揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早稲田実(東京)対関西(岡山)
今日二度目の更新ですが、昨日の試合で気になった事を1つ。

家に帰りTVを見ると高校野球をしてる。
早実と関西の試合中継だ。
回は9回表。関西が守りきれば試合終了という場面。
ランナー1塁からライト前にヒットを打つ。
そこでライトが打球をそらしてしまいバッターまで生還し2点追加の逆転。
これが決勝点となり早実が勝った。

ライトが打球を捕球できなかったのは技術的なミス。
しかしセンターがバックUPをしていなかったのは致命的なミス。
このミスは回避できるミスだった。

そして関西の9回裏の攻撃。
1死ランナー1塁。バッターは先ほど痛恨のエラーをした選手。
1点を取りに行かねばならないこの場面で送りバンドを選ばなかった。
精神的なショックが大きい彼にこの大事な場面で最高のパフォーマンスが発揮できるとは思えない。
結果内野フライ。
これは戦術的なミス。

そして2死満塁。バッター4番。
カウントは0-2。
ピッチャーが非常に苦しいこの場面で、次の一球は100%待つべきだった。
仮にねらい球がどんぴしゃり来たとして何%ヒットが打てる?
結果はねらい球でも何でもない外角変化球。
しかもボールの球を空振り。
これはバッターの判断ミス。
カウントは1-2となりピッチャーに余裕が出来た。
この一球の意味は非常に大きかった。
見逃して0-3となればピッチャーは窮地に立たされる場面。

関西はこの4つのミスで敗退したと思う。
スポンサーサイト
体のキレ


いろんな使い方があるらしいこのメディシンボール。
まずは体のキレを良くするようなトレーニングを!と始めてみた。

重さは2キロなんだけど最初3キロにしようか迷った。
でも2キロで十分だった。よかったよかった。
体をひねるようにして両手で投げるキャッチボール。
距離は2mほどで左右交互に15球ずつくらい

主に外腹斜筋のトレーニングになるのかな。
普段使わない「ひねる」という動作のトレーニング。
バッティングにしても投球にしても使う筋肉だね。

でもそのどちらにしても普段は片側の筋肉ばかり使うようになってしまう。
左右同じようにバランスの取れた筋肉作りが必要なところ。
果たしてこの効果が出るのはいつ頃なのだろうか(笑)
試合での効果はもしかしたら全くないかもしれないね。
バランスの取れた体で怪我の防止には役に立つかもしれないね

ちなみに写真はマッスル。
彼がボールを持つとボールが小さく見えてしまう(笑)


明日は試合だ!
待ち遠しい!今日は興奮して寝られないー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。