揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指に乗せる
無回転にするためには相殺する必要があると言ってきた。
その為に引っかけた2本指で弾く必要があるとも書いた。

しかしこの「弾く」というのがくせ者。
ナックルを練習して間もない頃は
「どうやってうまく弾けば無回転になるか?」と思い試行錯誤してた。
が、これがなかなか安定しない。

そこで弾くとうまくできないので逆転の発想、弾かずに投げる!これだ。
とりあえず投げてみたら、これがなんかすごく指に優しい。
しかも無理がなくスムーズにリリースが出来る。

そうして新たにつかんだ感覚が指にボールを乗せる感じだ。

この感覚を得る前と後では全く違うボールがかげられるようになったと思う。
安定感も増し、球速も上がったように思う。

ついこの間までこの段階でウロウロしていた。
もう一段階上へ進めないでいた。

原因はその「乗せる感覚」
それはすごく大事な感覚なのだが、
大事に思いすぎてそのボールを乗せるという呪縛から抜け出せなくなっていたためだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。