揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重い肩
なんだろうなぁ~
肩が重い。というかなんか半分壊してる?
単に疲労がたまってるだけなら良いのだけど…。

今日は投げ込もうと意気込んでいたのだが、
親父がキャッチボールを申し出てきたので普通に投げるだけとなった。
内角にシュート、外角にカットボールを投げる練習をした。

ナックルを投げることを目指し日々練習をしているのだが
いざ試合という時になって、全く投げられないことが今まで何度かあった。
こう言う時は仕方なく通常のピッチングに切り替えて試合を乗り切る。
で、実際こっちの方が良かったりするからね~
「ナックルなんて投げなくてもイイじゃないか」ということに繋がるわけ。
それでもチームの勝利は嬉しいけどね。
試合当日は何が起こるか分からないから
「プランA」「プランB」「プランC」くらいまで用意しておかないと(笑)

とりあえず仕事が終わってから少し投げて体をほぐそうと思ったのだが
すでに仕事が終わった時にはもう空が暗くなりかけていた。
よってボールが回転しているのかしていないのか分からない。
色を塗ったボールだと回転していない場合にだけ無回転を確認できる。
しかし確認できないということは回転しているということだね…。あぁ~

うーん。
なんでボールが回転しているんだろう?としばらく考えていたんだけど
よく分からないまま暗くなってしまった(笑)
ただ昼間のキャッチボールとか、昨日の休肩日をつくったせいなのか
無意識に普通の投げ方に戻ってしまっていたように思う。
ステップが大きくなったりとかね。
それと重い肩で無理して投げようとするのがもっといけなかったのかな。

投げられたと思ったらとたんに投げられなくなったり
忙しいよ。まったくもー
でももうこんな事じゃもう落ち込まない心を持つようになってきた!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。