揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懸垂


懸垂運動をしている。
休み時間など時間の空いた時を見計らってぶら下がっている。
と言っても鉄棒のような棒状のものではなく、カタカナの「エ」みたいな形の梁というか鉄のごっついやつ。
人がぶら下がってもびくともしない頑丈なやつだ。
が、これがなかなか握力を必要とする。
それはそれで良いトレーニングになるのだろうが、滑ったりしてなかなか効率の良いトレーニングが出来ない。
そこでゴムのイボイボつき軍手でしていたのだが、どうもいまいち。
軍手がでかすぎるから指先が余ってこれまたしづらい。
何か良いものはないかと近くのホームセンターに行って買ったのが上の写真のやつ。
もちろんサイズはSサイズ。
これならグリップ力も申し分ない。指先まで力が入る。
もう懸垂には欠かせない存在だ(笑)

そしてこの懸垂運動はいろいろな部分を同時にトレーニングできる。
握力に始まり上腕三頭筋、広背筋、大胸筋など。
ボールを投げる上でもかなり重要とされる部分が鍛えられる。
鉄棒の懸垂では何度いけるか分からないが
鉄の梁では今のところ16回。最近は10回ほど。
脱臼してからいろんな所へ影響が・・・
頑張ればもう少し出来るけど10回を超えるあたりでちょっと痛み出す。
早く治って欲しいよ・・

普通に4本の指を引っかけてやってみたり、2本指だけでしてみたり。
片腕でやってみようとしたり。
でも片腕だとぶら下がることすら出来ない(笑)
完全に握力不足だな。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。