揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日最初の二球まで
その日の第一球目は緊張する。
しかし肩も暖まってないから山なりの遅いボールになってしまうのは仕方がない。
しかしそういう時は決まって無回転になるのだ。
二球目もほとんど無回転。

「お!今日はやたら調子が良いのかも!?」と思った三球目にボールが回転してしまう。毎日これを繰り返しているような気がする(笑)

でもなんでこんな事になるのだろうかと考えてみた。
肩が暖まってくると腕を振る速度が上がるからか。
遅い山なりのボールと、速度のあるボールは投げ出し角度が違うからか。

そこでまたいろいろと試してみたくなることがでてきた。
文字ではうまく表現できないが、そのうち良い表現方法を思いつくと思う(笑)
今の段階で強いて表現するとしたら
体重移動を少なくし、上から投げ下ろす(押さえ込む)ような投げ方ではダメで、投げる瞬間左足の膝を曲げ重心を少し下にして投げ出し角度を少し上にするみたいな感じだろうか。


あと今日はショルダーバッグを買った。
今までは高校時代に使ってた二段式のセカンドバッグ。
下段にスパイクを入れるタイプのやつ。
まだまだ使えるが、いろんなものを入れていたら容量が足りなくなってきたからねー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。