揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極太グラウディ


縫いPを頼んでおいたのが来た。
すでに2試合を消化しているのだが感じは良い。中に砂も入らないし。カンガルー革で軽いし。重量は片足で315gだったかな。
満足満足。
それと先日言っていた穴が足りないという件。
上の写真をクリックすれば大きく見えてわかりやすいと思うが
もともと穴ではなく、内側にベルト通しみたいなのがあって、そこへヒモを通すようになっていた。
その部分の写真を撮るのを忘れた…あぁ意味無し


そしてチームで買ったバット(笑)
20060929c.jpg20060929b.jpg

SSKのグラウディだ。
年配組や、ハマオやマッスルが場との芯に当たらなかった時効果を発揮するバット(笑)
ちゃんとJSBBの公認なので公式戦でも使える。
一番最初に使った時は球審が
「ちょっとまって!なんだそのバット」といってタイムをかけたほど珍しいバット(笑)
使用する人のことを考え重量は750gと軽めを選択した。
ちなみにまだこのバットでまともにヒットを打った人はいない…

今日はナックルの調子も悪く何をやってもダメ。
こうなればしばらく休むのも手かなと思ってる。
投げられないのでナックルのネタもないから道具ネタに走ってしまった。

スポンサーサイト
相殺するな
20060919d.jpg
新しいスパイクは良いね~
届いたばっかりのスパイクを嬉しくなってすぐにデジカメで撮ったよ(笑)
ただ見ても分かるように25cmと小さいサイズなので
ベロから先の部分がほとんど見えてないような???
このときはまだ気が付いてなかったのだけど、右側の写真を見てもらいたい。
スパイクのヒモを通す穴。2個目までは空いているのだが、3個目が空いていない。
正確には
1個目=穴あり
2個目=穴あり
3個目=穴無し
4個目=穴あり
5個目=穴無し
6個目=穴あり
7個目=穴あり
となっており、3個目と5個目がないのだ。
おかしいなぁ~最近のスパイクはこういう形状になってるのかな?
と不思議に思いながらもヒモを通してみた。
そしたら案の定むちゃくちゃヒモが余った。こりゃやっぱりおかしいよ。
穴がないから安売りしてたのかな?と不安になってた(笑)
今はこの問題は解決しているのだが最初見た時は初期不良かと思ったよ。


今日はさすがに投げ込みは無し。思ったより肩は重くなかったが無理は出来ないしね。ゴムチューブを使った軽いトレーニングのみ。
と思ったがやっぱり投げてしまう(笑)

そして最近までのスランプの原因が少し分かった気がする。
二本指の使い方というかなんというか。
昔は「相殺」で無回転にさせると言っていたが、それは今は違う。
ボールの中心を押し出しているような感覚なのだが、いつの間にか相殺の方へ無意識的に行っていたようだ。
それを改善すべく今日は投げてみた。
手首を起こし、ボールの中心を二本指で突く位置あたりでリリースをする。
腕を振るのだから腕自体は弧を描く。
その途中の一点を意識して投げてみたあら今日は良い感じだった。

ナイターは決勝トーナメントに進出がほぼ確定なだけに、それまでにはナックルを投げたいと思う。
相手は間違いなく1部クラスのチームに当たるだろう。
自分のピッチングがどこまで通用するのかが試せるので楽しみだ。

昨日の結果
相手00100 1
自分30010 4 5回時間切れ
初回先頭打者が0-3から粘って四球を選ぶ。
2番の僕がツーベースヒットで先制点。まさに理想的な展開だった
失点も3回のランニングホームランのみという、表面的には危なげない試合。
15個のアウトのうち
三振が7個ピッチャーゴロが4個
(正確には三振は8個取った。振り逃げがあったから)
これ以上ない出来だったのだが、これに満足せず気を引き締めて練習を継続したい。
地道な努力が今になって実を結んできていると思うので。


ナイター速報
今ナイターの試合から帰ってきました。
結果は勝ちました!
5-1か4-1だった。
おそらく向こうはこっちが3部だという事でかなり油断していたんだと思う。
まさか負けるとは…という雰囲気がかなり伝わってきた。
決して楽な展開ではなかったが今日はピッチングが最高に良かった。
ただナックルがダメだった_| ̄|○
タイミングを外すただのスローボールとしかなっていない。
ナックルに関しては全く満足のいく内容では無かったが
通常のピッチングが冴えまくった♪
緩急をつけて横のスライダー縦のスライダーとストレートで見事に相手を手玉にとった。
実に気持ちが良い。各上のチームに対してどこまで試合が出来るのかと不安に思っていたのだが、途中から「いける!」というみんなの気持ちが1つになった良い試合だった。

今日はみんなチームプレイに徹した。
1球1球がチームみんなのためになるように。
そして全員で勝ち取った勝利といえる。

ただ1つ後味の悪いプレイがあった。
うちの守備。ランナーセカンド。
セットポジションでキャッチャーのサインを確認したとたんに「ボーク」の宣告。
全く意味が分からなかった。何がいけないのかどうしてボークになったのか分からなかった。

普段審判がボークの宣告をした場合、ボークの理由を教えてくれる。
しかし今回は「後で言う。後で言う。」と言われたのだ。
これに納得のいかなかった僕は
「今のボークの原因が分からなければもう一度ボークを犯してしまうかのしれません。そうなれば1点を失うことになります。後学のために今教えてください」と申し出た。
そこへ相手ベンチから
「そんなことは試合が終わってから聞け!今聞く事ではないだろう!」と罵声が飛んだのだ。
こんなハズではない!と気持ちがイライラしていた相手チームの監督からの罵声だった。

これに対し審判は相手ベンチへ注意をしに行った。

うちの監督もこれに怒り
「どうしてあの監督を退場にしないんだ!」と食い下がったがこれは逆に審判に怒られた。
どうもこの審判の判定がおかしい。ストライクボールは普通なのだが…

相手チームは古株。この審判とかなり仲が良さそうな感じで、何度か相手チームに有利な判定があった。
実際僕が犯したボークも回が終わってから教えてもらったボークの理由も今ひとつハッキリしないものだった。
今まで聞いたことがないような理由のボークで、市の大会で取るようなボークではない。
もしボークになるような動きがあれば1度注意を促すのがこの場合の妥当な判定だと思う。
ボークの宣告を受けた瞬間になぜあれがボークなのかを説明できる選手はグランドにいなかったハズだ。

ちなみにうろ覚えだが
僕はグラブの中にボールを入れ、前屈みになりサインをのぞく。
右手はベルトの後ろ付近。
セカンドランナーを目で確認。
サインが決まり、上体を起こしグラブの中に手を入れ、握りを直した時時ボークを取られた。
この場合で上体を起こすのが早くて、その際セカンドランナーを見たとかそんな感じだった。
一連の動作になっていない。投球動作が途中でいったん止まったと見なすとかなんとか。
審判の人が自分で動作をするわけでもなく、口で説明してるだけ。
全くの説明力不足。これではまたボークを犯してしまうかもしれない。
本当に僕が取った動作がボークならね。

今まで一度も注意をされたことがないだけに全く持って納得いかない
でもとりあえずもう一度ルールブックを確認するかな。

とにかく各上のチームに勝ったのだけは事実。
むちゃくちゃ嬉しい!


肩のケア成功か

普段使っていたスパイクに打ち込みのP革をつけてもらったやつ。
Sじゃないのか?と思ったのにMサイズをつけたスパイク。
本当に大丈夫なのだろうか。

20060922b.jpg20060922c.jpg
写真で見るとそうでもないような気がする(笑)
やけに空いた隙間が気になっていたが、これはこれで普通なのだろうか。

さて明日はナイターの試合が組まれている。
相手は1部か2部のチームなのでほぼ確実に負けるだろう。
それでもどこまで食らいついていけるのかとか楽しみでもある。
その為には中2日という間隔でピッチャーをしなくてはいけない。
どこまで筋肉の疲労が回復するかがカギ。
風呂に入って揉んでみたり、職場の人に「臭いなぁ~」と言われてもサロメチールを塗りまくる。もちろん湿布も貼ったりする(笑)
ちなみに仕事場が整骨院の匂いに変わったらしい(笑)

昨日の調子はさすがに肩が重かったが水曜には行けるという感覚があった。
今日の調子だと楽勝でいけると思う。
入念な肩のケアが功を奏したのだろうか。最近あった肩の痛みまでもが消えつつある。このままサロメチール生活を続けてみようかな。
もちろん加圧トレもしている。10分間血流を制限してそのあと制限解除とともに一気に血液が流れ出す。筋肉内にたまっている疲労物質も一気に流し去ろうという作戦だ。

昼休み調子に乗ってナックルの練習をした。
日曜日全く投げられなかった原因を探るためだ。
投げ初めの頃は無回転に良くなっていたが、突如調子が崩れた。
日曜日に味わった感覚に似ている。ボールは激しく時計回りに回転する。
いろいろと原因を考えて見たがなかなか良い答えが見つからなかった。
握りを変えてみる、リリースを変えてみるなど試せるだけ試す。
こういう時は初心に戻るのが一番良い。
少し前にこの握りにした時感じた感覚を思い出してみる。

「親指の位置」
これだった。だんだんと位置が上がってきていた。
指が短いのでどうしても楽な方へ行ってしまう。
20060810g.jpg20060810f.jpg
以前使った画像だがわかりやすく言えばこんな感じ。

野球とは
さて昨日の結果から。
5打数2安打1ホームラン
アウトになった打球も良い打球だったので満足。
守備はサードを守るもキャッチボールも何も無しでいきなりの試合開始だったせいか普通のゴロはさばけても、前に突っ込むようなボテボテのゴロはアウトに出来なかった。うーん。残念

そして今日はずっと全身筋肉痛だ。
水曜日のナイターが心配なところ。


それでは日曜日の試合の内容を

結果的に1-8での大敗を喫したのだが、大きな試合の流れの分岐点が1回の攻撃にあった。
ここであってはならないプレーが出てしまったのだ。

うちは後攻。初回ピンチになるも何とか0点で凌ぐ。
そしてうちの攻撃だ。
相手ピッチャーはあまり投手経験がなく、さほど苦にするようなタイプではなかった。

先頭打者はいきなりボールの連続でカウント0-3
投球練習時もコントロールが定まっていない様子でもあった。
これは四球になる可能性が非常に高い。
2番打者である僕はネクストサークル内でランナー1塁の状態でどのように相手を崩そうかと考えていたその矢先。

事もあろうか0-3からの次の球を打ってしまったのだ。
結果レフトフライでアウト。

まさに茫然自失。唖然とした。
彼は試合というものを分かっているのだろうか。
野球とは何かを知っているのだろうかと思った。
たとえ人よりよく打つとか守備が上手いとかあっても野球を知らなければ良い選手とはいえない。
あの場面。ピッチャーにとって四球が最もいやな展開だ。
仮にヒットを打たれてもどうって言うことはない。
ピンチの後の先頭打者に四球ほどいやな展開はないはずだ。
にもかかわらず彼は打ってしまった。
100%ヒットが打てる自信があっても打つ場面ではない。
逆に打つ自信があるのなら2-3まで待つべきだろう。

彼はチームプレイを完全に無視し、自分のためだけにバットを振った。
結果相手ピッチャーのピンチを救い、こちらのチャンスをつぶしてしまった。
この時点でこの試合の勝負が決まっていたのかもしれない。

野球は1人でするものではない。9人でするものだ。
打ちたいのなら1人でバッティングセンターにでも行けばいい。
自分のお金で好きなだけ打てばいい。誰も文句は言わないだろう。
ただ野球の試合をしている以上はチームの勝利に貢献すべきである。
それがチームプレイ。野球というものだ。

まだ彼は若い。
これから先こういう事を直す気があるのなら良い選手になるだろう。
しかし直す気がないのであれば野球をやめた方が良いだろう。
でなければ彼個人の私利私欲のために誰かが迷惑を被ることになる


チームプレイを最も重んじるのがうちのチームだ。

気持ちの余裕
土曜の夜にナイターの試合。これは助っ人。
そして今日の日曜日は軟式野球連盟杯の公式戦。相手は強い。
飛び抜けたものは何も持ってないが全体的に穴が無く守備も固い。

2試合続けて調子が良かったのはバッティングだけ。
ナイターは3打数1安打の1ホームラン
公式戦は3打数3安打の1スリーベース
もう何が来ても打てる気がする絶好調!

しかし…
今日はナックルが投げられなかった。
手離れが悪く、ボールが回転している。
しかも太陽の位置が関係しているのか、投げたボールの回転が分からない。
たぶん回転しているのだろうが、どういう回転をしているのかが分からないので修正が出来なかった。

仕方なく通常のピッチングになったのだが、相手に打たれてしまった。
結果1-8で6回コールド負け。
うーむ。またもや自分のせいで負けてしまった。
もう少し投球に幅を持たせて行かなくちゃいけないな。
キャッチャーのマッスルともこれからいろいろと話をしていかないといけない。
彼もまだキャッチャー歴が1ヶ月そこそこなのでこれからどんどんと上達していくだろうしね。

それともう一つ負けた原因に決め球でストレートを多投したこと。
詰まったり振り遅れたりしながらも外野まで飛ばされてしまった。

6回くらいにふと気が付いた。
素直な真っ直ぐだけではダメだと。
ストレート=フォーシームではないのだと。

もう少し早く気が付くべきだった。
こういうところもまだまだ気持ちに余裕がない証拠だと思う。
勝ってる時はいい。負けててピンチになってる時にどれだけ冷静になれるのかということが重要だね。
自分では落ち着いてるとは思っているのだが、まだまだ修行が足りません…


今18:37分!
急遽助っ人の依頼が来た!ナイターだよ!
どうしても1人足りない様子。
こういう時の人集めの大変さというのはよく分かる。
どうしても力になってあげねば…

痛い体を引きずってでも(笑)
ちなみに今日の試合前にスパイクを履いたまま固いプラスチックの上に飛び乗ったら、思いっきり滑ってこけた!
腰を強打して今かなり腫れてる。
試合中は痛みを感じなかったが今になってかなり痛い。
でも試合にはいく(笑)
ツーシームの握りから


最近仕事が忙しくまともに練習が出来ていないのが不安なところ。
さて、試合で投げる時僕はキャッチャーのサインを見る前にグローブにボールを収める。
それからキャッチャーのサインを見てグローブの中で握りを作る。
ナックルを投げない時一番多いのが上の写真のようにツーシームの握りがすぐに出来るようにグローブへセットしている。
ナックルを投げる時は、毎回ナックルの握りがすぐに出来るようにセットしてあるのは言うまでもない。

回の途中でナックルが投げられなくなり、急に普通モードで投げることもあった。
にもかかわらずナックルのサインが出ることもあったりする。
そういう何が起こるか分からない試合展開では常に万全の対応が出来るようにしておきたい。

ツーシームの握りを用意しておいてもサインはナックルだった場合少し焦る。
ボールを全く見ずに手探りだけでナックルの縫い目を探す。
素早く、悟られないように、なおかつ正確に。
普段あまりそこまで練習をしていないのでなかなかうまくいかない。
ボールが回転しまくってナックルの変化が全くないのはまだいい。
一番いけないのが焦って投げたばっかりにボールがすっぽ抜けて死球になるパターン。これは絶対にしてはいけないミスだ。

そこで何か良い方法はないかと考えていたら
少し横にずらして握ってみる

20060921c.jpg20060921b.jpg

するとこれも偶然なのだろう。この握りでもどの指も縫い目に触れていない。
意外とこれでもいけるのでは?と思って投げてみたら案の定投げられた。

よし!これで不測の事態でもあわてることなくナックルが投げられるぞ。
ナックルに心の乱れは命取り。

薬指
20060918b.jpg20060918f.jpg

日が沈むのが本当に早くなったと感じる季節…
朝夕は肌寒い。長袖が必要だね。

そういえば知らないうちにファイル容量が1000MBまでと増えている!これはもうわざわざ解像度を150×150にしなくても十分耐えうる容量だ。
上の写真は正直小さくて何がどうなってるのかよく分からないことさえある。
これからはクリックすれば500×500の写真をみられるようにしようかと思ってる。撮りだめしたやつはそのままにしておいたけど(笑)
だから上の写真はクリックしても大きくなりません…

ナックルを投げる。無回転を投げるというのは普通の投球とは全く異なる投げ方、握り方をしなくてはいけない。
だから5本ある指も、人によってはもう一本欲しい指、全く必要のない指というのが出てくるだろう。
僕の場合は薬指がいらない。無回転にする行程ではむしろ邪魔になる。


20060921a.jpg

上の写真のように薬指はボールの裏側へ隠れているような感じ。
親指の反対側は小指で固定しているのだが、ウェイクフィールドとかは手が大きいので薬指で固定している。
僕の場合手が極端に小さいので薬指の代わりに小指を使っている。
ちなみに上の写真はクリックすると大きくなります。

P革取り付け


ちょくちょく画像をUPしながら更新を続けてみようと思います。
とりあえず撮りだめしてあるやつから少しずつ放出(笑)

昨日仕事が終わってからスパイクの加工をしてもらいに行った。

今履いているスパイクのつま先が削れてくるので、修復キットを使っていたがどうにもこうにも追いつかなくなってきたのでP革をつけることに。
さらに以前から欲しかったカンガルー革のスパイク!
20060919c.jpg
23000円するやつを8000円で購入できたので、これに縫いPをつけてもらう加工も一緒に頼んだ。
どちらも持ち込みだったので加工料はとられたができあがりが楽しみ。
メーカーに送るというので完成まで10日かかるとのこと。

一方の普段履いているやつは打ち付けのP革だったので作業自体は10分。
ウレタン製と牛革製があったので牛革を選択。
サイズは25.0cmなのでSサイズの(~25.0)をつけるのかと思いきやMサイズを持った店員
「これで良いですね」と。おいおい大丈夫なのか?
まぁ、餅は餅屋というようにここは店員に任せた。

早速できあがったスパイクを見て思った。
「P革とスパイクが浮いてるんですけど…」
でもここは何も言わずに立ち去る。さてどうしたものか。
たぶんこの隙間からかなり砂や小さな石が入るんだろうな~

がしかし!良いことを思いついた。
といってもぴったりサイズにしたところで縫っていない限り隙間は必ず生じる。
その隙間に砂や石が入らないようにするには、この隙間を埋めてしまえばいい。
おうおうおう!すべて想定内よ!

つま先のリペア剤。
乾くとゴムっぽい素材になって固まるので、P革とスパイクの隙間に塗れば完璧ではないか?と。
ただ突っ張った感じになるとちょっと困るかな。


唐突だけどこの前買ったバッグ
20060911.jpg


無回転率
20060919a.jpg

チームでファーストミット(以下Fミット)を購入した。
キャッチャーミットの調子が悪く、この前の試合でマッスルはキャッチャーでFミットを使用した。
本来のルールではFミットはファーストのポジション以外で使用することは出来ないが、この前審判の方に伺ったところ
「市で開催するような試合では別にかまわない」との返事をいただいている。
もうお墨付きであるのだ。
このチームで県の大会に出ることは100%無いので、これからはFミットを使用することになりそうだ。
今までマッスルはキャッチャーミットを使っていたのだがどうにもこうにも弾きまくり。しかし先日の試合では1回も弾かなかった。

そこで今回新たにFミットを購入したわけだがメーカーはハタケヤマ。
さすがに到着して2日目。まだまだ固い。
しかし得意の(?)スチーム加工で十分キャッチボールが出来るようにまで仕上がっている。今度の日曜日の試合までには十分間に合いそうだ。

さて今日は「無回転率」を調べてみた。
まだ肩の調子が思わしくないが軽く投げてるうちにだんだんと本気になってしまった(笑)
どうせだからとデータの取得に踏み切った。

○=0~2回転
△=3~5回転
×=6回転以上
というように分けてみた。今日も午前と午後に分けてのデータ。
午前中は突如調子が悪くなったので早めに切り上げてしまったが…

×○○△○△△○×△○○×○○○○△△○○○○○○○○△○○○××○××○×○○○○×△△○○××○○×(午前中)
△△△○○○○○○△×××△○△○○×△○○×○×○△○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○△○○×○○△○△○○△△××△×△○△△○○○×○△○○○△×○○○○×(午後)

全136球
○=83球(61.0%)
△=28球(20.5%)
×=25球(18.5%)

こうしてデータをとってみるとよく分かる。
思ったより無回転率は高くなかった(笑) 途中つぼにはまって連続20球とかあったんだけどなぁ~。逆になかなか投げられなくなった時もあったんだけど。
これからは無回転率を増やすように頑張ればいいのか、それとも失投率を下げることの方が先決なのか。

今回の結果でストライク率が48%で無回転率が61%
全くお話にならない結果となってしまいました…
ナックル一本で1試合を乗り切るにはほど遠い数字ですな。
最終目標はストライク率60%無回転率80%というところかな。

100円のボール


涼しくなってきたので締め切ってエアコンをかけていた生活から、網戸生活へと変わりつつある。
そのせいなのか部屋に蚊が出始めた!(笑)
蚊を寄せ付けないようないろんな商品が巷であふれかえっているがうちには何もない…う~む。
どうしようかと思っていたらふと思い出した。
そういえば何年か前に蚊取り線香を買っておいたはず!それを使おう!
と玄関付近を探していたら100円ショップに売ってあったボールを発見した。(蚊取り線香は見つからず)

おー!これは硬式ボールっぽいがいかにも100円っぽい!(笑)
重さだけは硬式と同様かもしれない。
でもこれを使って握りの写真をUPすればわかりやすいかも?
と早速使ってみた。

僕の握りの特徴は
1)二本指を立てる
2)薬指を全く使わない
3)親指と小指で挟む
4)どの指も縫い目に触れない
とまぁこんな感じだろうか。

いいボールが見つかったのでこれから握りをいろんな角度から撮っておこうと思う。後々この写真を見てふと何か思い出すかもしれないしね。

サロメチール
20060918d.jpg

昔はよくお世話になっていたサロメチール。
何かあれば塗っていた記憶がある。
草野球を始めたばかりの頃は体が思うように動かず、試合をする度に体中が筋肉痛になり、肩が上がらなくなっていた。
もちろんそんなときはこれにお世話になる(笑)
さて、サロメチールには2種類あって赤色と緑色とがある。
いかにも塗りました!というのは赤色の方でひりひりする感じがする。
一方のソフトと書かれた緑色の方はあまり塗った気がしない。

赤い方には
うちみ・ねんざ・関節炎に
緑の方には
肩こり・腰痛・筋肉疲労に

と書かれてあるのだが、赤い方には「スポーツ前後の筋肉ケアに」とある。
これを塗ったことがある人は分かると思うが、塗った後で汗をかいたり、風呂にはいると強烈に熱痛い(笑)
スポーツ後なら話は分かるが、スポーツ前にこれを塗っても大丈夫なのだろうか?イメージキャラクターをつとめる横峰さくらはゴルフの試合前に本当にこれを塗っているのだろうか?(笑)

そこで今日は久々に夜走ることにした。
どうせだからと肩に塗り込んでランニングを開始したわけだが…

たぶんこれを塗れば血行が良くなり、疲労を残さないという効果があるのだと思う。しかしこの熱さというか痛みというか…これで競技に集中できるのか?
試合前に肩に塗っておくべきなのか?(笑)


さて、今度の日曜日は公式戦が控えている。
さらにその前日の土曜のナイターに助っ人で呼ばれそうな雰囲気。
試合が盛りだくさんで楽しみ楽しみ。

本当は肩の調子が思わしくないので休肩日にしようと思ったのだが
軽く30球ほど投げた。
真新しいボール。特に土も何もついていないボール。
キュッキュッとするようなボールはナックルが投げられない事が分かった。
親指の球離れが悪いというか変に引っかかるようだ。
試合中は多少なりとも土なりロジンの粉なりがついているのでこの点はさほど気にしない!(たぶん大丈夫だと思う)

低めOK!?
さすがに今日は肩が重かった。
まだ肩の痛み(四十肩なのか!?)もあるし無理は禁物。
でもなんだかんだ投げて1日のトータルでは100球は投げてると思う。

前回はコントロール率を調べてみた。
次回は無回転率を調べてみたい。

コントロール率を調べていて改めて思うことがある
まずボールになるには3パターン。
(1)抜けて右側へ行くボール。
(2)鋭く落ちて低めのボール。
(3)左にスライドしてボール。

(1)は論外だが、(2)と(3)は投げた瞬間はストライクになるはずのリリースポイントだったはずだ。
落ちないかもしれない。落ちるかもしれない。はたまたスライドするかもしれない。
いろんな変化を想定してとりあえずど真ん中を目がけて投げる。
予想以上の変化をしてしまえばボールになってしまう。これは仕方のないことだ。
出来ることならもう少し球速が上がればコントロールももう少し上向く気がする。今の感じは「トロリン」とか「ズルー」とか「ホワーン」というような変化。変化の幅が大きい代わりにキレがない。
球速が上がれば「クイッ」とか「ササッ」というような変化をしてくれると思う。変化の幅は小さいが変化そのものにキレがある。
言ってみれば打つ瞬間にボールが消えるような感じだと思う。
ボールが飛んでくるであろうと予測した軌道上にボールがないのだから。
それでもこの前は落ちて低めのボールがたくさんあったので
それはそれで良かったんだと思う。高めにすっぽ抜けたのでは何にもならないから。
どんどん低めにボールを集めて、たまに落ちないナックルなんて言うのもおもしろい。落ちないんじゃなくて伸びてくるようなボール。滅多に投げられないけどね。


それと無回転率。
まだやってないので分からないが、今の予想だと70%くらいだろうか。
壁当ての場合、投球間隔が非常に短いので、無回転にキッチリはまれば10球連続無回転とか行きそうだし。ま、その逆もあるから気をつけないといけない。

コントロール率
今日もなんだか肩が痛い。
腕を下ろした状態から真横よりやや前くらいの角度から腕を上げると痛む。
なんだか四十肩になったようだ。というか本当になってるのかもしれない…
四十肩の詳しいことは全く知らないんだけどね。

でもボールを投げる分にはさほど影響はしないようだ。
痛くなったらすぐやめると自分に決めて今日はコントロールがどのくらい自分にあるのか試すことにしてみた。

ストライクゾーンに入れば○外れれば×と一球ずつ紙に書いていった。
その全記録。途中(46球投げたところで)昼休み休憩を挟んだけど。

「○××××○○○×××○○○○○○×○○○××○×○×○○×○○××○×○×○××××××○」「××○○××○××○×○×○×○×○○×○○×××○○×○○×○×○×××××××○○○○××○××○×××○○○○×○○×○××○○○××○×○○○×○○×○○○×××××○○××××○××○××○××○○○××○○○○○××○×××××××○×○○××○○○」

全178球
ストライク85球
ストライク率47.75%

夢中で投げてたら思ったより投球数が多かった。投げすぎかも…
最後の方は集中力が切れてしまったのと、指先の感覚が鈍くなってきていた。ただあまり疲労を感じないのはナックルの特徴かな。
肩の疲労度は普通の投球に比べ本当に少なくてすむね。

まぁとにかく明確な目標が出来たね。
まずはストライク率50%だ。

試合と練習
ここのところ雨ばかりの天気が続く。
今日は全く投げなかったので昨日投げたことを少し。

マッスルに座ってもらってナックルを投げ込んだ。
ストライクが入るように意識をして投げていたのだが思いの外良い感じだった。
ハマオにバッターに立ってもらって投げてみる。
さすがにバッターが立つと投げづらい。
すっぽ抜け=即死球となるだけに余計に意識をしてしまう。
これはいけない癖だね。練習をたっぷりこなして癖をとらないといけない。
ここで少し気が付いたのだが、キャッチャーにはいつもナックルの時は真ん中に構えてもらっていた。しかしボール2つ分くらい外(ピッチャーから見て左側)に構えてもらうと投げやすい。
あ!っと思ってすっぽ抜けても避けられる範囲。
ただその分外角へ逃げるような変化をするボールが行くと危ないかもしれないけどね。

投げた瞬間「あ!いいかも!」と思うようなリリースの感触がある。
そういう時は「の」という字を鏡で映した逆の文字の軌道で変化するようなボールが行く。
あぁ~説明が難しい。そんな文字は登録されてないし…
「P」をよこし倒したような?…うーむ(笑)
まぁなんかすごい変化をする時があるんだけど
そういうのは試合では決まって変化してくれない!あぁ_| ̄|○

ブルペンで投げるナックルと試合で投げるナックル。
本当は同じでなくてはいけないのに、どうも違うような気がする。
余計なプレッシャーが体にかかってるんだろうか
そのせいで微妙な指先の感覚を狂わせているのだろうか。

まぁ何にせよ試合でのナックルは試合で経験していくしかない。
そもそも試合で投げられる環境にあるだけでも自分は恵まれているのだろうな。

しかし週間天気予報はずっと晴れのマークがないぞ?大丈夫なのか?

送りバント


日曜日の朝気が付いたら届いてました(笑) いつの間に届いてたんだろう…
でもまぁよかったよかった。そして朝7時集合だったので6時に家を出た。
昨日の話ね。


予報では雨。しかもかなり降るらしい。
でもこの段階では雨は降ってない。出来そうな予感。よしよし。

結果的に1試合目は消化できたが2試合目の場所を移動した先での試合は土砂降りの雨で中止になった。

そして1試合目。
第一打席。1アウトランナー1塁。
ピッチャーは球が遅い。球筋に癖もない。
ねらい球を絞っていけばヒットが打てる可能性は40%と見た!(笑)

しかしここは0-0の同点という場面から先制点をと
ノーサインから送りバントを選択した。
久しく試合で送りバントをしてなかったので良い機会かなと。
助っ人に来た分助っ人に徹する(笑)
サード側にしたバントは成功。ランナーは一気に空いたサードまで進塁。
役目を果たす。(その後点は入らなかったけど)

2打席目。センター前のポテンヒット…(笑)

そして3打席目。
またもやランナー1塁。
前回はバント自体は成功したもののピッチャーが捕ってしまった。
今度は確実にサードに捕らせるバントの練習だ!
ともう1度バントをしようと試みた。
1球目。外角見逃せばストライクか!?というきわどい球。
とりあえずここは見送る。判定はボール。(でもたぶんストライク)
2球目。バントの構え。そしたらファーストが突っ込んできた!

「おいおい!激しいな!こりゃ打つしかねー!」と急遽バスターに切り替えた。
しかし一瞬判断が送れた。打球を引っ張れることが出来ずレフト方向へ。
しかもフライ気味…

ここで大きなミスをしてしまった。
実はファーストが突っ込んだのを見たファーストランナーはスチールしていた。
ピッチャーとファーストの動きに目をとられ、ランナーまで気が回らなかった…完全な僕のミスだ。
しかもゴロならまだしもフライときたもんだ。
結果的には少し深い守備位置だったレフトの前に落ち、ヒットとなった。結果オーライだが反省を残す内容となってしまった。

しかし野球は奥が深いね。
こういう勉強になる場面に出くわすとワクワクしてしまう。
まだまだ予想できない場面とか考えさせる場面に遭遇するだろう。
だから野球はおもしろい。

ナックル相変わらず練習してます。
でもまだ肩の痛みが取れない。でもボールは投げられる。
あまり無理はしないようにしたい
もう無回転で投げられているのかどうか気にすることはやめて
コントロール一本に絞って練習しても良いかもしれない。
ある意味分岐点にさしかかってる気がする。
ここで間違った選択をしてはいけないかのな?(笑)

左足を少し曲げる
日曜日は助っ人に呼ばれているのだが雨っぽい。
7時に待ち合わせと言うことなのでもう寝ないといけない時間。
肩の調子もあまり良くないので出来れば中止がありがたいがそういってられない事情もある。
まぁ、ピッチャーをするわけではないのでさほど気にしなくても良いかなとも思ってるし、好きな野球を楽しもうという考え。

とりあえず今度の公式戦がある17日までには万全の体制にしておく必要はあるけどね。
そういえば今月の公式戦の日程だが7日、17日、27日となっている。
全部7の付く日だね~偶然だけど。
17日に勝つことがあれば24も試合がある。その場合は中2日という事になるから少しやっかいだ。

もしも10日に雨が降り組まれていた公式戦が中止になれば
17日の予定が一週間ずれることになるので24日になる。
いろいろと日程が詰まってて雨一つでスケジュールが大幅に狂ってしまうこの時期は家族持ちはみんな大変だと思う(笑)

「ちょっとあんたー!野球ばっかりしてるんじゃねーよ!」とかいろんな所から聞こえてきそうだ(笑)

あ、そうだ。1つ
バッティンググローブなのだがデサント製のはやはり使いづらい。
最初に使っていたミズノが自分には良い。
そのバッティンググローブの横が裂けたので買い換えを決定したのだが
裂けた部分を縫い合わせ、ハマオにあげた。
ここ2回借りて打ってみたところホームラン1本と3ベース1本。
こりゃもうデサント製と交換してもらおうかな(笑)
まぁ、それもなんなので新しいのを購入した。
まだ手元にはないが公式戦には使いたい。
でもホントはこの10日に使いたかったのに…早く届かないかな。
値段はジュニア用だから安いしね(笑)
でも高級素材の大人用が欲しい。サイズが合えばの話だけど_| ̄|○

ナックルは相変わらずこれといって書くことも無し。
ここに来て安定期というか投げ方に変化はなく、今の自分のナックルをもっと自分に合わせるように投げ込むだけの段階というか。

あ、そうだ。でも今日投げてて気が付いた。
やはりステップの幅は狭い方が良い。
そして踏み出す左足はリリースの瞬間少し曲げるくらいが良いみたいだ。
この左足の少し曲げる感覚をこの前の試合の時は忘れてしまっていた。
今日になって気が付いた。やっぱり日頃からの継続した練習は必要なんだと改めて思った。

よし!どんどん練習しよう!頑張るのみ!
時間がないので書き殴ってしまいました。
読みづらいでしょうが今日はこれにて失礼します。


トレの効果かな?
さすがに今日は肩が上がりません…
原因は昨日の試合でのハリ。
肩が痛いという痛みはほとんど消えました。湿布を貼ってれば治りそうな勢いです。

今日はボールも投げなければバットも振らない何もしない1日だった。
ただゴムチューブトレと、加圧トレとスレンダートーンをした。
スレンダートーンなんてはじめはなめてかかっていたのだが
ふと気が付くと確実に腹筋部分の筋肉が肉厚になってるよ!(笑)
腹筋と外腹斜筋との境目が今までと違う。
脂肪が無くなれば何もしなくても腹筋は割れるが、ここの境目がはっきり出るためにはある程度の腹筋が必要だと思うし。

それがただ単に腹筋の筋力が上がっただけでは何もならない。
腹筋を野球用にカスタマイズしなくてはいけないが
これも普段ボールを投げたりバットを振ったりしてれば自然に腹筋が覚えてくれるだろう。
もしかしてその効果もあるかもしれないが昨日のストレートは過去最高速だったと思う。
全力投球でもストライク取れたしね。

何事も言い方向に考えるとしよう。
トレーニングの効果が出てると思った方がこれから先もトレーニングを続けられると思うし。

とりあえず今日は何も書くことがない…

勝った
今ナイターの試合をこなし帰ってきました。
負け負けムードだったのですが5-4で勝ちました。

さて今日の投球内容。
まずはナックルから。
1にも2にもブランクがありすぎた。急に投げて投げられるもんじゃないね。
それでもやけくそで投げてた。変化とかようわからんかった…
良い時のナックルは投げた本人でも分かるくらいに変化するが、今日は全くそんな感じは見受けられなかった。
ナイターだったのでボールが回転してるのかどうか分からなかった。
もっとも回転してるのかどうかを確認することをやめていた。
ただミット目がけて投げるのみ。
それでもストライク率は5割なかった…。このあたりの練習不足は否めない。

しかしここ何日か投げていなかったせいで肩は軽かった。
ストレートもかなり走ってたし、申し分ない出来だった。
ナックルのスローボールを意識させておいての速球勝負。
合間を見て縦と横のスライダーで三振を取るとかが良かった。

まだナックルに完全なる信頼を置ける球種にはほど遠い。
それでも試合で投げることによって見えてくることもあるのでこの先もどんどん投げていきたい。失敗をおそれずにね。

それとここ最近の組み立てだが、前半はのらりくらりで乗り切って、後半からストレート中心でグイグイ尻上がりに球速を増すのも悪くないと思った。
いろんな組み立てかたがあるからその中で最善の方法を探ればいい。


それと気になっていた肩の痛み。
一時どうなるかと思ったが、試合前に痛み止めの市販薬を飲んでおいた。
それが効いたのかどうかわからないけど試合中に痛みは感じなかった。
明日の朝めちゃくちゃ痛いかもしれない。
今できることは加圧トレをして血流を良くし老廃物をためないことと湿布を貼って寝ることくらいかな。

次の試合は17日。
その前に10日にまた助っ人を頼まれているのだが10日は雨っぽい。
それまでゆっくりと肩を休養させよう。


おっと、そうだった。
今日ハマオがライトとセカンドの間にフライを捕りに行った(ハマオはライト)
セカンドと変な譲り合いになってハマオがボールを目に食らった。
かなり腫れててやばそうな感じだ。
本人は大丈夫といってるがここは大事をとって明日朝一番で眼科に行くように進めた。問題なければ問題ないと言ってもらわないと安心できないからね。
しかし目に食らったのはこれで2度目。どうしてそんなに目に当たるのだ??もっともっと練習しような。ハマオ(笑)

明日は降水確率0%
予定としては今日の段階でほとんど痛みはなく、明日に完全復活という事だったのだが、今日も少し痛みがある。
う~む。早く治らないものだろうか。
明日の試合どうしよう…投げられないことはないのだが。むむむ

治療法もよく分からないのでとりあえず風呂に入ってマッサージ。
軽く湯船の中で肩を動かす。(ちなみにこのときは痛くない)
熱くなってくるのでいったん出て水のシャワーで冷やす。
そしてまた暖める。そうして肩の血行をよくしてやる。
今は湿布を貼ってる。もう大丈夫だ!明日になれば絶対治ってるはずだ!


まぁ、こうしたことは過去にも何度かあった。
体が野球をする事に適してない状態というか、まだまだ鈍っている段階で。
本当に肩が上がらなくなって泣きそうに痛い時もあったし。
妙な違和感がずっと続いたこともあった。
でもそうしてだんだんと体が野球に対応するようになっていった。
今回もこういう類のものだと思う。
痛みには全く心配していない。むしろ明日の試合でいいパフォーマンスが発揮できるかどうかの方が心配だ。
相手は早朝野球準優勝(同じ3部で)のチーム。
どう考えても勝てない(笑)
ただ手も足も出ない試合じゃなく善戦した試合がしたいしね。
もちろんナックルも試したい。前回は消化不良だったので。

それにしてもナックルを投げないことには新しい発見もなければ目新しいネタとなる話もない。辛いところ。
まぁ、痛みが無くても今日はずっと雨だったし。
あ、そうだ明日の予報は雨から曇りへと変わった。
このままだと曇りもなくなり晴れになりそうな勢い。
晴れても曇ってもナイターだから関係ないけど(笑)

今もう一度確認したら曇りのち晴れに変わってたよ!
しかも降水確率は18時から24時まで0%になってるし!
雨で流れると言うことはもう無いと言うことか。ちっ!


ナックルを投げようと頑張ってる人は多いと昨日書いた。
その中に実際試合で投げてる人はどのくらいいるのだろう。
問題は無回転よりもコントロール。
50%くらいはストライクが入らないと話にならないのだが
実際投げてる人はどうなんだろう…とかなり興味がある。
出来ることなら投げてもらって打ってみたい(笑)


最後にとりあえず1つだけ。
明日の試合向かい風になってくれとは言わない!
ただ追い風だけにはなってくれるな!たのむよ!(笑)

左右のバランス
昨日よりはだいぶ良い。
このままだと木曜日は投げられそうな感じさえする。
しかしここに来て木曜は後半から雨という予報(笑)

ただ試合まで全くナックルを投げない状態で、いざ試合で無回転が投げられるのかどうか心配でもある。
とりあえずボールは握って感覚だけでも忘れないようにとはしている。

そしてここ2日間はこの右肩が上がらない時期を利用し、徹底的に左肩を鍛えている。
ゴムチューブを使ったインナーマッスルの強化とかいろいろと。
投げるのは右だから右側だけを鍛えていればいいと言うことではない。
普段からも一応左右はしているのだが、どうしても左肩の方は気がゆるんでしまう。
だからこそこの時期を利用しない手はない。
しっかり、みっちり左を鍛え直し左右バランスのとれた筋肉を作っていこうと思う。
パフォーマンスの向上だけではなく怪我の防止とかにも役に立つ。

そういえばナックルボーラーになろうとしてる人って意外に多いことに気が付いた。そういったブログも多いみたいだし。
やっぱり軟式ボールの形状が変わったのが大きな要因なのだろうか。
それともメジャーを見て刺激されたのだろうか。
まぁ、なんにせよ簡単なことではないのでみなさん一緒に頑張りましょう。

デジカメを持って帰るのを忘れてばかりいると書いたが、もしかしたら無くしてるかもしれないことに気が付いた。
はて…どこにしまったっけ……_| ̄|○

朝起きて
なんとなく痛みが少なくなってる!!
やたー!

ただそれだけー
肩…続報
朝起きても肩の痛みは取れない。仕事に影響が出そうな雰囲気だが、この時期あまり忙しくないので助かった。
それでも早く治したいので午前中近所の整骨院へ行った。

症状を伝え、低周波治療。
最後はテーピングを貼って終わり。
別に痛みの原因を追求するわけでもなく、なぜこうなったのかも聞かず。
電気を当てれば治るという強い信念の治療法だろうか(笑)
まぁいいんだけど。

問題は木曜までに治るのか
試合で投げられるのかということなのよ。
右腕を左腕で持ち上げても痛くないことから関節の痛みではなく筋肉の炎症ではないかと思われる。
ベストは7日が雨で流れることだろうか(笑)
ちなみに予報は6日が雨になってる。

しかしボールが投げられない日というのは退屈だね~
マッスルとハマオがボールを投げてるのを見るとうらやましくさえ思う。
で、その2人と年配1人の3人がナックルに挑戦した。
といっても5mほどの距離の壁に向かって無回転ボールが投げられるかどうかというゲームみたいなもの。
3人並んで無回転を目指し投げまくってる光景はどう見ても変だった(笑)
いったい何の練習をしているのか全く分からない。
しかも誰一人として無回転にならない(笑)
でもそんな必死に練習する姿を見てたら元気が出てきた。

そういえば昨日の助っ人に行った時、そのチーム内でキャッチボールをしている2人がいた。
特に気にかけていなかったが、「俺のナックルどう?」と聞こえたものだからこれは見なければなるまい(笑)

いきなり無回転なのか?と思ったがボールの回転数は少ないものの回転はしているようだ。これは是非無回転ボールを体験させてあげなくては!(笑)

向かい風も手伝って良い変化をしてくれた。わずか数球だったが喜んでもらえたので満足♪


とにかく今は肩の痛み。
昨日より今日、今日より明日、明日より明後日と治って行きますように。
とりあえずサロメチール塗って寝る!

肩の痛み
今日は試合なでの朝イチで壁にボールをぶつけてみた。
背筋痛があるかどうかを見るために。
幸い背筋痛はあまり感じられなかったが、その代わり今度は肩に違和感が。
三角筋を使う動きをすると痛い。
ボールを投げると痛くない。
なんかおかしな感じだが肩が痛いのは事実のようだ。

そして試合開始。
サードを守ったが後半から少し肩の痛みが強くなってきた。
なんとか試合を消化し帰途につく。

そして現在21時過ぎ。
揉んだり塗ったり湿布を貼ったりしているが痛みが引かない。
引くどころか強くなってきている。
外側よりも中の方が痛い。関節痛なのか?と思うがボールを投げても痛くないのがよく分からない。
とりあえず7日に公式戦があるのでそれまでに痛みが引くことを祈る。
もっと言えば明日朝起きると治ってると良いんだけど…
ただの筋肉痛でした。みたいな感じが一番良いのだが

あぁ~肩が上がらない。
なんなんだこの痛みは…_| ̄|○

1回転がベストかな
明日は試合に呼ばれているというのにヤケに筋肉痛だ(笑)
背筋痛はまだ治らない。でも動けないと言うことはないので明日の試合はやる!

ここ最近デジカメを忘れてばかりだ。
せっかく写真が載せられるのだから載せたいんだけど…本体を持って帰るのを忘れてしまう。うーむ

今日は軽くナックルを投げた。
暇さえあればボールを握ってる。
その度に少しだけ投げる。良い感じで投げられたらすぐにやめて、投げられなかったら投げられるまで投げる。
とにかく良い感じで終わらせるというのを心がけてる。

軽く投げても右肩胛骨下付近の背筋に違和感がある。
ストレートなどを投げると特に違和感はない。
逆に言えばナックルを投げる時だけ右側の背筋を使っていると言うこと。
無回転にしようという意識が微妙な筋肉の使い方の違いに現れてるのだろう。
さらに言えばもっとこの部分の筋肉を鍛える必要があるということか。


ナックルを投げてる人は分かると思うが、完全な無回転はあまり変化をしない。
良い変化をするのは1回転くらいがベスト。
少し前は1/4回転くらいがベストなのかなと思っていたが
この前撮った動画(UPしたやつじゃなく高画質バージョン)で確認すると1/4回転ではあまり良い変化は期待できないような気がする。
S字に変化する時などは1回転くらいしている。
もちろん回転軸、回転方向にも影響はされるけどね。

ただ投げる時は完全な無回転が投げられるように投げる。
ま、そうしても結果的に少し回転して良い感じになるんだけどね。
ストレートのサインが出てキャッチャーがど真ん中に構えたとする。
でも思いっきり投げるとどこかに少しそれて結局良いコースに決まるという感じに似てるかな。

そういえばここ最近ランニングをしてないな。
基礎体力を上げるためにも走りたいところだけどなかなか時間がとれない。
なんとかせねばー

練習のための練習ではない
今日は少し本格的に投げ込みをした。
ただ闇雲に投げ込みをするのではなく1つテーマを持って投げてみた。

無回転のボールを投げられるようになったとする。
ストライクもある程度取れるまで上達したとしよう。
そこでピッチャーとしての選択肢は大きく分けて2つ。
1つは投球のほとんどをナックルが占めるナックルボーラーになること
もう1つはあくまでも変化球の1つとして球種を1つ増やした形だけをとる。

どちらが正しくてどちらが間違いということはない。
どうするかは自分がけが決められる選択だ。

そこで今日は前半はナックルばかりを投げ込んだ。
そして後半はナックルをほとんど投げず投げ込んだ。
ストレート、ストレート、スライダー、ストレート、ナックル
と普通の投球をしていていきなりナックルを投げた場合でも無回転に出来るのか?ということが知りたかったためだ。
で、予想通り難しい。なかなか無回転にはなってくれない。

そこで無回転にならなかったナックルから、無回転になるナックルまでいったい何球くらい必要なのか?ということも知りたかった。
1球投げただけで修正できるのか、それとも5球くらい必要とするのか。
もちろん少ない方が良いに決まってるがやっぱり4~5球を必要とした。

最初からナックル主体であれば修正にあまり時間はかからないが、そうでない場合は時間がかかる。

実際の試合においては何が起こるか分からない。
常にあらゆる準備と対応が出来るようにしておくのが普段の練習の意味だと思う。
練習のための練習では意味がない。
試合のための練習でなければいけないのだ。

難しいから出来ない…で終わっては何も生まれない。
なぜ出来ないのか、出来るにはどうすればいいのか。と考える癖をつける。

ナックルボーラーになるための近道など存在しないと前から言っている。
一歩ずつ確実に努力をしていく物だけが手に入れられる魔球。
故にナックルボーラーへの道はとてつもなく険しいがそれ以上におもしろい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。