揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速く投げようとするあまり
この前の試合で投げたナックルボール。
比較的無回転で投げれていたらしいが、ここ一番で打たれてしまい、失点に繋がった。
もうこれは完全に球速不足による変化不足だろう。

これからの練習は80キロ以上で投げて無回転にする練習。
これのみに集中することにした。

昼休み早速練習するも無回転にならない。
反時計回りに回転している
ついこの前までとは反対の回転だ。  なぜ?

投げても投げても激しく回転するボール
握りや手首の角度を変えてみても一向に無回転になろうとしない。
リリースポイントをいじってみてもダメ。

はてな?全く解決できないぞ?
速いボールがダメならばゆっくり投げてみればいいのか?
と思ってみても結果は同じ。うーむ

そこで何がいつもと違うのか?という事に集中して
以前との違いを探る。
といっても以前と同じ投げ方を毎回イメージしているだけに
違いを見いだすのは簡単ではない。

おかしいおかしいと悩んだあげくやっと分かった。
速い球を投げようとして無意識的にボールをギュッと握っていた。
特に親指に力が入っていたようだ。

そしてリリースまではリラックスしてボールを握る。
リリースの瞬間だけ二本指がぶれないように力を入れる。
これが正解。ようやく回転が安定し、事なきを得た。

そしてスピードガンで測定。
大体85キロ前後で投げられるようなコツを掴んできた。
もうここまで来たら、リリースの瞬間にどうだとか
押し出すだとかそんなことは関係なく、速く腕を振る事だけ。

昨日の夜手元にあるウェイクフィールドの動画の資料を見て研究した。

リリースの瞬間グーッと押しているのではなく
サッと腕を振っている。
まぁそうしないと100キロのナックルは無理だろうし。
ウェイクフィールドの腕の振り方をマネするように投げる。

良い感じだ!良い感じだ!
まだまだコントロールと無回転率に納得は出来ないが
これからの練習で何とかしたい。

それともう一度動画を取ろうと思っている。
この前の動画と比較だね。
ボールの変化はカメラでは判断しづらいかもしれないが
ボールの速度の違いくらいは分かってくれるかなと。


今日の一言
連続で晩ご飯が鍋だ。鍋は良いね~暖まる。
それよりもセブンイレブンのおでんのこんにゃくが「生芋こんにゃく」に変わっていた。去年からだと思うが生芋はうまい。歯ごたえが違うね!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。