揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッティングゲージ
一度更新するネタが無くなってくると一気に滞ってしまう・・・
公式戦もあったりして、ナックルをボコボコニ打たれ負けてしまったり(笑)

全く更新できていないブログにもコメントをくださる方がいるので
頑張って更新していきたいです。ありがとうございます。
本人は元気でやってます。


ここ最近ナックルよりもこっちの制作の方に必死になっていたというのもある・・・


そしてついに完成した。
フリー打撃が出来る環境があればどれだけ捗るだろうと。
本当は2月くらいに出来るような勢いだったんだけど
やはりそこは素人考え。
ちゃんとした人に案を出したら
「それだと強度に問題があって無理」とか
「搬入口が小さいから現実的に無理」とか
「材料費が高くなりすぎるから無理」とか

出す案出す案却下の状態(笑)
それでもなんとか完成にこぎ着けた。

20110907c.jpg
打つ部分にゴムシートを敷いて、ナイロンテープでボックスやラインなどを書いてみる(笑)

20110907b.jpg

ポイントは邪魔なときは折りたためるという点。
最終的に工事現場で使うような足場の材料を使用した。
これでかなり安くできた。

この前の台風とかで強風が予想されるときなどは畳んで避難した
その時の写真。

20110907a.jpg
問題はネット。これが高い。
軟式用のネットにしたものの10万を超える。
完全オーダーで作ってもらったんだけど
サイズをどのようにしたらいいのか、どういう形で注文したらいいのか非常に頭を使ってしまった。

距離は今のところ少年野球と同じ16mとれてる。
息子の打撃練習にはちょうど良かった。
スポンサーサイト
バントと打つことの関連性
最近はもっぱら息子の少年野球に必死になっております。
大人軍団の試合は29日にありますが
ここのところずっと無くて試合感が無くなってきてます…
さらに前回の公式戦は2連敗して終わっているので
次は勝っておきたいところ。
市長杯の初戦はドリームズ。初対戦だから面白そう。

さて、少年野球では当然バントの練習もする
これは中学、高校になってもずっとやる練習なんだけど
必ず出てくる単語に
「バントが出来ないと打てない!」というもの。

バントが出来てこそバッティングも向上するのだと
ほうほうなるほど。
ミートポイントでバントをすることでその位置確認とかをしっかりするということかな。
というように思っていたが
これ、本当に関連性があるのだろうか?


まず野球ゲームとかで選手の能力を見ると
バントの能力が高い選手ほど打力が無く
打力のある選手は総じてバントが苦手な設定になっている。
これはどういう事か。

実際、バントの名手はスラッガーでもなければなんでもない。
そしてスラッガーがたまにバントをしようとすると成功しない。

本当に関連性があるのかと疑う人はいないのだろうか?


バッティングの能力が低くて悩んでいる選手に
バントの練習をこれでもかとして、バッティングの能力が上がったという事例はどのくらいあるのか

もっと極端な話をしてみよう。
A君はバッティング練習の時間を全部ヒッティングに費やした。
B君はその時間をバントとヒッティング半分ずつ行った。

これを何年間も続けた場合生まれ持った能力が同じである場合
B君の方がバッティング能力が高くなる可能性はどのくらいあるのか
もちろんバントの能力はB君の方が上になるのは間違いないだろう。


さて、実際の所はどうなんでしょうね。
バントをすればバッティングが上達するという理論は本当に正しいのか?という問題。
一度改めて考えてみても良いのではないかと思いまして見ました


あ、バントの練習が無駄だとかそういう意味ではありませんので
データ修正(暫定値)
ハマオから新しいデータが送られてきた。
今回の方が正確だという

打率(左)出塁率(右)

安打内訳
清水 .354 .433
単打17 二塁打5
三塁打1 本塁打0
23安打

私 .402 .495
単打22 二塁打5
三塁打7 本塁打3
37安打

ペータ .345 .446
単打17 二塁打2
三塁打0 本塁打0
19安打

平賀 .426 .491
単打17 二塁打6
三塁打0 本塁打0
23安打

マサオ .299 .384
単打15 二塁打5
三塁打2 本塁打1
23安打

太田 .281 .379
単打9 二塁打4
三塁打2 本塁打1
16安打

マッスル .224 .379
単打15 二塁打0
三塁打0 本塁打2
17安打


ハマオ .063 .282
単打3 二塁打0
三塁打1 本塁打0
4安打


つばさ .147 .253
単打9 二塁打1
三塁打0 本塁打0
10安打


洋三(叔父).176 .378
単打4 二塁打1
三塁打1 本塁打0
6安打


親父 .000 .400
単打0 二塁打0
三塁打0 本塁打0
0安打


丸さん(67歳).088 .237
単打3 二塁打0
三塁打0 本塁打0
3安打
体感速度
マシンを使って速球対策をしている。
これはなかなか良い運動にもなるし、素振りでは出来ないほどのフルスイングをしてしまう。
良いんじゃないの?速球に対しフルスイングが良いのか悪いのかは別として
フルスイングをすることによって自分のスイング速度を上げることが出来るからこれは十分良い練習になっている。
みんなボールにもだんだんと当たるようになってきたし。

そこで実際の体感速度はどのくらいなのか測定してみた。
まずボールが発射されてキャッチャーが取るあたりまでの時間は0.53秒あたり
これを18.44mで考えると125キロになる。
あら?意外に遅いな…と思った。

次に、キャッチャーが取る位置ではなく
ボールをミートさせる位置で考えてみる。
それだとボールが発射されて打つ瞬間までの時間は大体0.42秒。
速くて0.38秒くらいで遅くて0.46秒くらい。
ボールによって速度が違うためにばらつきがある。
これを18.44に当てはめると158キロ!
でもまぁマウンドからの位置ではなく踏み出して投げているのと
打つポイントがベースより少し前なのを考慮して考えると
0.42秒で140キロくらい
0.38の最速で155キロ
一番遅くて0.46の128キロ

140キロのストレートが来ると思っていると128キロのチェンにアップが来るというような感じ。
たまに150キロを超えるボールもある。

ボール自体の速度は78キロくらいなので怖くはないが
ウレタンボールなので強烈なバックスピンがかかると伸びのあるボールが来る。
155キロくらいのストレートだと浮き上がって見えるし
128キロのチェンジアップはしっかり沈む。
通常でも沈んでるようには見えないが実際には少し沈んでいるというかなり実戦に近い感じで打てる。


あ、そうそう
グリップテープを注文してみた。
スポーツ店に明るいグリーンがなかったために

レッド(1)と濃いグリーン(1)とライトグリーン(3)みたいなのを買った

それと木製のバットをオーダーできるHPがあったので
そこで注文してみたところ
完成は12月中旬とのこと。
最終戦に間に合わない感じ(笑)
バットが折れた!

昨日はペータの試合の助っ人にいってきた。
2試合消化して8打数4安打(3ベースヒット2本)
なかなか調子が良かった。
しかし最初の打席でバットを折ってしまった!
インコースの厳しいところに来た球を強引に振った。
2ストライクと追い込まれていたために手を出さざるを得ない状態。
しかも初球チェンジアップ、2球目カーブと追い込まれた後の
インコースのストレートでやられた。

打った瞬間割り箸を割ったような感触。
木が裂けたのはすく分かった。
セカンドライナーっぽい打球でアウト。
金属バットならヒットだった。残念(笑)


しかし軟式のバットでも折れるというのは驚いた。
最近買ったばかりなのに…(型落ちの特価品で安かったけど)
結局このバットで1回も芯にあたらなかった(笑)
マニモタをつけて打ってみたらどうなるのかとか知りたくて打っていたんだけど
グリップ力が強くなるとスイングが思った以上に速くなって先っぽばかり。


で、せっかく折れたバットなので
いったい芯の部分はどうなっているのか気になった。


そしてすぐ確かめたくなる性格なので
20091026b.jpg
丸のこで切断!!!(笑)




おおおおおおおおお!!!
20091026c.jpg
何もない!そのまんまだった!
まぁ予想はしていたけど、これはためになった(笑)


その後もう1回インコースの球に詰まってアウトになった。
もう一本持って行っていた木製バットを使っていたんだけど
これは折れなかった。

でも詰まるとろくな事がないな~
と反省していたんだけど、ここでふと思った。

無理に打ちに行くから駄目なんじゃないか?と
体を無理にねじって強引にバットの中心部分に当てるからアウトになるんだと。

だったら普通に打ってファールにしてしまえばいい
フェアーゾーンに、ライナーを打とうとするから駄目だ。
もうこれからはファールを打つ!これしかない。

もちろんインコ-スを狙って打ちにいく分には良いが
これは詰まる!と判断したときは打ちに行かない!
よし!次からはこれを課題にして打席に立ってみることにする。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。