揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相殺
20051225b.jpg

ナックルを投げるにはまずボールを無回転にするためにはどうすればいいのか?と言うのを考える必要がある。
あの独特の握りも無回転にさせるための工夫と言える。

上の写真を見てもらいたい。
あの握りのまま普通にリリースすると引っかけた2本の指を支点にボールは時計回りに回転しようとしているのが分かると思う。
最後までボールにふれているのは引っかけた2本の指だからね。
そこでその2本指の出番である。
ボールは時計回りに回転しようとするのだから、その2本の指で正反対の運動を加えてやるとボールは回転しないまま飛んでいくことになる。
要するにエネルギーの相殺効果でボールは無回転になるのだ。

ボールが回転しようとするエネルギーと全く同じエネルギーを毎回正確に指で作り出し、相殺するのがナックルボールの特徴だと思う。

文字で書くとものすごい簡単なことのように思えるのが不思議だ(笑)
スポンサーサイト
セットポジション
ナックルを投げる上で体重移動の重要さは欠かせない。

セットポジションから投げるナックルは動作、球速ともに遅い。
盗塁対策を考えてもクイック気味に投げられれば問題ないのだが、そうしてしまうと体重移動が不完全なまま投球に移ってしまう。

セットポジション時の重心の移動位置を簡単に言うと、
腰→右胸前→右肘→ボールとそんな感じ。
そこで考えた。
ならば最初から胸の高さまで重心を上げてやればいいのでは?と。

グローブを静止している場所をベルトの位置から胸の位置へ上げてみた。
そしたらどうだろう。
ものすごいスムーズに体重移動ができるではないか。
体重移動が1つ省略された事により全体のブレもその分少なくなるのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。