揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイター速報
今ナイターの試合から帰ってきました。
結果は勝ちました!
5-1か4-1だった。
おそらく向こうはこっちが3部だという事でかなり油断していたんだと思う。
まさか負けるとは…という雰囲気がかなり伝わってきた。
決して楽な展開ではなかったが今日はピッチングが最高に良かった。
ただナックルがダメだった_| ̄|○
タイミングを外すただのスローボールとしかなっていない。
ナックルに関しては全く満足のいく内容では無かったが
通常のピッチングが冴えまくった♪
緩急をつけて横のスライダー縦のスライダーとストレートで見事に相手を手玉にとった。
実に気持ちが良い。各上のチームに対してどこまで試合が出来るのかと不安に思っていたのだが、途中から「いける!」というみんなの気持ちが1つになった良い試合だった。

今日はみんなチームプレイに徹した。
1球1球がチームみんなのためになるように。
そして全員で勝ち取った勝利といえる。

ただ1つ後味の悪いプレイがあった。
うちの守備。ランナーセカンド。
セットポジションでキャッチャーのサインを確認したとたんに「ボーク」の宣告。
全く意味が分からなかった。何がいけないのかどうしてボークになったのか分からなかった。

普段審判がボークの宣告をした場合、ボークの理由を教えてくれる。
しかし今回は「後で言う。後で言う。」と言われたのだ。
これに納得のいかなかった僕は
「今のボークの原因が分からなければもう一度ボークを犯してしまうかのしれません。そうなれば1点を失うことになります。後学のために今教えてください」と申し出た。
そこへ相手ベンチから
「そんなことは試合が終わってから聞け!今聞く事ではないだろう!」と罵声が飛んだのだ。
こんなハズではない!と気持ちがイライラしていた相手チームの監督からの罵声だった。

これに対し審判は相手ベンチへ注意をしに行った。

うちの監督もこれに怒り
「どうしてあの監督を退場にしないんだ!」と食い下がったがこれは逆に審判に怒られた。
どうもこの審判の判定がおかしい。ストライクボールは普通なのだが…

相手チームは古株。この審判とかなり仲が良さそうな感じで、何度か相手チームに有利な判定があった。
実際僕が犯したボークも回が終わってから教えてもらったボークの理由も今ひとつハッキリしないものだった。
今まで聞いたことがないような理由のボークで、市の大会で取るようなボークではない。
もしボークになるような動きがあれば1度注意を促すのがこの場合の妥当な判定だと思う。
ボークの宣告を受けた瞬間になぜあれがボークなのかを説明できる選手はグランドにいなかったハズだ。

ちなみにうろ覚えだが
僕はグラブの中にボールを入れ、前屈みになりサインをのぞく。
右手はベルトの後ろ付近。
セカンドランナーを目で確認。
サインが決まり、上体を起こしグラブの中に手を入れ、握りを直した時時ボークを取られた。
この場合で上体を起こすのが早くて、その際セカンドランナーを見たとかそんな感じだった。
一連の動作になっていない。投球動作が途中でいったん止まったと見なすとかなんとか。
審判の人が自分で動作をするわけでもなく、口で説明してるだけ。
全くの説明力不足。これではまたボークを犯してしまうかもしれない。
本当に僕が取った動作がボークならね。

今まで一度も注意をされたことがないだけに全く持って納得いかない
でもとりあえずもう一度ルールブックを確認するかな。

とにかく各上のチームに勝ったのだけは事実。
むちゃくちゃ嬉しい!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。