揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「場所」「強さ」「タイミング」
なんかスランプを脱出しようとしてるかもー
以前のスランプのとき
「指先に力が入っていなかった」という事があった。
たぶんその意識のせいだろうと思うのだが
ボールを握る時二本の指先に意識的に力を入れることをしていた。
それがだんだんと違う方向へ力を入れてしまっていたんだと思う。
で、今回はボールの中心へ向けて力を入れてしまっていた。
本来はそうではなく少し前方へと力を入れてやると良かった。
その違いに今日気がついた。
多分少しずつ少しずつ力を入れる方向に変化が生じていたのだろう。
が、それに気づかず投げていたんだと思う。

そしてついに無回転にならない力を入れ方をしてしまうようになった。
「おかしい!なぜ?今までと同じ投げ方なのに!」と思う。
そして焦れば焦るほど本当は間違っている投げたかにもかかわらず
この投げ方で良いはず!となってしまっていた。

投げられると思ったらまた投げられなくなり
投げられないと泣いていたら投げられる方法を見つけたり。
かなり忙しい変化球だねこれは。

ナックルを投げたことが無い人が読むと
「そこまで難しいのか?」とか
「そんなに投げられたり投げられなかったりするものなのか?」とか思うだろうね(笑)

無回転でボールを投げると言うことは本当に難しい。

例えていうなら

無重力状態でボールが浮いている。
そのボールを3人が各自1本ずつ棒を持ち同時に突く。
そのうちの誰かが少しでも「場所」「強さ」「タイミング」を間違えるとそのボールは無回転で移動しない。

ボールをゆっくりと移動させても良いのならその難易度は下がる。
そっと全員が突けば何とかボールが回転しないで移動させることも可能。
しかし高速でボールを回転させずに移動させようとした場合はものすごく難易度が上がるだろう。

これはナックルを投げる時も同じ。
球速を増せばますほど難易度が上がる。
が、その分劇的な変化を手に入れることが出来るのだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。