揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確認の確認


今日はベースの横に立ってもらいナックルを投げてみた。
うーん。いかにも実践的。
でもなかなかストライクが入らない~。

というのは贅沢な悩みだねぇ。
この前まで無回転で投げられず泣いていたのに(笑)
無回転で投げるコツが分かってからは気分も違うね~

今まで無回転で投げていたのは感覚的なもので、具体的にこうすれば投げられるというより具体的な意識は無かった。

分かりやすくいうと
前回→漠然としたイメージと感覚で投げていた
今回→指一本一本の力のいれ具合までを意識しながら投げる

新しい縫い目に指をかけない投げ方でも
「あぁ~これで(適当に)投げれば無回転になるんだ~簡単になったなぁ~」
という程度でしか感覚がなかった。
だからいざ投げられなくなると指一本一本の加減を思い出せなくなる。
特に意識していなかったのだから当然か。

で、今回2日ほど投げない日を作った。
そうすることで以前の握り方を思い出し、スランプ状態の時と比較できた。
指先にかかる感覚を無意識的なものから意識的に変更できたおかげで無回転を取り戻すことが出来た。
これを教訓に親指も小指の付け根もすべて意識するようにした。

そして今日の段階で力の入れ方、入れる方向などを再確認し、体に覚え込ませる。

あぁ~
この感覚的な表現を文章にするのは難しい~!!
そしてもどかしい~!!(笑)

でもスランプ脱出で気分が良い~♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。