揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危機感を持て
今日は必要以上にナックルを投げた。
しかし満足のいくものではなかった。

ここまでくるともう自信がなくなるよ。
どうすりゃいんだよってな感じで

それでも今後の練習に課題というかテーマを見つけた。
考えれば分かることなのだが、ただ単に無回転を目指して壁にぶつけていたのでは試合では役にたたん!
今度からはストライクを目指して、コントロールを十分つけると言うことを課題として練習する。
コントロールを意識してボールが回転するのは練習方法に問題があるからだ。

本当にナックルボーラーを目指してるのならもっと危機感を持って練習せねばならない。
投げられるようになればいいなぁ~
というのではなく
投げなければいけないんだ!という強い気持ちで練習しよう。
もっともっと自分を追い込んで。

うまく投げられずまともな練習が出来ない時は思いっきり地面にグローブをたたきつけて悔しがるくらいの勢い。

とにかく何をするにも上達するためには練習しかない!

頑張るぞ!

スポンサーサイト
小指の使い方
ボールを固定している指は薬指をのぞいた4本。

どの指も余計な力が加わると即ボールの回転へと繋がってしまう。
最近の悩みはボールがジャイロ気味に時計回りに回ることだ。
親指を使って修正を試みるが、それは相殺し回転を殺しているに過ぎない
相殺というのははやり安定性に欠ける。

少し話をもどして
「なぜ時計回りにボールが回転するのか?」
ということを考えなければいけない。

まず昔の握りではこのようなボールの回転はあまり見られなかった。
小指で固定している部分はかつて小指の付け根で支えていただけで
リリースの瞬間はほとんど回転には作用しなかった。

となるとこの回転の原因は「小指」が影響している可能性が非常に高い。
ではどうするのか。どうすれば影響しないようなリリースが出来るのか。
これを考え出さないと前に進まないのがナックルの道。


「経験」「記憶」「資料」などすべての情報を総動員して考えた。
その時ふと思い出した。
ウェイクフィールドがインタビューで答えていた言葉と
ウェイクフィールドが実際に投げたリリースの瞬間を映したスロー映像
この2つの事から

「リリースの瞬間よりほんのコンマ何秒前に小指をボールから離す」

それで数球投げながらコツを掴んだ。
小指を開いてボールから離すのは難しいので下へずらすという方法が◎
そうすることによって親指と二本指でしっかりとボールを押せる。
握りの段階から小指をずらしたりすると腕を振る時にどうしてもボールがぐらついたりして不安定になる。
その不安定さを解消しようと力むとろくな事にならない。


リリースの瞬間に先に小指をリリース。

これだね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。