揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手のひらを
実戦で通用するにはある程度の速度が必要だという事は書いてきた。

そこで!

今投げている球速にプラスαを加えるために
「手のひらをキャッチャーにしっかり向ける」
と言うことを意識して練習している。
このことにより体重移動で指先まで伝わった力を効率よくボールへ伝えられるからだ。
2本の指がしっかりとボールに乗るように、しっかりと相殺できるようにする。

球速が増すと言うことは小さなミスでも大きなミスへと繋がる可能性が高い。
きっちりとしたリリースをしなければ無回転にはならない。
その為にも手のひらをキャッチャーへ向けるというのは基本なのかも

遅いボールを投げる時は少々雑になっても無回転が投げられるが
速いボールではきっちりとしたリリースが必要。

逆に言えば
速い球の無回転を投げられるようにさえなれば
遅い球の無回転は容易に投げられる。

そして本題。
この手のひらを向けるというのはもう一つ重要な意味もあるのだ。

それはまた明日。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。