揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝ぼけて怪我
20060817b.jpg

夜中に目が覚めた。3時頃だったかな。のどが渇いたのでお茶を飲もうと台所へ。
冷蔵庫で冷えたお茶をコップ一杯飲んで、また布団へ戻ろうとしたその時!
ドアの下へ左足の薬指が巻き込まれた!!
「いてーー!!」と寝ぼけていたが一気に目が覚めてしまった。
爪とか皮膚とか何もかもえぐられたんじゃないのか!?
と思って足を見てみたが、外見は何ともなし。
ただむちゃくちゃ痛い。ズキンズキンと痛む。
でもやっぱり眠気が勝ってすぐ寝てしまったけど(笑)

さて今日も練習だ。
しかし左足を踏み出すと痛い。
靴の先端に痛めた指の爪が当たってズキンと痛む!おいおい!
それでも頑張って投げてみた。

いつも握りやリリースに意識を置いているのだが、今日は「肘」に意識を置いてみた。
肘の使い方がもしかしたら良くないのかもしれないし、いろいろと試してみることで新しい発見が出来るかもしれないし。

結果的になんか感覚的なものが得られたような気がする。
良かったのか悪かったのかとかそういうのではなく、肘に意識を持っていくことで今まで感じることの出来なかったリリース感覚。
それに伴い握りの微妙な変化も試したり。


それにしても今の握りははっきり言ってよく分からない。
なぜ無回転になるのかが分からない。
いままで無回転にするには「相殺」という言葉を使ってきたが
この握りには相殺という言葉は当てはまらない。
弾くのではなく押していると言うことなのだろうか。
爪を立て気味なのになぜ爪に負担がかからないのかも分からない。
よく分からないけど無回転になっている。
とにかく分からないことだらけ。
高速度カメラでリリースの瞬間でも撮ってもらえれば分かるかもしれない。
でもそんなの持ってるわけ無いしね。

今までは「どうやって無回転で投げているの?」と聞かれると
ボールを使って「これがこうなってこういう感じになるから…」と説明できていたが、いま同じ質問をされても
「なんかよく分からないんだけど…」と答えるしかない。


今度の試合19日はなんと「雨」の予報…_| ̄|○

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。