揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球とは
さて昨日の結果から。
5打数2安打1ホームラン
アウトになった打球も良い打球だったので満足。
守備はサードを守るもキャッチボールも何も無しでいきなりの試合開始だったせいか普通のゴロはさばけても、前に突っ込むようなボテボテのゴロはアウトに出来なかった。うーん。残念

そして今日はずっと全身筋肉痛だ。
水曜日のナイターが心配なところ。


それでは日曜日の試合の内容を

結果的に1-8での大敗を喫したのだが、大きな試合の流れの分岐点が1回の攻撃にあった。
ここであってはならないプレーが出てしまったのだ。

うちは後攻。初回ピンチになるも何とか0点で凌ぐ。
そしてうちの攻撃だ。
相手ピッチャーはあまり投手経験がなく、さほど苦にするようなタイプではなかった。

先頭打者はいきなりボールの連続でカウント0-3
投球練習時もコントロールが定まっていない様子でもあった。
これは四球になる可能性が非常に高い。
2番打者である僕はネクストサークル内でランナー1塁の状態でどのように相手を崩そうかと考えていたその矢先。

事もあろうか0-3からの次の球を打ってしまったのだ。
結果レフトフライでアウト。

まさに茫然自失。唖然とした。
彼は試合というものを分かっているのだろうか。
野球とは何かを知っているのだろうかと思った。
たとえ人よりよく打つとか守備が上手いとかあっても野球を知らなければ良い選手とはいえない。
あの場面。ピッチャーにとって四球が最もいやな展開だ。
仮にヒットを打たれてもどうって言うことはない。
ピンチの後の先頭打者に四球ほどいやな展開はないはずだ。
にもかかわらず彼は打ってしまった。
100%ヒットが打てる自信があっても打つ場面ではない。
逆に打つ自信があるのなら2-3まで待つべきだろう。

彼はチームプレイを完全に無視し、自分のためだけにバットを振った。
結果相手ピッチャーのピンチを救い、こちらのチャンスをつぶしてしまった。
この時点でこの試合の勝負が決まっていたのかもしれない。

野球は1人でするものではない。9人でするものだ。
打ちたいのなら1人でバッティングセンターにでも行けばいい。
自分のお金で好きなだけ打てばいい。誰も文句は言わないだろう。
ただ野球の試合をしている以上はチームの勝利に貢献すべきである。
それがチームプレイ。野球というものだ。

まだ彼は若い。
これから先こういう事を直す気があるのなら良い選手になるだろう。
しかし直す気がないのであれば野球をやめた方が良いだろう。
でなければ彼個人の私利私欲のために誰かが迷惑を被ることになる


チームプレイを最も重んじるのがうちのチームだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。