揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満足率20%
あぁ~やっぱり試合前のキャッチボールは調子が良いのにマウンドに立つと調子が悪くなる~_| ̄|○
無回転率よりもコントロール率の方が試合では重要だということか。
それを意識するあまり無駄な力が入っているのだろう。
それでもだんだんと良くなってきているので次の試合ではもっと良い結果を望みたい。

試合中は借りたビデオカメラで撮影をした。
しかーし!
電源を入れただけで録画ボタンを押してなかったということが2回も!(笑)
撮るには撮ったが、満足のいく記録はとれなかったのが痛い…

内容は打線が繋がり10-3で勝利。
今期13勝目!通算で13勝11敗2分けとなった。

ピッチングがいまいちだった。
風が強く、ファースト側からサード側へ吹いていた。
スライダーが曲がらず苦しんだり、ナックルはすっぽ抜けがデッドボールになったりとちぐはぐな内容だった。
こういうあまり良くないイメージは早く忘れるに限る(笑)

次の試合も決まったことだしそっちに切り替えよう!
といっても今度はナイターの公式戦だ。
決勝トーナメント。
実は今日抽選が朝の9時からあったのだが、試合があったので抽選会には行けず、代理抽選を頼んだ。
その結果2部の相手に決まった。
いっそのことむちゃくちゃ強い1部と当たって
「1部というのはすげーなー!」と終わりたかったのに(笑)
それでも2部だから少しばかりは勝つ可能性も残されている。


それと今さっきTVを見ながら天井に向けてボールを軽く投げていた。
なぜボールが回転するのか、どういうようにボールに指の動きが作用しているのかなど考えながら。

そこで1つひらめいた。
こういう家に帰ってふとひらめく発想というのは今までかなり役に立っていることが多いのだ!
早速明日試してみよう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。