるフェルナンデスやレッドソックスのウェイクフィールドはどう思ってるのだろうか?というのは気になる。


今日少しキャッチボールをしたら今までの肩にあった違和感の部分はほとんど完治していたが、今日新たに変なところが筋肉痛になっていた。
何が原因なのかよく分からないけど、明日の試合に少しの不安を感じた。

でもナックルの調子は良いようで肩さえ調子よければ十分いけそうだ。
ただ明日からすごく寒いらしい…
肩よりも指先の感覚の方が心配だと言えば心配。


右足の毛をすべて剃ってしまったが、今日朝マッスルが
「僕も剃ってきました。片足のすねの部分だけですけど」と言うではないか!
おーおーおー!
見たこともない自分の足にマッスルは大興奮しているようだった
あの様子だと両足を全部剃るのも時間の問題だ(笑)


今日の一言
今度の鍋は19日の火曜に決まった。ちゃんこ鍋をする予定

なにげに好調
20061215a.jpg

今日も鍋をした。
今度はハマオの希望であるキムチ鍋。
うまいなぁ~話も弾み、和気藹々と食べまくる。
もう食べられないと言うくらい食べても結局野菜ばっかりなので
カロリーオーバーにはならないから安心かな?(笑)
この様子だとまた近いうちにしないといけないな。うんうん。

そして今日は良い天気になったので久々にナックルを多投してみた。
昨日はさっぱりだったのに対し、今日はそこそこ良い感じだった。
何が違うのかよく分からないけど、とにかく今日は良かった(笑)

無回転を投げられている時の状況は大きく分けて2つ。
いろんな事を意識して、小さな事まで注意して投げての無回転。
なーんにも考えずに投げての無回転。
調子が良い時というのは当然後者の方だね。

こういう事をドンドン積み重ねて、もう無意識で投げても無回転となるようになればいいのかな。

それとマッスルのミット。
やはり良いように仕上がってるようだ。
小さな変化や大きな変化、シュートやスライダーをランダムに投げても
今日は弾くことはなかった。いつもなら弾いてるような球でも。
これは今度の試合楽しみだ。


ナックルとは全く関係ない話だが、マッスルと昨日こんな会話をしていた。
パッチをはいてるとすね毛が坂だって痛いよな~?
もういっそのこと剃っちゃえば?
冬だしすね毛を見せることなんて外出中にはないし。
放っておけばそのうち生えてくるし
よし!剃ろう!

という会話をしていたので
早速昨日の夜風呂に入ってすね毛を剃ってみた。
髭剃りで剃っていったのだが、毛が絡まってなかなかうまく剃れない。
悪戦苦闘しながら片足を剃ったところでいったんやめ。
続きはまた明日と言うことにした。

そして朝一番マッスルに声をかけた
僕「すね毛剃ったかーー?」
マッスル「剃ってませんよ・・」

だまされたぁーー _| ̄|○ うぅうぅ…


今日の一言
片足だけ綺麗に剃られた足はこれ以上ないほど気持ち悪い…

久々に投げた
まだ肩の疲労が抜けきらない。
今日1日中湿布のにおいを職場にぷんぷんさせていた(笑)

天気は朝から雨。
昼休みも小雨が降っている。
しかしマッスルは素振りをしている。
素振りの後は縄跳びを跳んでいる!
いったいどうしたんだ!何があったんだ!(笑)

そこへ僕も行き、グローブを持つ。
そしたらほんの少しだけ雨が弱くなった。
時間もあまり無いが投げたいという気持ちだけで今日は投げた。

肩の疲労もだんだん良くなってきてる。
日曜日までは間に合いそうだ。

そしてナックルの練習。
第一球目から感覚が分からない(笑)
ボールはなぜか時計回りに回っている。ありゃ?

いろいろ思い出しながら投げてもイマイチ。
いろいろ試してみても納得できず。
この前の日曜日までどうやって投げていたっけ?(笑)
とにかくボールの向こう正面に棒が刺さってることを意識して
その棒がキッチリキャッチャーの方向を向くようにすることと
ボールを2本の指で中心を押す。(実際には押したりはしないのだが)
リリースポイントや握りの感覚
思い出そうとして必死に投げていたが昼休みの終了時刻。
なんか不安な練習内容となってしまった。

多分、肩の調子が思わしくないので
その分違うところの筋肉を使ってバランスを取ろうとした結果
うまく無回転にならなかったような気がする。
だからもう少し(明日くらい?)すると自然に投げられるように違いない!

しかも明日からはずっと晴れの予報なのでしっかり練習が出来ると思う。


今日の一言
この前した鍋が非常に美味かったので、明日もすることになった。
今度はキムチ鍋だ!

忘年会の練習
ナックルの練習が出来るかなぁ~?
と思っていたらなんのことはない、朝から大雨だ(笑)

投げないことには何も更新するネタはないのだが
今日は職場の中で鍋を食べることにした。
世間は忘年会シーズンで、今年は鍋にしようという話。
そこで今までしたことがないのでどのくらいの食材を買えばいいのか
何を買えばいいのか、段取りはどうすればいいのか?
という事前調査のために今日は忘年会の練習をすることになった(笑)

とりあえず今回は僕とマッスルとハマオの3人
仕事が終わる17時からスタートの予定。
マッスルは仕事の後は何も用事がないということなので問題なし。
しかしハマオは18:30分までなら大丈夫という。

珍しい。ハマオに用事があるなんて(笑)

ハマオとの会話
僕「18:30分に帰ると言うことは何か用事があるのか?」
ハマオ「バドミントンをすることになってます」
(ちなみにハマオは高校時代バドミントン部)
僕「なるほど。で、何時から?」
ハマオ「20時からです」
僕「20時からということは1時間半もあるけどその間何をするんだ?」
ハマオ「家に帰ってご飯を食べます」

なに!(笑)
みんなで鍋を囲んでたらふく食べるというのに
しかもその後ご飯を食べるって?
忘年会の練習というプチイベントを早く切り上げる理由が
ご飯を食べるという理由がすごいぞ!そんなの聞いたことがないぞ!(笑)

時間をおいてもう少し深く聞いてみた

僕「やっぱり帰ってご飯を食べるのか?」
ハマオ「食べます(笑) ちなみに待ち合わせが19:30分なんです」
僕「そか。でも鍋が終わってから1時間もあるけど何をするんだ?」
ハマオ「風呂に入ります」
僕「バドミントンをするということは汗を流しに行くと言うことなのに、その前に風呂にはいるのか?(笑) 」
ハマオ「入ります」
僕「何分?」
ハマオ「40分くらい…」
僕「そんなに入ってどこを洗うんだよ!」
ハマオ「出たり入ったりしながら。」
僕「それで風呂から出た後は?」
ハマオ「ご飯を食べます」
僕「やっぱり食べるのか(笑) 」


何かがおかしいぞハマオ!
どう考えても普通じゃないぞハマオ!

彼女や、女性と会う約束なら分かる。
だがそれはないだけに不可解すぎる…


今日の一言
野菜って今むちゃくちゃ安いなー

グラブを柔らかくする
今日も肩が重いというか痛い。
とてもじゃないがボールを投げられる状態ではない。
もう少し休養が必要だ…
ナックルの練習がしたいのは山々だけど。ここは無理をせず辛抱。


マッスルはよくボールを弾く。
ボールかストライクか微妙なところでボールを弾いてしまうとボールと判定されてしまうことも多々ある。
さらにホームでのクロスプレーでの弾きは即失点に繋がるので気が抜けない。

マッスルは普通にキャッチャーミットを使うとかなりの頻度で弾く。
1回の守りで3~5回は弾くような気がする。
そこでキャッチャーミットを使わず大きなファーストミットを使ってキャッチャーをしている。
それでも1試合で5回前後は弾くような感じ。

そこでマッスルのミットを見てみるとポケット部分が盛り上がり
全体的にミットが固いような印象だ。
ポケット部分に人差し指と中指の付け根がちょうど来て、手を大きく開くとポケット部分が盛り上がり、ここで捕るとボールが飛んで出て行くという。

で、対処法を考えた。
まずポケット部分の盛り上がりをグラブハンマーを使い叩きつぶす(笑)
それでもミットが閉じることでポケット部分に革のよじれというか余る部分が出てくる。
その余る革を捕るにはほとんど影響がない部分に故意的にしわを作る

そして最終手段。
手の位置を変える。小指2本入れを採用し、ポケット部分を大きく広く使う作戦だ。

それとグラブが固い件。
これを「効果的に」「素早く」「ちょうど良く柔らかく」したい時、
それがここで登場する必殺アイテム!コレだー!!

そう!化粧水だ。
しかも保湿力重視のやつ。左側が液体で、右側がクリーム。
両方使ってみたのだがクリームよりも液体の方が良く染みこむ。
そしてこの良いところは指で塗れるというところ。
専用スポンジも何もいらない。
グラブの柔らかくしたい部分(可動域部分)に塗り込む。
ポケットにも塗り込んで叩きまくる。これでポケットはできあがる。
そしてこの時期はミット自体も乾燥気味なので全体的に塗り込んだ。
量的には顔につけると同じくらいの量かな。
グラブ専用オイルでミズノのやつ。スゲー伸びが良いやつがあるんだけど、それよりもつけた後の感じが良い。
適度にねちゃねちゃするのでボールの食いつきも良いようだ。

そして一晩のメンテナンスでミットは最高の状態に仕上がった。
今日できあがったミットをマッスルに渡すと彼も満足してようで
「捕りやすくなってる!!!」と言ってたし。
これでエラーも減るかな?(笑)


今日の一言
コメントをいただいているのですが返事が出来ていない状態です。
先日100円ショップで買った上級用の知恵の輪に手こずっているからではありません(笑)
決してムキになってません(笑)



肩上がらず…
ナックルボーラーの特徴といえば?となれば
連投がきく
肩の負担が軽く選手寿命が長い
とかあると思うが、試合の翌日である今日は思いっきり肩が痛い(笑)
ものすごい筋肉痛でボールすら投げられず…

ストレートのように全力投球する必要はないが
それなりに速く投げようとしているわけだ。
ただ投げ方がキャッチボールのようだから、キャッチボール程度しか負担が無いというのは違うような気がする…

ナックルでこれ以上速い球を投げられないと測定したら85キロ付近
普通に思いっきり投げると110キロ付近
何が違うのかというと手首から先。特に指先の最後の押し込みというか
そういう力が加わらないから30キロくらい違いが出てくるものと思われる。
肩の振りとか、腕の振りはほぼ同じ。
まぁ、無回転が目的なので目一杯投げることはないが、キャッチボールのような負担というのは違う。
キャッチボールで80キロくらいだとするとナックルでは50キロくらいの速度と同様の負荷だと思われる。
さすがに50キロのナックルだと多投してもほとんど疲れないはず

もっと言えばナックルで70キロ付近の速度を投げていれば
ストレートの100キロあたりを投げ込んでいると言うことと同様の負担だと思う。


まぁ、これは今現在僕自身が感じてることなので
もっともっと上達すればまた違った感じ方を得るかもしれない。
まだまだナックルについては分かっていないことが多い。


ちなみに昨日はキャッチボールとかすべて含めて400球くらい投げてるかもしれない。
それがいけなかったのかもしれないな。
普通に1試合だけ消化しただけなら今日は肩も軽かったのかもしれない。


あ、そうだ。夢の5割だけど
昨日の試合終了時で110打数55安打でぴったり5割。
来週の最終戦で結果が出ます。



明日は投げられるかな~


今日の一言
ズボンの下にはく下着。パッチというのかな。
もうあれ無しでは寒くてどうにもならない…

1試合完投
今日は試合の日だ。
ナックルを投げるのが楽しみ半分、全く無回転にならなかったらどうするんだよ!という不安も半分と言うところか。

試合前のキャッチボール。
何となく寒くて指先の感覚が…??むむむ?

そして試合開始。
ナックルのサインが出まくる。
しかしなんか今日はいつもと違って良い感じだぞ!?
投げててもなんか手応えがあるような気がする。
あんまり無回転になってないようなボールも打ちづらそうな雰囲気。
もちろん無回転の球は普通にいい。

配球もマッスルはだんだんと分かってきたのか、リズムも良い。

今までと何が違うのか?とふと思ったが
そうだよ。今までと完全に違うことが1つあるじゃないか。

「球速」これだ。

多分今までのは試合で投げてたのは60キロ前後。
今日のは70キロ前後だったと思う。

10キロ上がっただけだが効果はかなり違うように思う。
もう少し練習を重ねて80キロのナックルを常に投げられるようになればもっと効果があると思う。

そして今日の投球内容は1安打1失点とかなり良い出来だった。
相手チームも「なぜ打てないんだ」という雰囲気が出てたし。
ベンチからも「ナックルかよ!」とかバッターが「ボール回転してねー!」とか言ってたからナックルの出来は良かった方だと思う。

しかし課題はまだまだある。
5回を過ぎたあたりからやはり指先の感覚が鈍る。
無回転状態で投げられていたのが一度狂い出すとその修正は困難になる
最後の方はもうただのチェンジアップくらいにしかなっていなかったかもしれない。それでも練習試合だから最後まで投げた。

今日のナックルの比率は50%~60%くらいだったと思う。
これが70%~80%くらいに上がってくるようになると必然的にコントロールも良くなってるだろうし、ナックルの変化のキレも良くなってるのだと思う。
これが90%くらいになればもうほぼ完成系になるのではないだろうか。


それにしても一歩一歩ナックルボーラーへの道を歩いてているような感じだ。
もっともっと練習しよう。


今日の一言
TSUTAYAのレンタル料金が100円のキャンペーンをしていた12月3日。
今日が返却機嫌の日。
調子に乗って7本借りたが、結局見たのは2本だけだった…_| ̄|○


バットを短く持つ
土曜の晩は早く寝てしまった。
更新作業をする前に…
現在の時刻は7時前。早く寝たからいつもより早く起きてしまった。
まぁ今日の日曜は試合が午前中からあるので早く起きた方が良いからこれはこれでいいのだけど。

さて、雨続きでグランドの状態が気になるが、今現在は雨はやんでいる。

ナックルを少し投げたがイマイチだった。
少々不安の残る土曜日でもあった。
ほとんど投げない状態だから更新するネタもなし。

そこで以前から思っていたことを少し。
バッティングについてなのだが
バットを長く持つことと短く持つことの違いは何か?ということ。
何も考えずに頭に浮かぶのは
バットを短く持てばバットコントロールがしやすくなるし
速球にも対応できるということ。
長く持つと言うことはボールを遠くに飛ばせるということ。
こんな感じだろうか。

しかしちょっとまった。
なぜバットを長く持つと遠くへ飛び、短く持つと遠くへ飛ばない?
果たして本当にそうなのだろうか。

これは何度も野球のメンバーで食事に行ったり飲み会などをした時に僕が熱く語っている部分なのだが、誰も賛同してくれない(笑)
僕の意見はバットを短く持った方が打球は遠くへ飛ぶのではないかというもの。

といっても極端に短く持つというのではなく、グリップエンドから3cmほど短く持ったくらいの状態かな。

みんなが言うにはバットを長く持った方がスイング時にバットの芯の部分は速く移動するという。
それは分かる。
同じスイングの速度ならバットを長く持った方が先端に行くにつれバットの移動速度は速くなるのは当然だ。
しかしバットを短く持つと言うことは、スイング自体を速くする作用がある。

速球に対してバットを短く持つというのは野球ではほぼ常識となっている。
それはスイングを速くできるからと言うことと、バットコントロールをしやすいと言うことなのは感覚的に分かる。
ならば短く持ったことでスイング速度が上がる作用と
短く持つことによって先端部分の移動速度が下がる作用。
どちらが勝つのか?とう事になってくるわけだ。
実際にバットを振ってみると分かるが3cm短く持つと明らかなスイング速度の違いが体感できる。
しかしその状態から3cm長く持ったからと言って芯の部分の移動速度が上がったというのはそこまで体感できないはずだ。
20cm、30cmも長くなれば先端に行くにつれて速度は飛躍的に速くなるはずだが、その分バットは重くなる

文字で書くのは少し表現しづらい…
僕の言おうとしていることが果たして伝わっているのだろうか…疑問だ(笑)

要するに僕が思っているのは
バットを短く持てば、スイング速度が上がり、バットコントロールがしやすくなる。
よってより強い打球が正確に打てると言うことになり打率が向上する。

そしてバットを長く持つことによって生じるデメリットは多くあるが、短く持つという事によるデメリットは無い。


しかし僕の意見に賛同してくれる人は1人もいない…なぜ?(笑)


今日の一言
晩ご飯に久々に焼き肉に行った。ちょっと食べ過ぎたようだ…
しかし昔はロースやカルビなどがうまく感じたが、もう脂っこい肉はいらない…(笑) だんだんときつくなってきたようだ。これからは「ミノ」ばっかり食べよう。歯ごたえがあってうまい。歳を取ったせいだろうか。うーむ

20061204b.jpg20061204a.jpg

100円ショップで買ったボールに金具を金槌で打ち込んだ。
この前買った輪ゴムを5つ連結させて完成
握った時ちょうどフォーシームになるように位置をずらした

暇さえあればボールを握り投球フォームを意識して引っ張る
負荷は高くならないようにしてちょうど良い。

効果があるのかどうかはよく分からないけど

ぶら下がってる様子。かなり邪魔だけど(笑)
20061204c.jpg

しかも見にくい…

今日もナックルの練習を少し。
投げ方というか、注意する点とかはだいぶ決まってきたんだけど
握りがまだハッキリと決まらない。
手が小さい分いろんな握りが試せない。
たぶん手が大きいとこれでOKなんだろうなぁ~
というのはあっても、かなり無理があったりして僕には無理。

それと肩の違和感。
良くもならないが悪くもならない。
少し痛いかな?という程度だが気にしなければ投げられる感じ
しかしやっぱり無理は出来ない。
今のところ軽いキャッチボールだけにしてる。
速い球を投げたい時は壁に向かって、しかも近い位置から投げる。

この前湿布を貼って寝ると書いたのに
ブログの更新を済ませたらちょっと気が抜けてそのまま寝てしまった(笑)


しかし今度の日曜日は試合が出来るのだろうか。
うーむ。心配だ


今日の一言
空想科学読本5を買った
このシリーズおもしろいね~

投げすぎたかな…
ここのところ調子が良かったり悪かったりと忙しい。
調子が良ければ投げるのがおもしろいのでドンドン投げる。
調子が悪ければ良くしようとドンドン投げる。
結局毎日投げまくってる。
その疲れが出たのかな、今日は肩の筋肉が痛かった。
多分筋肉痛だと思うので大丈夫だとは思うが。
三角筋の真ん中あたりが痛い。こんな所普段使わないのに…なぜだろう

今日も昼間に動画を撮ったのだが、これといってUPするようなものでもなかった。揺れる球もあればただの棒玉もある。
いろいろと考えながら投げているので無回転の安定感は今のところあまり無いが、これはこれで良し。
新しい感覚を得た段階で、今までの感覚と組み合わせたり、排除したりといろんな事を試す。
その中で自分にあった投げ方を見つければいい。
こうして少しずつではあるが前進して行ってる。
ナックルを投げ始めて3年目になるのかな。
まだまだ3年。完成するまではまだ半分くらいか?


それはそうと明日から天気が悪い。
雨ならキャッチボールさえ出来ない。
だから今日は少し無理してでも感覚を得ようと投げたわけ。
明日から3日間は投げられないかもしれないので、投げられない時はしっかり休養させることも重要だろう。

今夜は湿布でも貼って寝ようか。


今日の一言
マウスを持つ握りとナックルの握りってちょっと似てるな…
紅茶がのどにいいということで「午後の紅茶ストレート」を買った。
低カロリーというがまだ十分に甘い。
いったい何が入ってるんだ?と原材料名を見てびっくり
「紅茶香料」とあるではないか!葉っぱから煮出してないということか!
紅茶の味がする科学的に作り出したものであるならば全くのどに関係ないような気が…あぁ~

中心を押すということ
ボールの中心を押すということは
もし完全に押せた場合は完全な無回転になる。
しかし完全な無回転のポイントは本当に一瞬でしかないためになかなか難しい。
といっても完全な無回転のボールというのはあまり良い変化をしてくれない。
一方の方向だけに曲がっていってしまうために大きくそれる可能性がある。
これは危険だ。
1回転するくらいがちょうど良いと思う。

そして今までは手首の位置だとか手のひらの向きだとかに気をつけていた。
しかし今回ボールの中心を押すという事に集中したら新しいことが分かってきた。
それはボールを押す位置の反対側。ボールの向こう正面というべきか。
この位置がしっかりキャッチャーの方向を向いていなければならない。

これを意識するために良いものがあった。
グラブハンマーなのだが、ちょうど真っ直ぐな棒がボールに突き刺さっている
そして当然棒はボールの中心に向かっている。
20061205b.jpg20061205c.jpg
これを利用し、二本指の先がちょうど棒の位置に来るように握る。
もともとこの位置で握っているから違和感はない。
二本指の力を入れる方向と棒が一直線になればいい。
要するにリリースの瞬間、棒の先がキャッチャーに向いていればいいのだ。
そして実際の軟式ボールを投げる時も、ボールに棒が付いているとイメージして、その棒がキャッチャーの方向を向いた時にリリースする。
もちろん人差し指、中指に均等に力を入れなければいけない。

リリースの時に棒が下を向いていればトップスピンがかかり
上を向いていれば逆回転がかかる。
右を向けばシュート回転になり、左ではカーブ回転。
非常にわかりやすい。

この方法をとってから安定した無回転が出せるようになった。
でも昼休みにはこの方法で投げていなかったので良い結果は出なかったけど。
というか昼休みに良い結果が出なかったから「考える」ということをした
これが良い方向に出たように思う。

それと薬指の裂けた状態だがだいぶ良くなってきた
20061205a.jpg

握りもリリースも二本指だけに依存しているので
薬指への負担が減ったように思う。


今日の一言
昨日の「今日の一言」が全然一言じゃなく、長文になった件について(笑)


突きだけに意識
さっそく昨日の新しい握りを試すべく意気揚々とボールを握った。
期待半分、失敗ししそうな予感半分。

投げた瞬間悟ったね。
「だめだこりゃ…」
理想は昨日の握りのような気がするが、やっぱり僕は手が小さい。
指が届かないのに無理してあの握りをするとダメだった。
薬指と小指に力が入りすぎてボールがスライダーの回転をして飛んでいく
コントロールもさっぱり定まらない。

やっぱりいつもの握りに戻そう…
といつものように練習再開

この前コメントをいただいた中に
「押し出すように投げるといいのでは」という趣旨のアドバイスをいただいた
善は急げ押し出すように投げる練習をする
それと一昨日見たウェイクフィールドのスロー動画を思い出す
彼のリリースの瞬間は本当に簡単に見える
ボールと手の接地面は二本指だけとなっている
手のひらには触れていないようだ

となればもう二本指のみに集中して、ボールの中心部分を押すということだけにした
さらに最初から二本指でボールの中心を押している新しい握りを作った。

この握りをすることで二本指はボールの中心へ力が加わっているので
親指が今までの位置だとボールが前に押し出されてしまう。
それを阻止するために反対側から親指で止める必要が出てくる。
この形はだいぶ前にも試したことがあったが、その時にはうまくいったりいかなかったりと安定さに欠けていた。
しかし今回は違う感じ。とても握った感じが良い感じ

実際に投げてみてもすこぶる調子が良い。
ものすごい変化をしてくれる。
ボールの変化が大きすぎてホームベースの大きさが小さすぎると感じる。
本当にどこへ変化するか分からないのでストライクを取るのが難しいほどだ。
仕事が終わってすぐにマッスルにとってもらったが
「明らかに今までとは違う」という事だった。
暗かったから捕りづらかっただけかもしれないけど(笑)
スピードの方も80キロには届いてないが75~79キロ付近
この変化量ならこれ以上の球速はいらない。
ストレートとの緩急も欲しいし。

絶不調から突然絶好調に変わる。
ナックルの練習をしていればよくあること。
そして明日は全くダメという可能性もあるから安心は出来ない…


こんな時は興奮せず、先走らず、空回りせず
じっくりと落ち着いて明日に望もう。
20061203c.jpg

熱いお茶でも飲みながら(笑)


今日の一言
帰宅途中、坂道で倒れているおじいさんがいるという。狭い道なので車の通行止めを救急車が来るまで近所の主婦たちがしていた。
僕が到着したのはまさにそんな時。
これは行かねば!!!
走って駆け寄りおじいさんに声をかける
「痛いところはありますか?」「大丈夫ですか?」「お名前は言えますか?」と
意識もあり、名前も言える。
聞けば自転車に乗って転んだらしい。
脳梗塞か何かで倒れたのかと思って焦っていたが、この様子だと打撲だろう。
今となっては寒い中倒れたままになっているおじいさんにもっといろんな事をしてあげられたと思うが、その場にいるとなかなか頭が回らない。修行が足りないな…_| ̄|○


今日は投げなかった日
今日は久々の完全休養日。来週と再来週は試合だけど。
少しは肩を休めようとも思うし、昨日の不調も休みを取ることによって復活するかもしれないし。

ということで今日は1球たりとも投げてません。ボールすら握ってません。
よって改めて更新するネタもなし。

以前ビデオカメラの購入を考えていたんだけど
テープに録画するタイプはなめらかスロー再生なるものがあるので
ナックルの取得に当たって自分の動きを把握するためにおいても非常に魅力的。
一方のHDDに保存するタイプはUPするのに便利だとか、最新式だからなんか欲しいような…という感じでなかなか決められずにいた。
でもようやく自分の中で決まりつつある。
テープ式を選択したい。
なめらかスロー再生の機能も魅力的だが
データの保存という点でテープの方が良いような気がしてきた。
HDDに保存してPCで編集とかいってもPCのスペックが足りそうにないし。(ハイビジョン方式だし余計に…)
DVDやブルーレイやHD-DVDだっけ?
そのメディア自体の耐年数とテープの耐年数の比較もテープの方が良さそうな感じだし。(詳しいことはさっぱりだけど)

で、値段をネットで調べてみたら以前よりも安くなってるね。
まぁ、時が縦は値段が下がるというのは自然な流れなのだろうけど。
それでもようやく10万円を切った値段。
購入に踏み切るには家族の深い理解が必要だ。
でも前から嫁さんは欲しいといってるんだけど(笑)

他にも欲しいものがあって
寝室のTV。PCの液晶モニタ。ビデオカメラと併せて3つ
全部併せて25万円くらいか?
んなもん買えないっちゅーの(笑)
半年ほどご飯と漬け物だけの生活になるぞ…_| ̄|○


昨日はyoutubeのUPの時間暇だったので手元にあるウェイクフィールドの動画を片っ端から見まくった。
体重移動の方法は?
腕の振り方は?
手首の角度は?
肩の開き具合は?
腕の高さは?
リリースの位置は?
などなど食い入るように画面を見ていた。
超スロー動画を見てるといとも簡単に無回転を作り出しているようにさえ見える。
何でそんなに投げられるんだよぉ~とあこがれの目でみてしまう

しっかしウェイクの腕っ節はめちゃくちゃごついね。
あのくらいの筋肉が必要なのか?
あのくらいごつくないと常時投げるのは困難なのか?
自分に足りないのはあの腕っ節なのか?


あ、今部屋にあった100円のボールが目に入った
ボールすら握ってないと書いたばっかりだがもう握りの研究が始まってた
しばし更新をほったらかしにしてボールを握ってた。

薬指がすぐに裂けるという欠点をどうにかして克服したいのだが
握りを変えて無回転になれば即解決となる。
もちろん握った時に違和感がない
パッとすぐに握ることが可能
この2つをクリアすればOK
20061203a.jpg

これが今現在の薬指と小指の関係。

で、これがさっきボールをいじりまくって考えた握り
20061203b.jpg

天井に向かって軽く投げると無回転になった。
壁に向かって投げると全くダメというパターンが頭に浮かぶが
とりあえず明日試してみよう。


今日の一言
お土産の信州そばを食べた。
むちゃくちゃうまいね。
きなこたっぷりのお餅に黒蜜をかけて食べる「信玄餅」これもうまい!

雹が降った!でも霰かも…
今日は昼休みに動画を撮る予定だった。
しかし何か雲行きが怪しいなぁ~と思ってたらものすごい雨の音。
おーおーおー!いったいどうなってるんだ?
地面を見たら何か跳ねている。虫?ん?
よく見てみると氷の粒が地面に当たって飛び跳ねているではないか!
大きいのでパチンコ玉くらいあるよ!すげーよ!
大きいのを選んで拾ってみんなに見せに回ってたら最後の方には小さくなって分からなくなった(笑)
その前にデジカメで撮ってからにすれば良かったな…ネタになったのに。

でもすぐに雨はやんだ。
昼ご飯を食べ終わってから壁にボールをぶつけようかとしてたらちょうどマッスルがいたので「地面は濡れているがキャッチボールには支障はないと」ナックルの練習を始める。
しかし寒い…
この時期はさすがに指先の感覚が鈍る。
そして絶不調モード炸裂(笑)
投げても投げても感覚が掴めない。
今までの好調はいったいどこへ行ったんだ!という感じ。
そこへこれ以上速いボールは投げられないというレベルで投げているので余計に無回転にはならない。
しかもマッスルが弾いたボールが転がり濡れるという良くないパターン(笑)

それでも変化がよく分かる動画ばかりUPしてると
良い変化をするナックルばかり投げられるという誤解を招くかもしれないなぁ
ということもあり、絶不調の時の動画もUPしようと動画の撮影に踏み切った。 (不本意だけどこれも事実として)

動画を見た後で
なんだよ!いつもは全然ダメダメな状態じゃないか!
変化した時だけUPして自慢してるだけかよ!
などと思われても仕方ありません(笑)

ちなみに今ブログの更新中ですが、ただいま動画のアップロード中。
4分くらいあるので時間がかかってます…
今日中の更新が出来ません…
かれこれ数十分経ってますが未だに Uploading...20%くらい(笑)


0時前にUPしようとして、ようやくUP出来たのが1時過ぎ。
でもすぐに見られるようになるのではなく、youtube側に認識?されて晴れて公開となる。
この時間が異常にかかり、公開できたのは朝方…うぅ
まぁしかたないか。



今日の一言
この地方では「ふうまん」という食べ物がある
一般的には今川焼き?大判焼き?太鼓まんじゅう?
僕は邪道かもしれないが、中にカレーが入ってるのが好きだ
動画UP
今日は動画を撮る予定でしたが
昼休みにキャッチボール相手がいなく断念。
仕方なく昨日の動画を。見にくいかもしれませんが。

多分この速度で80キロ出てるはずです。

また明日撮ってみたいと思います。


今日の一言
「紅茶がウイルスに対して有効だと証明されたからこれからは紅茶だ!」
と、うちの親父が張り切っていた。
いつまで続くのだろうか(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。