揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周りからの圧力
ナックルボールを投げることは練習できても
ナックルボーラーになることの練習はなかなか出来ないのが現状だ。
数ある球種の中の一つにナックルがあるというのは
ナックルボーラーとはいわない。
ナックルボーラーとは球種のほとんどをナックルで占める人をいう。

では何が問題なのか?と言うことだが
それは実際に試合で投げてみれば分かる。

まだまだ試合で慣れていない段階では
コントロールも定まらないし、無回転で投げられる割合も低い。
四球でランナーを出し、棒玉でタイムリーヒットを食らうという
最悪の悪循環が生まれかねない。

そこでまずキャッチャーに納得してもらわないといけないだろう。
そうしないと呼吸も合わないし、ナックルのサインすら出してもらえない事だってある。
後は野手ならびにチームメイトだろう。
「何でそんな球を投げるんだ?」という雰囲気が絶対に出てくる。

経験すればよく分かるが、これは相当のプレッシャーだ。
少しでもミスをすれば
「ナックルなんて球を投げるからだ」という空気になってしまう。
ナックルなんて投げなくてもストレートで十分だ。
ストレートとカーブがあればそれで良いじゃないか。
ナックルを練習するくらいなら他の変化球を練習したほうがいい。
などというアドバイスがいやと言うほど耳に入る

まずこの段階で挫折してしまう人がほとんどだと思う。
無回転が投げられるようになった人というのは多くいるはずだ。
しかし実戦までこぎ着けられる人というのは奇跡的な存在ではなかろうか。

試合での実戦経験は非常に大切なのだが
その経験を積ませてくれない雰囲気があると非常に辛い
何とかしてプレッシャーに勝たなければ先へ進む事すら出来ない。
いくら壁にぶつけても、いくらキャッチボールで無回転が投げられても
試合で投げないことにはナックルボーラーへ近づくことは不可能。

極端な例え話をすると
キャッチボールで無回転が投げられるようになったという段階は
将来バスの運転手になりたいという人がいる。
その人がやっと「教習所に通うお金が用意できた段階」というくらいでしかない。
(分かりづらい??)

しかしキャッチボールなどの練習はものすごく大事だ。
毎日の積み重ねだからね。
練習をおろそかにする人はナックルボーラーにはなれない。
教習所へ通うお金が無いのと同じだからね(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。