揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボールを目で追うな
コントロール重視の練習。
今日はいつも以上に投げ込んだ。
昨日の試合ほとんどストレ-トを投げていないので肩は重くない。

しかし、練習してもこれといって何もつかめない。
以前も壁にただぶつけていたが、ストライクゾーンを狙って投げていなかったわけではない。

そこでいろんな事を試してみた。
まず投げ方。
ナックルを投げる時と、ストレートを投げる時は投げ方が違ってくる。
ナックルの投げ方でストレートは投げられるが、その逆は難しい。
しかし本当の理想はストレートの投げ方でナックルが投げられること。

無回転にこだわらずストレートと同じ投げ方でナックルを投げてみた。
要するに握りがストレートとナックルの違いだけ。
もちろん無回転にはならないが、それでも良い感触は得た。
ナックルを投げる時は無回転にしようとする意識が強すぎて腕の振りがどんどん小さくなっていたようだ。
ストレートと同じ投げ方をすることによって、「しっかり腕を振る」という感覚を得たような気がする。

そして仕事が終わってからマッスルとキャッチボール。
せっかくだから座ってもらって投げ込んだ。

壁に当てる時には気が付かなかったし、試合でも気が付かなかった。
でも今日は気が付いた。

もともとこのブログでもナックル時のコントロールを良くする方法を書いてきたが、自分でもすっかり忘れていたのだろう…

「投げる瞬間キャッチャーのミットを見て、キャッチャーが受けるまでミットを見る。決して投げたボールを目で追わない」

これだね。
ナックルを投げるということはボールを無回転にすることが最大の目的。
で、投げたボールが無回転になっているのかどうなのかは投げた本人が一番気にするところ。
だから投げた瞬間からボールを目で追い、回転の有無を確認してしまう。

そして今日はボールを見ないということに気が付いてからすこぶる調子が良かった。もちろんコントロールも。
多分意識がリリース時の指先付近だけに集中してしまい、妙な力みや、力の入れ方のミス。そしてそれが不安定に直結していたのだろう。

最初からボールを見ずに、キャッチャーだけを見ると意識が変わってくる。
なんて言えばいいのかな、無回転になれ!という意識がボールを運ぶ。
意識が手元だけにとどまらず、意識ごとキャッチャーまで届くという感覚。


この感覚はすごく大事なんだよね。
無回転になってるかどうかの確認を毎回してるようでは、まだまだ試合で投げられるレベルではないということ。
無回転にするという意識ごとキャッチャーまで届かせば、ボールは無回転になるし、コントロールも飛躍的に向上する。


投げるたびにナックルが決まり、マッスルも捕球できない。
こんな調子が続くと妙な気分になる
「なんか自分は超能力者みたいだ」と(笑)

ナックルがバンバン決まる時ってみんなどんな感覚なんだろう。
同じような感覚だとおもしろいのにな(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。