揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠心力
また1つ発見をした。

ここ最近悩まされている事。
「手の中で暴れるボール」
投げる瞬間ボールに当たってる指の角度がずれてしまう。
まさにこれは致命的。
これを克服するために4点で支える握りを考えた。
しかしこれでも投げる瞬間には角度がずれてしまっている。
「うーん。おかしいなぁ~今まではこんな事無かったのに」
と思っていたんだけど今日1つのことに気がついた。

角度がずれる瞬間は一体どの時なのか?と。
それはグローブからボールを出してテイクバックに移る時。
ボールが一番下にくるときだ。
ボールに遠心力がかかり、落ちないようにボールをぐっと握っている。
その時に少しだけずれてしまっているようだ。

手のひらが地面を向いているので余計にボールが落ちやすい。
そこで、手のひらを自分の方へ向け小指の付け根を下に持ってくる。
その部分にボールを乗せるという感覚だ。

試しに投げてみたらこれがまたすこぶる楽。
手首の角度も向きもリリースの瞬間とってもスムーズ!
もちろん無回転になりやすい!これはいい!

いやぁ~いろんな発見があるナックルボール。
取得までの道は険しいが楽しいね~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。