揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合と練習
ここのところ雨ばかりの天気が続く。
今日は全く投げなかったので昨日投げたことを少し。

マッスルに座ってもらってナックルを投げ込んだ。
ストライクが入るように意識をして投げていたのだが思いの外良い感じだった。
ハマオにバッターに立ってもらって投げてみる。
さすがにバッターが立つと投げづらい。
すっぽ抜け=即死球となるだけに余計に意識をしてしまう。
これはいけない癖だね。練習をたっぷりこなして癖をとらないといけない。
ここで少し気が付いたのだが、キャッチャーにはいつもナックルの時は真ん中に構えてもらっていた。しかしボール2つ分くらい外(ピッチャーから見て左側)に構えてもらうと投げやすい。
あ!っと思ってすっぽ抜けても避けられる範囲。
ただその分外角へ逃げるような変化をするボールが行くと危ないかもしれないけどね。

投げた瞬間「あ!いいかも!」と思うようなリリースの感触がある。
そういう時は「の」という字を鏡で映した逆の文字の軌道で変化するようなボールが行く。
あぁ~説明が難しい。そんな文字は登録されてないし…
「P」をよこし倒したような?…うーむ(笑)
まぁなんかすごい変化をする時があるんだけど
そういうのは試合では決まって変化してくれない!あぁ_| ̄|○

ブルペンで投げるナックルと試合で投げるナックル。
本当は同じでなくてはいけないのに、どうも違うような気がする。
余計なプレッシャーが体にかかってるんだろうか
そのせいで微妙な指先の感覚を狂わせているのだろうか。

まぁ何にせよ試合でのナックルは試合で経験していくしかない。
そもそも試合で投げられる環境にあるだけでも自分は恵まれているのだろうな。

しかし週間天気予報はずっと晴れのマークがないぞ?大丈夫なのか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。