揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極太グラウディ


縫いPを頼んでおいたのが来た。
すでに2試合を消化しているのだが感じは良い。中に砂も入らないし。カンガルー革で軽いし。重量は片足で315gだったかな。
満足満足。
それと先日言っていた穴が足りないという件。
上の写真をクリックすれば大きく見えてわかりやすいと思うが
もともと穴ではなく、内側にベルト通しみたいなのがあって、そこへヒモを通すようになっていた。
その部分の写真を撮るのを忘れた…あぁ意味無し


そしてチームで買ったバット(笑)
20060929c.jpg20060929b.jpg

SSKのグラウディだ。
年配組や、ハマオやマッスルが場との芯に当たらなかった時効果を発揮するバット(笑)
ちゃんとJSBBの公認なので公式戦でも使える。
一番最初に使った時は球審が
「ちょっとまって!なんだそのバット」といってタイムをかけたほど珍しいバット(笑)
使用する人のことを考え重量は750gと軽めを選択した。
ちなみにまだこのバットでまともにヒットを打った人はいない…

今日はナックルの調子も悪く何をやってもダメ。
こうなればしばらく休むのも手かなと思ってる。
投げられないのでナックルのネタもないから道具ネタに走ってしまった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。