揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相殺するな
20060919d.jpg
新しいスパイクは良いね~
届いたばっかりのスパイクを嬉しくなってすぐにデジカメで撮ったよ(笑)
ただ見ても分かるように25cmと小さいサイズなので
ベロから先の部分がほとんど見えてないような???
このときはまだ気が付いてなかったのだけど、右側の写真を見てもらいたい。
スパイクのヒモを通す穴。2個目までは空いているのだが、3個目が空いていない。
正確には
1個目=穴あり
2個目=穴あり
3個目=穴無し
4個目=穴あり
5個目=穴無し
6個目=穴あり
7個目=穴あり
となっており、3個目と5個目がないのだ。
おかしいなぁ~最近のスパイクはこういう形状になってるのかな?
と不思議に思いながらもヒモを通してみた。
そしたら案の定むちゃくちゃヒモが余った。こりゃやっぱりおかしいよ。
穴がないから安売りしてたのかな?と不安になってた(笑)
今はこの問題は解決しているのだが最初見た時は初期不良かと思ったよ。


今日はさすがに投げ込みは無し。思ったより肩は重くなかったが無理は出来ないしね。ゴムチューブを使った軽いトレーニングのみ。
と思ったがやっぱり投げてしまう(笑)

そして最近までのスランプの原因が少し分かった気がする。
二本指の使い方というかなんというか。
昔は「相殺」で無回転にさせると言っていたが、それは今は違う。
ボールの中心を押し出しているような感覚なのだが、いつの間にか相殺の方へ無意識的に行っていたようだ。
それを改善すべく今日は投げてみた。
手首を起こし、ボールの中心を二本指で突く位置あたりでリリースをする。
腕を振るのだから腕自体は弧を描く。
その途中の一点を意識して投げてみたあら今日は良い感じだった。

ナイターは決勝トーナメントに進出がほぼ確定なだけに、それまでにはナックルを投げたいと思う。
相手は間違いなく1部クラスのチームに当たるだろう。
自分のピッチングがどこまで通用するのかが試せるので楽しみだ。

昨日の結果
相手00100 1
自分30010 4 5回時間切れ
初回先頭打者が0-3から粘って四球を選ぶ。
2番の僕がツーベースヒットで先制点。まさに理想的な展開だった
失点も3回のランニングホームランのみという、表面的には危なげない試合。
15個のアウトのうち
三振が7個ピッチャーゴロが4個
(正確には三振は8個取った。振り逃げがあったから)
これ以上ない出来だったのだが、これに満足せず気を引き締めて練習を継続したい。
地道な努力が今になって実を結んできていると思うので。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。