揺れるナックルボールは草野球で通用するのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 一発目!
もういつのまにか2013年になってるじゃないか!

そしてコメントも・・・
放置してしまってる!!やべーー!!

まずは質問に答えねば!!

ナックルを投げていて打たれないと言うことなので
80キロは出ているのでしょうかね。
緩急無しで打たれないと言うのはなかなか凄いことですよ。

それと盗塁ですがキャッチャーの能力も必要になってくるでしょうけど
まずは牽制球の練習をたくさんすることですね。
ナックルを投げると言うことは色んなものを犠牲にしていくので
それだけを練習していても壁にぶつかってしまいます。
最低限牽制球の練習はしないといけないと思います。
それもただ投げるのではなく
ランナー目線からどんな牽制球が嫌か
これをされるとスタートを切りづらくなってしまう・・とか考えることも大事です。
またサインを出してくるチームであれば
盗塁のサインを出しづらくさせることも考えるようにします。
投球で緩急を付けてないようですが
牽制球には最低でも緩急を付けるようにしてください。
効果は全然違いますよ。

それとコントロールですが
ナックルボーラーにとって実践でぶつかる最初の壁かもしれませんね。
四球から失点に繋がるほどナックルの信頼度を下げることはありません。

ナックル自体のコントロールを上げていくのは練習しかありません。
しかし元々コントロールが悪い人は幾ら練習しても格段にコントロールが向上することは
残念ながらあまり無いように思います。

が、諦めることはありません。
実践では練習とは全く違います。


「四球が増える」

考えてみましょう。
なぜ四球が増えるのか。
答えは簡単
「打者が打ってこないから」

ではなぜ打ってこないのか。
1追い込まれないから
2追い込まれても怖くないから
この2つです。

ナックルだけで四球をほとんど出さない自信があれば
ナックルオンリーでも良いかもしれませんが
そうではない場合は

「追い込んでからのストレート」
これを使うべきです。

打者は追い込まれるまではナックルだけを待っていればいいわけですが
追い込まれた途端に状況は一変します。
圧倒的に投手有利な状態になります。
これを打者が嫌えば早い段階から打ってくることになります。

そしてもう一つ
「ナックルと同じくらいの速度で投げる、ほぼストライクが取れる球種」
いわばこれが素人ナックルボーラーの生命線となります。
私が何年も軟式の草野球でナックルを投げ続けてこられたのは
この球種があったからだと言っても良いくらいです。

これを投げるタイミングは2つ。
1絶対にストライクが欲しいとき
2絶対にバッターが打ってこないと分かるとき
似たようなタイミングですが1のタイミングは3ボールになった時でしょうね。
2のタイミングは実践で覚える必要があります。
見てくるバッターが多ければ初球からドンドン投げても構わないでしょう。
ストライク先行で組み立てることが出来るので非常に楽になります。
そして何よりバッターは気がつくかも分かりませんが
相手ベンチからはナックルなのか他の球種なのか判断できないところです。
ここ重要です。

ナックルボーラーはナックルだけ練習していればいいわけではありません。
やらなければいけないことは普通の投手より多いと考えると良いと思います。

四球を一切出さない試合が出来るようになると
もの凄い少ない球数で完投できるようになります。
しかも全力投球をしなくてすむわけですから選手寿命も長く続けられるはずです。
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!!
久しぶりにコメントしました。

最近はあまり更新されていないようですが、近況はいかがでしょうか?

私は、相変わらず練習に励んでおります。
表現する場はありませんが。

今でもこのブログはチェックしています。
それでは。
2013/04/19(金) 01:04:20 | URL | マツヲ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ここのところ息子の野球に必死になりすぎて
なかなか更新できずにいますが
ナックルの調子自体は良い感じです。
明日春の大会の第一試合がありますが天気のほうがもってくれるかどうか
5月下旬からは早朝野球も始まりシーズン突入ですね。
がんばります!!
2013/04/20(土) 16:15:44 | URL | knuckleball #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/22(水) 22:19:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。