揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手首を使う
ナックルボールを投げる時は手首を使わないという認識があるようだ。
よく耳にするし、実際ナックルの練習をし始めた時は自分も手首を使わないように意識していた。

しかし、手首を使わない投げ方ではどうにも球速が出なかった。
当然の結果である。

手首を使うこと、すなわちスナップということだが
自然なフォームでは使わざるを得ない。
ボールには慣性の法則が働くので、ボールを握って腕を振ると
どうしても手首は後方へ折れる。
これを折れないようにすると余計な場所へ力が入ってしまい、腕を振る速度自体も落ちてしまう。

ナックルボールはまだまだ知られていないことも多い。
間違った認識も数多くある。
自分もまだまだ分かっていない部分が実際にある。
だからこそ新しい自分なりの発見があるから面白い。

指で弾かなければ握力も必要ない。
腕を押し出さなければ手首も使う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。