揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押す方向
もっともっと手になじみ、もっともっと自然な握りで楽なリリース。
これを手に入れるべく毎日の練習があるような気がする。

今日は二本指の力の入れる方向に気をつけてみた。
以前にこのブログで同じ事を書いたが、全く今日も同じだ。
その時に使った画像をもう一度使用してみる。
もちろん今とは握りが違うが、二本指の関係は同じ。
20060319a.jpg

普通に握ると赤い矢印の方向へ力が加わる。
しかしこれではうまくいかないことが多い。
手前にずれたり奥へずれたりしてしまうと完全にアウト。
そこで前に押し出す(押して抜く)を意識する。
20060319b.jpg

そしてこの矢印の方向へ力を入れるとリリースの瞬間ボールを素直に押すことが出来る。
ボールの進行方向へ力を向けてやるといいようだ。

さすがに今日は試合の翌日ともあってあまり無理は出来なかった。
明日から少しずつ練習を積み重ねていこうと思う。

ハマオとマッスルは本格的にバンドの練習を始めたようだ。
うんうん。良いことだ。

1部と3部の違い。
技術的なことはもちろんだが、試合を見ていて気が付くことがある。
それは送りバンドをするかしないか。
3部はみんな打ちにくるが、1部はしっかり送ってくる。
1部はちゃんとバンド処理も出来るが3部はバンドをされただけであわてる。
練習試合ならまだしも公式戦は勝ちに行く。
これからはどんどん送りバンドを取り入れていこうと思う。
1試合でも多く試合がしたいからね♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。