揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新公認球

軟式ボールでナックルを投げる上で欠かせないのがこの新公認球の登場だ。
今までのディンプルがほとんど無くなった。より硬式ボールの形状に近くなり、これがあの不規則な変化を生み出すのだ。

最初は旧公認球で練習をしていたのだが、無回転になってもほとんど変化をしなかった。それでも練習を続けていくうちに鋭く変化をするようになってきた。そのころにはボールは壁にぶつけられほとんど山のないツルツルしたボールになっていた。
そして新しいまだすり減っていないボールで投げてみた。
ものすごい変化を期待したものの全く変化しない。

もしかしたら?と思ってディンプルを削り落としてみた。
縫い目状の山はそのままで後はツルツルのボールを作ってみた。
そしたらこれがものすごい変化をし始めたのだ。
そこへ来年度から使用される新公認球が発表されたのだ。

これには正直奇跡というか運命を感じたよ。
まさに理想とされるボールの発売。
発売と同時に購入し、無我夢中で投げまくった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。