揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく
何となくではあるが投げ方がわかってきた。
そして雨が上がった夕方に今日はキャッチャーに座ってもらい投げた。

いい!
速度もコントロールも無回転率もいい方向にきている!
まだまだ100%の出来ではないが確実にいい!

3日にナイターを申し込まれているが予報は雨。
もし試合が出来ればナックルを投げられるところまで投げてみるつもり。
1,2週間前はナックル自体が投げられず、試合なんて考えられなかった。
「手のひらで」という事を意識してからよくなった。
後はいろいろとあるのだが言葉や文ではうまく言い表せない…
それでもいったん投げられるようになると、今の投げ方をもう一度すればいいだけだから自然と無意識になってくる。

手首は完全固定ではなく固定気味
指先は弾くのではなくボールに乗せる
上体は腹筋を使って前に倒す

今のところ強いて書くならこのくらいだろうか。

少ない練習時間だがそれを活かしてどんどん無回転率を高めたい。

スポンサーサイト
手のひらで

20060628d.jpg
20060628e.jpg

これは手首の前後の角度調整。
手首を固定するとかしないとかいろいろと投げ方はあると思う。
自分の投げ方にはどの投げ方があっているのかを探し出さないといけない。
これが正解というのはなく。無回転になれば正解なのだ。
とにかく試せることはすべて試すのがいい。しかも根気よく。

そして練習をしていて気がついた。
今までは指先の感覚だけで投げようとしていた。
実はそうではなく「手のひらを意識」することですごくうまくいった。
手のひらで押し、最後に指先で調整すればいい。
最初から指先で押そうとするとやはり爪に大きな負担がかかる。
でも手のひらで押すと言うことを意識してからはこれまた指への負担が減った。
以前投げていたような感覚に戻りつつある!
だから球速も出せるし、変化も大きくなる。

いい感覚がつかめてきたのだがさすがに今は梅雨。
雨の日がこれから続きそうだ…
左右の角度
20060628b.jpg

おとといの寝る前だったかな。
ふと気がついた。
手首の角度のことなんだけど前後に傾けていろいろ試すことは今までいろいろとしてきた。
でも左右に傾けて試したことが一度もないな~って。
中指に負担をかけないと言うことで考えれば右方向へ傾けてみるのもありではないか?と。
そしたらこれが新しい感覚というかいい感触というか。
しかも中指への負担も明らかに減った。

上の写真で、左が通常で右が傾けた写真。
微妙な差ではあるが、この微妙な感じがナックル(無回転)を投げる上で重要になってくる。
とにかく自分にしっくりくる投げ方を探すのが無回転への近道だと思う。
どこかに負担が大きくかかったり無理して投げてもいずれ投げられなくなる。
安定した無回転を投げられるようになるには避けて通れない道。
無回転が投げられた時というのは投げた瞬間わかるもの。
ボールに腕の力が100%乗り移ったような感じになる。

今日は10m位の距離でその感覚を得ようと投げてみた。
まず10球投げて何球無回転状態になるかも参考にした。
そして10球中7球いい感じだった。
しかしそれ以降は全くだめ。長続きしない。
そして距離を伸ばして18m位で投げるともう全くだめ。


あぁ~まだまだ先は長いかぁ

100球投げ込み


これは早朝野球の1日前にバッティングセンターへ行った時の様子。
マッスルの左打ち。
左に変えて間もないわりにはそれなりにそれなりになってる。
後は実践で慣れるのみ。

さて今日は雨。
しかし仕事が終わることには雨がやみ、キャッチボールが出来た。
昨日試合だったにもかかわらずさほど肩も重くない。
以前は試合翌日には肩も上がらなくなるほど疲労がでていたのに…
だんだんと体も慣れてきたのかな。
しかも最近のジョギングで基礎体力も少しUP?
心肺機能が向上したのかな。疲れもあまり感じない。
これはいい兆候!?

早朝野球大会での負けがいい方向に出てきているのかもしれない。
これで気をよくせずにもっともっと体をいじめ抜かないと。
もうあと5%ほど体脂肪を落としたいのだがなかなかうまくいきません。
ついつい空腹に負けて食べてしまう(笑)
5%も減れば腹筋割れまくりかも!と気持ちだけはウキウキしてるのに

そして今日のキャッチボール。
ここ最近つかみつつある無回転。
爪を気にしつつではあるが100球ほど投げ込んだ。
山なりの極端に遅いボールだと無回転になるが
普通に投げると回転してしまうことが多い。
つかみそうでつかみきれない。なんとももどかしい。
夢中になり100球ほど投げただろうか。
ここは焦らずじっくりと行くべきだよな。
でもまぁ100球も投げられたというのが今日は大きかった。
少し前なら確実に爪が割れていると思う。
小さい一歩だが確実に前に進みつつある。

手首の角度
指の位置
各指の握る強さ
ありとあらゆる組み合わせを模索している。
昔に戻ったような感じだが、それもまたよし。
少しずつ前に進みたい。

マッスルキャッチ
今日は朝早くから練習試合があった。
6時試合開始と言うことで5時集合。4:30分起き。
お互い9人ギリギリの試合となったわけだが、相手はまたもや明らかに格上。
でもまぁ練習試合だからいいか。と気楽なムード。
うちの親父がサードを守るというとんでもない守備だったが何とか試合にはなった。サード(57歳)+セカンド(63歳)+ライト(65歳)のお笑い3人組が久々の先発出場!

この試合の課題はマッスルのキャッチャー。
昼休みとか仕事が終わってから少しだけ練習したのだが、果たして試合でどうなるか。みんな心配していたがこれも何とかなった。
キャッチャーフライも捕ったしまずまずの出来。
配球はかなり適当だったが、これからは根拠のある配球が出来るようになればいいな。
しかも左バッターに転向して今日は4打数2安打だった(通算5打数3安打)
今まで右バッターで40打数1安打を考えるととんでもない数字。
もう過去を忘れて未来だけを見据えよう!!(笑)


そして昨日だったかな。
ナックルの感覚を少し取り戻すことができた。
ナックルを投げない期間が長すぎて、その間普通の投球フォームの練習をして、そのフォームを固めようとしていたために、ナックルの腕の振り、体重移動、リリースポイント、リリース方法などが曖昧になっていた。
まだまだ試合で投げられるレベルではないが、少し先が見えてきた。
しかも爪への負担もほとんど無くなり、あまり気にすることもなくなった。
今まで投げ方が悪かったから爪に必要以上に負荷がかかっていたのだろう。

今現在わかってきたこと。
リリースポイントを手前に。
リリース直前にだけ弾くのではなく、リリースする前から指に乗せる。
腕を後方へ丸く振る。
とりあえずこのことを意識して投げると無回転になる。
後は無回転になった時の感覚を体に覚え込ませていくしかない。


梅雨。この時期
21時に寝て3時半に起きてサッカー観戦。
先制点をとって大喜び。
しかし前半終了直前で同点に追いつかれるいやな展開。
1点先制のままハーフタイムを迎えられればテンションが上がったところで20分間トレーニングでもしようと思ったが、同点に追いつかれ一気にテンションダウン。
まぁ終始押されっぱなしの日本代表。
ギリギリで凌いでいる状態は精神的によくないね(笑)

さて、梅雨に入っていかにも梅雨らしい雨続きの天気がこれから予想される。
日曜日に試合予定が入ったのだがたぶん中止になるだろう。
走って走って走り抜くと心に決めたとたん雨だね…
室内でもサイドステッパーとかできることはあるがやっぱり景色が変わらないからおもしろくないし飽きてくるね。

しかし早朝野球の影響で体が早寝早起きのリズムに変わった。
これはいいことだね。
今朝の3時半起きでも別に苦になってないし。
ただ早く起きると朝が長い!
仕事に行くまで時間が余りすぎ(笑)

そういえば昨日散髪に行ったら、店の人に
「早朝野球残念でしたね」と声をかけられた。
新聞に結果が詳しく載るから見てくれてる人も多いようだ。
それだけにこの前の内容が悔やまれる。

くそ!やっぱり何かしなくちゃ落ち着かない!
腕立て伏せでもしながらサッカーの後半の観戦と行こう。

完敗しました
結果1-6で負け。
得失点差で決勝トーナメントも出場できず。
悔しいけど負けは負けです。

各上の相手にどう戦うか。
しかし自分の力が思うように出せずにズルズルと…

コントロールは定まらない。
ストライクを取りに行ったスライダーが真ん中に入り打たれる。
エラーやミスが重なり失点。
数少ないチャンスに打席が回ってきたが凡打で死亡。

完全に自分のせいで試合を壊してしまった。
申し訳ない。
こんなに悔しい思いをしたのは初めて。

ここのところ自分の調子がよかったから今度もいけると思っていたのだが…
各上のチームの雰囲気に完全に飲まれてしまった。
たぶん僕の調子がよくても10回対戦しても10回負けると思うが
それでも内容が悔しい。

あまりにも悔しいので、今日からもっともっと自分のいじめ抜く。
日差しの強い昼休み。
昼食をとってから3キロのランニング。汗びっしょり。
今、夕食をとって風呂に入ったばかりだが、もしかしたらこれからまた走るかもしれない。
もう少しゆっくりした方がいいのだろうが、悔しい気持ちを抑えるには何かしていないと落ち着かない。

それにしても初対戦の相手だったのだが
うちのチームの特徴とかが相手に伝わっていた
誰がよく打つのか打たないのかなど。
もしかしてこのブログを読んでいるのではないのか?というくらい。

元々持ってる自分のHPからこのブログへリンクを張ってるし。
インターネットができる環境であれば十分ここへたどり着くことは可能だしね。

まぁそれはいいんだけど。

とにかく悔しい!でもこの悔しい気持ちを大切にしたい。

いい刺激
ウェイクフィールドが握りについて話をしているのを初めて見た。
親指はてっきり縫い目に沿って置いてるのかと思ってたんだけど縫い目を避けて置いてるらしい。
といってもマネはできない。なんと言っても手が小さすぎる。
映像を見てもウェイクフィールドは手が大きい。
硬球がすごく小さく見えるね。
見る限りではやっぱり彼は爪を使ってないね。
爪の大きさで言えば僕の方が大きいくらいに思える。
当然爪なんて使っていたらすぐに折れるかヒビが入っちゃうだろうしね。

それと彼自身も変化をコントロールできないらしい。
左右の変化をある程度意識してコントロールできるような話を聞いたことがあるがそれは間違っていたらしい。


ストライクゾーンに入れることだけを意識して投げる。
まぁこれは試合でナックルを投げたことがある人はわかるだろうね。
とにかく「ストライク」まずはこれ。
ストライクを投げられないと全く使い物にならない。
いくら無回転で投げられてもそれはキャッチボールで相手を喜ばせられる程度でしかない。

さて今夜は日本対クロアチアの試合がある。
無回転シュートがでるといいなぁ。
それが点になれば尚よし。

しかし今日見た動画はいい刺激になった。
すでに10回は見たけどこれから先100回は見るだろう。
いろんな角度から投げるシーンがあるので参考にしたい。

往年の名選手たち
今度の公式戦が迫ってきた。
20日の早朝。

勝敗と得失点差で予選を戦い上位10チームが決勝トーナメント進出。
今のところのボーダーラインは一勝一敗の+2点。
うちのチームは一勝の+3
今度の試合一点差で負けても何とかなる可能性がある。
勝つか引き分けで文句なし。
しかし相手が悪い…
今大会からシニアの部から3部へ昇格してきたチーム。
しかし普段の市長杯とか軟連杯とかは2部で活躍してるチームだ。
なぜ早朝だけ3部に?しかもなぜそんな相手と当たるわけ?(笑)

去年までシニアの部で6連覇。
さらに県大会をシニアの部で優勝と申し分ない実績。
平均年齢は55歳くらいらしい。まさに往年の名選手たちだ。
動き自体は若い人には負けるかもしれないが野球をよく知っている集団。
少しでも隙を見せるとそこへつけ入れられてしまうだろう。
野球は頭でするスポーツ。
一瞬の判断。最善の判断をしてくるだろう。
どう考えても勝ち目はないように思える。

でもこの前の市長杯のようなピッチングができれば勝てるかもしれない
しかし同じようなピッチングができるという保証はどこにもない。

勝てない相手にどうやって勝ちに行くかは作戦次第だ。
さぁどうする。
何か手はあるはずだ。

盗塁でかき回そうと考えてもキャッチャーの肩がすごい。
ピッチャーの崩れを待とうにもコントロールがかなりいい。

ホントに困った(笑)

マッスル左打ち
マッスルの左打ちの練習が続いている。
意外にもいいのかもしれないね。
もしかしたらもしかするかも!と本人もびっくり。
もともと右腕の腕力が余りに余りまくっているのでちょうどいいのかも。
梅雨で練習ができない日が続くと思うけど、合間合間を見て少しでも何かしたい。
大きなうちわで扇いでインナーマッスルのトレーニングもよし
鉄骨にぶら下がって懸垂運動するもよし

そして昨晩夜のランニングをした。
1時間かけてゆっくり走った。途中歩いたりもしたけど。
雨上がりで高湿度の中走ったので呼吸は楽だった。
体力不足を補うためにこれからはランニングをしっかりしていきたい。
筋肉ばかり鍛えてもだめ。心肺機能も鍛えないといいパフォーマンスは生まれない。
そして今朝起きたら早くもふくらはぎがパンパンで痛いよ(笑)
今夜も天気がよかったら走ってみようかな。

声をかけるということ
今朝は5時前に起きたので「久々に早朝野球の観戦でも」と思い車で向かった。

3部の試合だったので片方のチームが以前対戦したことがあるチーム。
というか市長杯の1回戦であたり、初勝利をあげた相手。
結局そのチームが4-3で勝った試合だった。

試合中ピッチャーが突然ストライクが入らなくなるようなシーンがあった。
3部ではたまに見かけるシーンだ。
こういうピッチャーが苦しい時内野はピッチャーに対し声をかける。
その声をかける内容だがうちのチームでは言ってはならない言葉がある。
というか僕に対して言ってはいけないという言葉だね。
監督(親父)が決めたことなんだけど
「ストライク先行!」
「ピッチャー楽に!」
「真ん中だけでいいよ!」
「打たせばいいよ!」
などの言葉である。
しかし上に書いた語句は試合ではかなりの頻度で聞くことがある。
ではなぜうちのチームでは言ってはいけないのか。

それは「言われなくてもわかっているから」だ。
ボールになればいいと思って投げてるわけではないし、力んだ時も
「あ、今の少し力んだな」というのは投げた本人が一番わかっている。
それを改めて言われると無駄に力んだり力を抜きすぎたりと周りの声に対し自分のフォームが崩れる可能性がある。

だからうちはピッチャーを勇気づける声だけに限定している。
ボールが続いても
「全く問題ない!大丈夫!」とか
「いつでもストライクは取れるよ!」とかそういう声をかけてもらっている。
四死球はピッチャーのエラーだ。
だからエラーを誘うような声をピッチャーにかけてはいけない。
チームのプレッシャーを背負っているピッチャーに対し100%の力を出させてあげるような声を出すのがチームプレーである。

コントロールに自信があると書いてきたが、こういう部分も多少ならずとも影響していると思う。



なんかどんどん練習器具が増えていくよ~
今度はマッスルが個人的にスポーツ店で買ってきた
「スピントレーナー」だ
これは要するにボールの回転軸を確認するための道具。
もしくは回転軸の矯正に使うものだと思う。
でもこれがいまいち使いづらい。
完全な縦回転(逆回転)になると回転しながら浮き上がるような軌道を描く。
そうするようにするための練習器具なのだろうが
どうしても少し斜め回転になってしまう。
これだとすぐに横向きから縦向きに変わりながら右へそれて地面に落ちる。
文字だと説明できないがいまいちこの道具を使った効果的な練習ができてないような気がするが、これもここまでの品物と言うことなのだろうか。



この前の試合のスコアブックを持って帰るのを忘れてばかりいる。
とりあえず覚えてるデータだけ
投球数91球
四球2
死球1
被安打6
奪三振3
相手のピッチャーは
投球数112
四球4
被安打3

野球初心者ばかりのチームで、相手ピッチャーが崩れてくれないとこちらに勝ち目はないようだ。
それにしてもチャンスで打てなかった自分が悔しい。
投球内容では今回特に目立った反省点はない。
この調子で次回も投げられるといい試合ができると思うし。

今日はウェイトトレーニングの日。
たまにする高重量高負荷トレもなかなかいいもんです。
でもトレーニング室にエアコンがないから、事あるごとに備え付けの扇風機のお世話に(笑)
時間帯も西日が差し込んできて暑いし。

とりあえず今日はプロテインを飲んでもう寝ることにしよう。
ナックルの調子もだんだんと上向きだし。
中指の角度に気をつけながら一番爪に負担をかけない方法を考えてるところ。

無回転ボール
今抽選で当たった「勝ちT」を着てサッカー観戦(TVでだけど)

野球は誤審で負けたが、サッカーは誤審で勝つのか?
後半戦このまま逃げ切ってほしい。
なんでも勝負事は勝たねばならぬ。

さすがに今日は肩が重かったけど軽くキャッチボールをした。
試合までしばらく日程があるからそれまでナックルの練習をしようと。
壁当てだとかなりいい感じで投げられるようになってきた。
しかしずっと投げてなかったので無回転になる感覚を忘れかけている。

サイド気味からというのを意識し始めてからは今日はうまく行ったようだ。
一球一球投げるごとに爪を確認(笑)
もう怪我は懲り懲りだからね。
すこしビビリながら投げるとどうしてもうまく行かない。
思い切って指先にボールを乗せる感覚で投げるとうまく行く。

リリースの瞬間「ヌー」っと言う感覚で指が離れていくと無回転になるようだ。
これが「ピン!」とか「ズルッ」とか言う感覚だとボールが回転してしまう。

そういえばサッカーボールでもここ最近無回転ボールのシュートが注目されてるようだ。
中田英寿も練習をしている。
今大会のボールは今までのボールと違って無回転だと不規則な変化を起こすという。まさにキーパー泣かせ。
ただ相手ディフェンスがいるなかで、素早く正確な無回転シュートを打つのはかなり難しいと思う。
フリーキックにしても壁があるし。直接キーパーへ蹴るのはなかなかチャンスがなさそうだ。

何にせよ世間が「無回転」に興味を持ってくれるというのは嬉しいな。


それとマッスル。
ひどい手打ちが直らない。
もう40打数無安打くらいだろうか…
あ、でも昨日の練習試合で初ヒットが出たような。

そこで今日から彼の左打ち練習が始まった(笑)
おかしな癖がある右を直すよりも何にもない左でゼロから教えた方がいいんじゃないかと。
早速ボールを打ってみたら今までになくいい軌道でバットが振れていた。
もしかしたらもしかするかもしれない。


おっと!もう後半戦が始まってる!!
熱戦
明らかに各上との対戦となった市長杯3回戦。
過去2度試合をしてこてんぱんにやられているので、ここはなんとしても一矢を報いたい。
なめてかかってくると思うので少しでもぎゃふんと言わせるのが今回の小さな目標(笑)

結果は1-3で負けた。
しかし100%納得のいくいい試合ができた。
「~たら」とか「~れば」とか言えばきりがないが、ピッチングとしては十分満足。

その後もう1試合練習試合をしてから帰宅。
晩ご飯を食べてから死ぬように寝た(笑)


緩急を意識して、スライダー、カーブ、超スローボールに加え今回はシュートを多用した。
変化はさほどないが、チェンジアップの効果があったのかな。
サードゴロとか、詰まって内野フライとか多かった気がする。
ストレートで押して三振を取ることはできないと判断していたので、遅いボールを効果的に使うことでストレートを活かすというピッチングの基本を意識した。

しかしまだ課題もある。
1時間半の時間内でなかなか7回まで行かないのだが、今回はきっちり7回まで行った。
もちろんその分投球数も増える。
6回と7回はさすがに疲れが出たなぁ~

この2回はセットポジションから投げた。
長く持ったり素早く投げたりしながら
インコースのシュートとアウトコースのスライダーで凌いだ。
投球間隔と内と外の投げ分けで何とか押さえることができた。


負けた原因というのは2つ。
チャンスで打てなかったのが1つ。
しかし相手のピッチャーが自分たちのチームに対して格上なのでこれは仕方がない。試合当日にどうにかなる問題でもない。

次に相手に許したヒットが1つ。
まともに打たれたヒットではなく、ポテンヒットが続いてしまった。
相手が強い=よく打つ=遠くまで飛んでくる
と判断しての守備位置だったのだろう。かなり深かった。
打ち取った打球でもヒットになってしまったのだ相手にチャンスと得点を与えてしまった。
しかしこれも結局
ポテンヒットばかり=守備が深い
野手越えの長打ばかり=守備が浅い
と終わってからわかる結果論。

負けはしたが、全然負けた気がしないくらいのいい試合だった。
みんなも十分満足していたしよかった。


それと1つ。
爪の状態がかなりよくなった。
キャッチボール程度のナックルならいい感じで投げられる。
さすがに試合では投げられなかったけど。
ここで爪を痛めては何にもならないと思ってね…

今度の試合は20日の早朝。
それまでに練習して試合で投げてみたいと思う。

ジップヒットプロ
20060528c.jpg

わかりづらいなこれは(笑)
ハマオとマサオ君。打ってるのはマサオ君
これがなかなか打ちにくい。
なにか役に立ってくれればいいのだが…
果たして効果のほどはいかがなものか。

これはいつの写真だったかな。
ユニフォームを着てるからたぶん5/28日の試合前の風景か。
そういえばこの日からマサオ君のバッティングが劇的に向上したよ。
この器具のせいじゃなくこの後行ったバッティングセンターが効果があったと思う。

明後日は公式戦。
市長杯3回戦(準々決勝)がある。
また緊張してきたよ。もうこれは元々緊張しやすい性格なんだろうな。
ピッチャーさえしなければここまで緊張謝しないハズ。
でもこの緊張感がいいんだよね。非日常的で刺激的だ。
この前は四死球が4つだったかな。
今度は「0」で行く!無駄なランナーは許さない気持ちで行かないと
本当にコールド負けになってしまうかもしれない。


少しだけナックルを投げてみた。
速度はかなり遅いが無回転になったりもする。
しかしそのとき全く変化しない。
「おかしい。このくらいの速度でも十分変化するはずなのに。」
と昔を思い出そうにもよくわからない。
う~む。どうしたものか。

とりあえずもう昔の記憶は一時的にでも封印するべきではないか?
という今のところの結論。

あぁ~今日は夜更かしをしてしまった。
早く寝なければっ!
爪自体の長さ


爪の状態だけどもう少しで完治する。
ただデジカメのマクロモードがうまく行かない…
室内だからだろうか。

小さなヒビだが、これを気にせずナックルを投げまくると大きなヒビへ成長する。しかも成長したヒビが子を産みどんどんやばい状態へ。
焦らず焦らずと言ってきたのだが、どうしてもヒビが伸びてきて白い部分へ吸収されるとすぐに爪を切ってしまっていた。
だから爪自体の長さが2mmくらい短くなってしまっている。

となると短い爪でボールをはじくにはより爪を立てなければいけなくなってしまっていた。
これが怪我の後無回転が投げられなくなった原因だとわかった。

さらに爪が長くなると折れやすくなる。これはわかる。
しかし短すぎてもヒビが入る。
これは短くなるとより強くボールに爪を立てなきといけなくなるから。
だから長すぎても短すぎてもいけない。
長くなるから折れやすいから短くしようとしたのは間違いだったということだね。


3倍早く治す
20060606b.jpg

バンドエイドが出しているキズパワーパッド。
3倍早く治すというのがうたい文句となっている。

前回の早朝野球で膝を擦り剥いてしまったキズがまだ治らない。
というかかなり傷が深いようだ…
それでもこのバンドエイドはすごいと思う。
だんだんと削れた皮膚が盛り上がってきた。
写真のように張った直後はキズが透けて見えるが、そのうち体液と反応して白くなる。
この特徴としては傷口を乾燥させないこと。
カサブタを作って放っておけば治るという考えがあるが実はそうではない。
まずキズができると体液が出る。
傷口がグズグズになるわけだ。その状態こそが一番皮膚が再生しやすい状態となる。
乾燥してしまうと細胞が死んでしまうので再生が遅れる仕組み。

ただこのキズパワーパッド値段が高い…
6枚入りで900円ほど。
普通のタイプだと100円ショップで10枚入りとか売ってるし。

それとふくらはぎの痛み。
大したことはなさそうだけど一応湿布とサロメチールなどを塗っている。
で、気がついたのだがサロメチールの効能のところに「虫さされ」とあった。
虫に刺されて痛かったりかゆかったりしたときサロメチールを塗るのか?
大丈夫なのか??そんなピリピリするやつを塗っても…

今日は4時に起きて早朝野球をハマオと観戦した。
ほかにも見に来ている人もちらほらいたのだが、その中に小学生らしき子供も来ていた。
親に連れられて来ていたのだが、非常に感心するね。
野球を好きになって、どんどん練習して、地域を代表するような選手になるといいね!

「がんばれよ!少年!」とチラッと見たら
親の横で思いっきり寝てた(笑)

日焼け


天気がいいと同時にさすがに日差しが強くなってきた。
マッスルが休日にタンクトップ1枚でバス釣りをしたらこんなになった。
服を脱いでもまだもう1枚着てるようだ。
もうここまでくると日焼けというより火傷だ…

今日は仕事が終わってからマッスルとハマオをうちの親父と自分との4人で近くのグランドへ練習をしに行った。

親父が打つノックの山を受けた若手2人。
ちなみに僕はまだ足の擦り傷が治らずあまり動けないためにファースト。
Tシャツが絞れるくらいいい汗をかいた。
小さなスペースでキャッチボールをするより断然いい練習ができるね~

試合から中2日だけど肩にはまだ少しハリがある。
加圧をして疲労をとる効果はまだあるのかどうかわからない。
たぶんした方が回復が早いと思うんだけどね。

そういえばマッスルも加圧を購入した。
これで3人とも加圧メンバーだ。
これはもうみんなでムキムキにならないと(笑)

明日は早朝に1部の試合を観戦する予定。
3部と1部との違いをハマオが見たいという。
うむうむ。いい心がけではないか!
野球を始めてまだ3ヶ月だが想像以上に上達が早い。
仕事が終わってみんな帰っても彼は1人で壁当てをしている。
将来いい選手になるといいな。

いつになったら日焼けの写真をUPしてくれるのか?と心配しているマッスルのために今日は更新しました(笑)

爪の状態ですがヒビがなくなるまで推定あと1週間!

安全策と弱気
まずは投球内容から
○=ストライク ×=ボール △=ファール
1回
1番○○△三振振り逃げ
2番○△×サードゴロ
3番○ファーストフライ
まずまずの滑り出し。
3アウト目はエラーから暴走のラッキーだった。
思ったよりストレートもいいしスライダーの切れもよかった。
もちろん体力的にもここらは十分。

2回
4番○××○△×△四球
5番○×○三振
6番×××四球
7番×××○四球
8番×ショートフライ
いきなりストライクが入らなくなる。
原因は初回の攻撃の1塁から一気にホームまで全力疾走して息が上がってしまった。
頼みの綱の超スローボールも入らず。
悪循環が続き、ピンチを背負う。
しかし相手のスクイズ失敗などのミスで救われる。

3回
9番○××○三振
1番○○××△△右中間2塁打
2番レフト前ヒット
3番××レフト前ヒット
4番○△×レフト前ヒット
5番○×○センター前ヒット
6番○×○△死球
7番△ライト前ヒット
8番ライトフライ
一気にやられる。まずい守備もあったが打たれすぎた。
1つセカンドの牽制球でアウトにできたから助かった。
何とか4点で抑えられたと思う。
死球は全くの問題外。完全に自分のミス。
ピンチで手元が狂ってしまうという最悪パターン。
打たれたのはほとんど変化球。
裏をかくために投げたと言うよりカウントを取りに行こうとして打たれた。
1番打者には変化球で打ち取ろうとしたのだが打たれたね~

4回
9番○○三振
1番○サードフライ
2番○××△ライトフライ
やっとの事で三者凡退にとる。
同点に追いついてくれたという追い風が一気にピッチングに乗り移った。

5回
3番○×△×三振
4番○○三振
5番○△三振
三者三振に取った最後のストレート。
外角低めに決まったとき審判のコールよりも先に
「よっしゃー!」って吠えたよ(笑)

投球数86球
四死球4
安打6
三振7

相手投手は
投球数153球
四死球9
安打7
三振7

振り返って考えてみるとストレートで押し切った方がもっと結果はよかったように思う。
しかし投げてる間は体力の温存というか省エネ投法になってしまう。
先の見えないゴールに対し最初から全力で投げるというのが怖いんだよね。
もちろんそれは体力不足からきてるのであって、その「怖い」という感覚はこれから体力をつけていけば消えてくるのかもしれない。
でも夏は嫌いなんだよね(笑)

ストレートから入ってカウントを少し悪くして、スライダーでカウントをとろうとした時に打たれた。
ストライク先行でグイグイ押せるピッチングが今の課題かな。

今度の市長杯が18日から11日に変更になった。
18日と20日に公式戦がくまれてて中1日はきついからどうにかならないか?という訴えが通じたようだ。うんうんよかった。

20060603b.jpg

まだ試合開始前。
眠気もあるようなチームメイト。
朝日もまだ完全に昇っていないのかな。曇りだったからわからないけど(笑)

まずは外野の芝生でウォーミングUP。
相手の動きを見ながらゆっくり走る。高まる緊張感。

ブルペンで投球練習をするもののボールは高めに。
うーむ。これはちょっとコントロールに苦戦するかな?と感じた

そして試合開始。
先頭打者を三振に取るが、スライダーがかなり外に行ってしまい振り逃げ。
何ともいやな予感のする出だしだった。そして盗塁もされる。
必死に2アウトを取りランナー2塁。
そしてまた盗塁。キャッチャーが投げた球がバッターのバットに当たりボールは転々と転がる…
それを見たランナーはホームに突っ込むも間一髪アウト。
「ツキがある!!」

その裏の攻撃。
いいところでヒットが出て2点を先取!

相手0
自分2

2回の守備。
またもやピンチに。1死23塁。
ここでスクイズ!しかしバッターがサインの見落とし。
そんなこんなでまた0点

うちはノーアウトランナー3塁から無失点…

相手00
自分20

ここで打たれる。
5連打を浴び一挙4点とられる。
完全に敗北ムード。口には出さないがみんな敗戦を覚悟。

しかし奇跡の同点打が出る。

相手004
自分202

またもやピンチ。しかしぎりぎりで無失点。
流れを感じる。

相手のエラーで勝ち越し

相手0040
自分2021

このあたりで時間制限が気になり出す。7時終了の試合時間90分
もうあと10分そこそこ。

ここは死ぬ気で投げる。
闘志むき出しでクリーンUPを三者連続三振。

四死球で得た満塁からヒットで2点。
なおもノーアウト23塁で自分の打席!
「大チャンスだ!!」と思った次の瞬間、球審の一言

「はい!時間ね!整列して」

なにーー!!

相手00400
自分20212 (時間切れ)

早朝野球初勝利!


明日は投球内容についての考察

早朝野球1戦目
朝4時前に起きました。
しかしなかなか寝付けず…
途中で何度も生きたし…
全く寝た気がしない。
が、極度の緊張感からか眠気は無し。
のどの違和感と鼻水は昨日までと同じであまりよくない。

去年と同じ対戦相手で結果は2-10の5回コールド負け。
ノーヒットという悲しい試合結果だけに今度こそという気持ちが強い。
とりあえず予選ラウンドは2試合やって勝率と得失点差で上位12チームが決勝ラウンドへ進むことができる。
そして2試合目は優勝候補。ここはなんとしても勝ちたい。

試合前の練習を見るとこちらには全く勝ち目がない様子。
キャッチボールからトスバッティングまで様になってる。
さらにピッチング練習してる相手のエースは球が速い!やばい!(笑)


メンバー表交換でじゃんけんで勝ち「後攻」を選択。


肩の調子は可もなく不可もなくというところ。

前回の反省点を活かし、緩急で相手をかわし最少失点で切り抜けたい。

試合内容は後日。
今日はさすがに疲れたのと、スコアブックが手元にない。

試合が終わり、帰宅後即加圧トレをした。
ここ最近実験で試合後すぐに加圧をするとピッチングでたまった疲労物質を一気に流し去る事ができるのではないか?というデータを集めている。
もちろん最後にプロテインも忘れない(笑)

この前はあまり本気で投げていなかったせいか次の日も肩が軽かった。
さぁ、明日肩の調子は動だろう?加圧の効果が出てるかもしれないぞ!ワクワク

もう一つ。
セカンドランナーに出塁していたときのこと。
ライト前ヒットを打ったので一気にホームを狙った。
「いける!!!」と判断したまではよかったが、ホーム手前5m位のところで左ふくらはぎが軽い肉離れか何かを起こし、足がもつれた。
スライディングもできず転んでしまった。もちろんタッチアウト(笑)
あぁ~これも日頃の走り込み不足だよなぁ~
今もふくらはぎが痛い。
これも足の加圧で治そうと計画中。

膝を激しく擦り剥いて血が出たよ…_| ̄|○

のどに違和感
昨日の朝起きたときからなんだか鼻の奥が乾いたような感じ。
風邪の初期症状によくあるあの感じだ。
結局1日中左の鼻から鼻水が止まらなかった。
くしゃみも連発。よくなった花粉症がまた再発したのか?と思えるほどだった。
「これはやばいな…」と思いながら布団に入ること21時。
しかし今度はのどに違和感。ますますやばい?

そして朝起きてみるとのどが痛い。うー
もう手遅れだろうがイソジンで念入りにうがい。
とにかく明日の朝まで持ってくれればいい。
のどの痛みだけなら何とかなる。頼むから熱だけは出ないでくれ~

明日は4時集合。
去年は早く集まりすぎて真っ暗だった。何にもできなかったし(笑)

そうだ。
ナックルを少しだけだけど毎日投げてるところ。
全体的に順回転をする傾向にある。
その分爪にかかる負荷が大きいのかな。
たまに無回転になるとやっぱり投げた瞬間にわかる。
「お!これはいい感じで投げられた!」っていうのが。
この感覚を何度も何度も体に覚え込ませないといけない。
2ヶ月のブランクというのは想像以上に大きいと身にしみて感じる…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。