揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スライダーとカーブ
コメントありがとうございます。まずは変化球の話から。
20061014a.jpg20061014b.jpg

まずスライダーの握りから。(100円ショップのボールが活躍!)
僕の場合スライダーはツーシームの握りで持ちます。
二本指を縫い目に沿わせて投げます。
そしてリリース時には二本指と親指との間で抜く感じで投げます。
親指の方が短く二本指の方が長いので最後までボールに接しています。
結果的に赤い矢印のような回転を始めます。
ジャイロではないがそんな感じの回転軸で飛んでいきます。

あくまでも僕の場合ですがカーブとスライダーの違いは回転軸に現れます。


20061014c.jpg20061014d.jpg
次はカーブの握りです。
人差し指を完全に縫い目の上に置き、中指は指先だけ縫い目にかけます。
そしてリリースの瞬間は手のひらが自分の方を向くようにして投げます。
最後に二本指の指先が縫い目に引っかかっているので一気にボールに回転をかけてやります。
手首はひねりません。あくまで振り下ろす指に引っかけてやるだけです。(スライダーも同様に)
このカーブの回転は斜め45度くらいで飛んでいきます。
重要なのはフォーシームの回転がかかることです。
4つの連続する縫い目が綺麗に回転することによってボールの落下力が強まります。

簡単に書くとこんな感じでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。