揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁なのか…
今日は久しぶりにナックルを投げた。
もう少し無回転率を高めたいが、今日の段階では可もなく不可もなく。
ただセットポジションからの投げ方に手応えを少し感じた。
踏み出す足と体を開くタイミング。
これの調整が今日はばっちりで「よし!」と思ったところで昼休み終了(笑)

ただスピードガンで測定してからはどうしても
「目標時速80キロ」というのがある。
その前に70キロ、75キロと球速を上げていくのが前提となるが
この球速を上げるというのは並大抵の事ではない。

ただでさえ特殊な握り。
特殊なリリース。
特殊な体重移動。
これらの条件を満たしながらの時速80キロは相当に難しい。

強靱な指先が必要なのだろうか。
時速80キロでボールを押してもびくともしない指先が。
速い速度でボールを押すと少しのブレが回転を生み、コントロールを失う。
キャッチボールをするような軽い投げ方で時速100キロくらい出さないとダメなのではないかと思う。
体全体を使って投げて110キロなんて何にもならない気がしてきた。

今報道ステーションで藤川球児のストレートの特集をしていた。
彼の球は他の選手と比べボールの回転数が多いらしい。
1秒間に45回転しているという。
ナックルは1秒間に1回転くらいが良いのかな。
出来ることならストレートは今より回転数を上げたい。
藤川が言っていたリリースの最後にボールを切るのではなく
押し込んで「浮き上がれ!」と気持ちを込めて投げるという。
よし。今度やってみよう

ちなみに今日また100円ショップに行って
25キロのハンドグリップを買い直した(笑)
それと輪ゴムも新たに買った。
前のゴムは太すぎた。今度は6mm幅でちょうど良い。ベストだ。

あ、それと今日ナックルの練習をしていて気が付いた。
前とは違って格段にコントロールが付いている。
踏み出す足をファースト側へ開いて投げるというのはホントに良い!
何もかも良いことずくめだ。
あぁ~欲を言えばもっと早く気が付いていれば良かった?(笑)

とにかくこれからは投げて投げて投げ込んで
球速を上げられる体を作りたい。
手首の強化、握力の強化、インナーマッスルの強化を特に力を入れてみようと思う。


今日の一言
ハマオが持ってるデスノートのコミックを全巻借りて読んだ。
内容が濃くておもしろかった。
こんな話を思いつく原作者は天才なのか??

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。