揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルスイングをするな
さて、今日は球の速いピッチャーに対してどう対応すればいいのかという話

明らかに自分より各上の投手と対戦した場合、普通に対応しても勝ち目はない。特に球速が速い投手には苦労する。
バットを短く持てば対応できる程度なら何とかなる。
しかしそれ以前の場合というのもよくある話だ。
昨日のナイターの試合なんてアウトのほとんどが三振だった。
こういう場合どうすればいいのか。

試合をしているチームは焦りや、緊張などから気が付かないことが多いかもしれないが、観戦していたりして第三者から見るとよく分かる。

空振りをしているバッターというのはまず自分のスイングが出いていない。
あまりの速さにヘッドアップし、ボールが通過してから振ってしまう。
ただの空振りというより無茶振りしてしまう傾向が強い。
速さには速さで対応しようとしてしまうのだ。
これが一番いけない。

もっと素直に考えればいい。
高速で飛んでくるボールに対し的確なミートポイントで打つことは至難の業
そこでボールとバットの関係を金槌と釘にたとえてみる。

小さな釘をかなり小さな金槌で打とうとした場合、的確に釘を打たなければいけないが、そうした微妙な調整が必要な時に思いっきり金槌を振り下ろす人はいない。
釘を外せば殺されると言うくらいの緊張感があれば
振りを小さく、ゆっくり金槌を振るだろう。

それと同じ事なのだ。
球が速くなればなるほどバットのスイングスピードを落とせばいいのだ。
テイクバックもフォロースイングも必要ない。
ただ当てることだけに集中すればいい。
バットの芯に当たりさえすれば「レフト前」「センター前」「ライト前ヒット」は十分打てる。

こういう打法をしていると相手チームからこんな声が聞こえてくるだろう
「バッターは当てに来てるよ!スイングできてないよー!」と
当然である。
空振りをしに行くバッターがどこにいる?みすみす三振するだけのバッターの方が幼稚である。

フルスイング=美徳
という訳の分からない日本の文化などこの際全く意味をなさない。
三振する可能性が高いバッターは全員でこの方法を試すべきだ。
今度の試合はまともにいくとほとんど三振をするだろう。
でも弱いチームでも頭さえ使えば勝てないにしても何かできるはず。

そして逆にピッチャーの立場からしても
速球で三振を取りに行こうとしてもしつこくバットに当ててくるほどイヤなものはない。
大振りして空振りをするバッターくらい楽なものもないのだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。